部屋を歩いていると、フローリングがベタベタして気持ち悪いな…と感じたことはありませんか?キレイだったフローリングが、どうしてこんなに汚くなってしまうのでしょう。

今回は、フローリングがベタベタになる原因と、それをキレイに落とす方法をまとめてご紹介します。

フローリングがベタつく?原因は湿気や油

フローリングとカーテン

フローリングのベタベタは、足裏の皮脂などの「油分」が原因です。

ふだんの掃除で、ホコリや髪の毛などの目立った汚れをキレイにしていても、家族みんなの足裏の汚れや食べこぼしの油分までは吸いきれません。

フローリングは油で汚れていて、特に梅雨など湿気が多くなる時期には汗と混じってベタベタがひどくなるので注意が必要です。

とはいえ、キレイにべたつきを落とせば元のサラサラなフローリングに戻せます。続いてベタつきの落とし方を説明しますね。

フローリングのベタつきの落とし方|拭き掃除が効果的

フローリング床を拭き掃除
必須
『キュキュット』などの食器用中性洗剤
雑巾 2枚

フローリングのベタベタ汚れは、頑固にこびりつくほどの汚れではありません。皮脂は油汚れに強い食器用洗剤を使って拭き掃除すれば、あっという間にサラサラに戻ります。

汚れを拭き取る雑巾は清潔なものを用意しておきましょう。新品のものなら汚れ移りや繊維のほつれがなく、キレイに仕上がりますよ。

掃除機で大まかなゴミをとる

雑巾がけがスムーズに進むように、先にゴミを吸い取っておく。

よく絞った雑巾に洗剤を含ませる

2〜3滴ほど垂らしてよくもみ込めば準備OK。

フローリングを拭く

部屋の奥から手前側に向かって板の目に沿いながら拭くと、膝が濡れずにすむ。

水拭きする

拭き終えたら雑巾をよくすすぎ、同じところを水拭きして洗剤を落とす。

乾拭きする

水分を残さないようにもう1枚の乾いた雑巾で乾拭きすれば完了。

アルコール除菌スプレーなどを使えば菌の消毒ができて便利そうですが、フローリングのワックスを溶かす可能性があります。中性の洗剤を、床に直接ではなく雑巾にかけて使うのがポイントですよ。

フローリングのベタつきの落とし方|重曹を使う

重曹

フローリングは肌が直接ふれる場所なので、できれば合成洗剤などは使いたくないと考えるママも多いですよね。

自然由来の身体にやさしい素材でベタベタ汚れを落としたいなら「重曹」が使えます。

スプレーボトルに水100mlと重曹小さじ1杯を入れてよく混ぜたものを用意し、洗剤代わりに使って拭き掃除しましょう。重曹は油を分解する力を持っているので、ベタベタ汚れを落としてくれますよ。

ただし、重曹が床を傷つけることもあるので注意が必要です。重曹は水に溶けにくく、水に溶け切らない粒が残ると、それが研磨効果を発揮して床を傷つけてしまうことがあります。フローリングに重曹水を使うときは、できるだけ薄めにして、力を入れすぎずに拭き掃除することが大切ですよ。

フローリングのベタつきが広範囲なときはペーパーモップが便利

クイックル ウェットシート

フローリングの広い範囲にベタベタがついているなら、膝をついて拭き掃除するのではちょっと大変ですね。

そんなときは立ったまま床の拭き掃除ができる『クイックルワイパー』などのペーパーモップを使うと便利です。ウェットタイプのシートを取り付けて、サッと手を前後させるだけで簡単に掃除できます。

ジメッとする時期は菌の繁殖も盛んなので、こまめな掃除が必要。こうした便利グッズを準備しておけば掃除に取り掛かるのもスムーズです。

フローリングのベタつきが落ちないときの対処法は?

フローリングのワックスがけ

洗剤を使って丁寧に拭き掃除をしても汚れが落ちないときは、皮脂ではない別の原因があるかもしれません。

長年使っているフローリングではワックスがだんだんとはげてきます。劣化したワックスはベタつきやすくなるうえ、表面のコーティングがないので床の木材に直接汚れがつく可能性もあります。

ベタベタが落ちなくなったフローリングは、もう一度ワックスがけをするのがおすすめ

最近ではペーパーモップを使ってワックスをかけられるシートも販売されており、乾く時間もかなり早まっています。大掛かりな作業にならないので、休日のあいた時間にササッとできますよ。

フローリングのベタつきを解消してサラサラな床に戻そう

フローリング 床 広い リビング

おうちのなかで過ごしていれば、どうしてもフローリングにベタベタ汚れはできてしまいます。

ベタベタ予防にスリッパを履くようにしてもいいですが、子供たちにはちょっと窮屈。そんなときは、少し手間ですが拭き掃除でキレイにしましょう。キレイな雑巾で水拭きするだけでも効果大ですよ。