ちょっとした工作やDIYに便利な両面テープ。表から見えないキレイな仕上がりになるのが魅力ですが、一度貼るとなかなか剥がせないのがたまにキズですね。

実は跡に残った両面テープには、簡単な剥がし方があるんです。ここで紹介する方法を参考に落としてみましょう。

両面テープはどうして剥がれにくい?

両面テープ
両面テープは、シールなどと違ってほとんどが粘着分でできているのが特徴のテープです。

そのため、両面テープをキレイに取り除くには「粘着力を弱める」のが重要になってきます。汚れとは違うので洗剤などを使っても溶かせません

粘着力を弱めるというポイントをおさえれば、これまでなかなか剥がれなかった両面テープも、特別なものを用意せずに簡単に剥がせますよ。

両面テープを剥がすのに必要なものは?

ドライヤー
用意するもの
必須
ドライヤー
プラスチックのカード
消しゴム

両面テープの残りを剥がしたいときに水や洗剤は使いません。効果がほとんどない上に、手間がかかって余計に面倒なだけです。

両面テープは温めると粘着力が弱まる性質があるので、おうちにあるドライヤーを活用すれば十分キレイに剥がせます。

次から紹介する方法は、木材やプラスチック、ガラスなどデリケートな場所にも使える方法なので、ぜひ試してみてくださいね。

両面テープの剥がし方は?

シールのノリ残りをこする
両面テープを剥がすときの流れは「大まかな粘着分を取る→温める→細かい粘着分を取る」の3ステップ。

順序どおりにできれば、これまでの苦労がウソのようにキレイに剥がせますよ。

カードでこそげ落とす

いらないポイントカードなどをヘラ代わりに使って、取れる範囲の粘着分をこそげ落とす。

温める

ドライヤーの温風を30秒ほど当てる。プラスチックなどは熱に弱いので温め過ぎに注意。

消しゴムで仕上げる

再度軽くカードでこそげ落とし、消しゴムでこすって残った粘着分を取りきれば完了。

ドライヤーで温めるのは、少し離したところから30秒ほどが目安。プラスチック素材などは熱に弱いので様子を見ながら慎重にやってみましょう。

うまく落ちない場合は、再度温めて消しゴムでこすって…を繰り返すと、素材へのダメージを最小限に剥がせますよ。

広い範囲の両面テープを剥がすときは専用ののり落としが便利!

広い範囲に両面テープがついていると、ドライヤーで端から温めて剥がして…をするのはちょっと大変。時間もかかるので専用の道具を使うのがおすすめです。

100均などでも類似品を購入できるので、すぐに取りかかれますよ。

『シールはがし 強力タイプ』(3M)

接着剤メーカーの3Mが開発したシール剥がしスプレーです。スプレーして少し待つだけでベタベタがふやけて剥がせるようになります。

壁や床、ガラスなどどんな場所にも使えるので、ひとつストックしておくといざというときに重宝しますよ。

『フッ素コーティングステンレス皮スキ』(SUN UP)

プラスチックカードをヘラ代わりに使ってもいいですが、カード自体に厚みがあってキレイにこそげ落とせないときもあります。そんなときに便利なのが、専用のヘラです。

フッ素コーティングされたヘラなので、粘着分がくっつきにくく剥がすのもラクラク。工作などでも使えるのでおうちにひとつあると便利ですよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

ハサミに付いた両面テープは剥がせる?

テープをはさみで切る
両面テープを切ったハサミにベタベタが残って、切れ味が悪くなった…なんてこともありますね。

ハサミについたベタベタは、「ハンドクリームを塗って10分ほど放置してからティッシュで拭き取る」だけで、ハンドクリームに含まれる油分がベタベタをやわらかくし、落としやすくしてくれます。残った油分で滑りもよくなりますよ。

ドライヤーで温めて消しゴムでこする方法でも剥がせますが、滑って指をケガする心配もあるので、できるだけハンドクリームを活用して落としましょう。

剥がし方を覚えれば両面テープをたくさん使っても怖くない!

テープ
両面テープは便利なものですが、粘着力があってなかなか剥がせないですね。

しかし、シールなどのベタベタは、温めるとやわらかくなる性質を利用すれば簡単に取り除けます

きちんとした剥がし方さえ知っておけば、余計な手間がかかりませんよ。これから両面テープを使う場面でも気兼ねなく使えそうですね。