しっかり物を固定したいときにガムテープは便利ですが、間違えて貼ってしまうと、のりが残ってキレイに剥がせなくなりますよね。

そんなときのために、今回はガムテープのあとを残さずキレイにする剥がし方についてくわしくご説明します。

ガムテープってキレイに剥がせるの?

クエスチョン ? はてな

ガムテープは梱包によく使われるため、運んでいる途中に剥がれないように粘着力が強くつくられているのが特徴です。

キレイに剥がすには「何か洗剤を使えばいいのかな…?」と思うかもしれませんが、ガムテープでついたのりのベタベタは汚れと違って洗剤では溶かせません

洗剤を使わなくても、ある道具を使えばガムテープの粘着力が弱まって、跡を残さず剥がせるんです。どんな素材にくっついていても、だいたい同じ方法でキレイにできるので、必ず覚えておきましょう。

ガムテープの剥がし方は「温める」が鍵!

ドライヤー

用意するもの
必須
ドライヤー
消しゴム

ガムテープののりは「温める」と粘着力が弱くなる性質があり、一度温めるだけで跡を残さずキレイに剥がせます。

温めすぎにだけ注意すれば、ガラスや木材などどんな素材にも応用できますよ。

ドライヤーを使って温める

少し離したところからドライヤーの温風を30秒ほど当てる。

端からゆっくり剥がす

弱まったとはいえ完全に粘着力がなくなるわけではないので、慎重に剥がすのがポイント。

仕上げる

残ったベタベタ残りは消しゴムでこすり落とせば完了。

古いガムテープだとベタベタが残りやすいので、しっかり温めてからゆっくり剥がしましょう。多少ベタベタが残っても、消しゴムでこすれば簡単に絡め取れます。

この方法なら素材を傷めずに、ガムテープだけをうまく剥がせますよ。

ほかのガムテープの剥がし方は?

アイデア

用意するもの
必須
除光液
ラップ
カッター

ガムテープを剥がし取るには「ドライヤーで温める」以外にも方法があります。

水に強い場所でしかできませんが、時間があるときやどうしても落とせなかったときの仕上げにやってみてくださいね。

切り込みを入れる

剥がしたいガムテープに上から軽く切り込みを入れる。

除光液をかける

まんべんなく除光液をふりかけ、ラップして密着させる。

放置する

1〜2時間ほど放置して浸透するのを待つ。

剥がす

端からゆっくり剥がすとキレイに取れる。仕上げにティッシュなどで除光液を拭き取れば完了。

ガムテープの粘着は除光液に浸すと弱くなります。消毒用のアルコールでも代用できるので、試してみてください。

ガムテープを剥がすのに使えるグッズは?

ガムテープが広い範囲にあったり、頻繁に剥がす機会があるなら、市販の「シール剥がし」を用意しておけば便利で手間いらず。

粘着力をあっという間に打ち消してくれるので、のりが残るのに悩まされることもありませんよ。

『クリーナー30』(3M)

接着剤メーカーから販売されているスプレータイプのシール剥がしです。もちろんガムテープのベタベタにも効果的で、跡形もなくキレイに剥がせます。

シール剥がしや油性ペンのインク落としにも効果的なので、何かと重宝しそうですね。

『ガムテープ・フック跡はがしスーパージェル』(高森コーキ)

スプレー剤の独特な臭いが苦手、という場合にはジェルタイプのシール剥がしがおすすめ。

ジェルタイプなので、壁などの垂直面にもしっかりくっついて流れ落ちません。ガムテープはもちろん、粘着シールで取りつけたフックの跡を消すのにも使えます。

覚えておきたい

エコなわざあり

家では剥がしやすいガムテープを使おう

テープ

ガムテープを剥がすのはかなり慎重に進める必要があって神経を使いますね。

剥がす手間を省くためにも、「必要なとき以外は剥がしやすいテープを使う」などルールを決めておくといいですよ。

粘着力の弱い大きめのセロハンテープや紙製のテープを使えば、あとから剥がすのも楽ちん。素材を傷めずにキレイに取り除けます。

「ガムテープを使うのは梱包のときだけ」と決めるなどして、できるだけ手間を減らしましょう。

ガムテープの剥がし方をマスターすれば、のり残りなし!

ダイニングテーブル チェア

ガムテープは便利なテープなので、ついどこにでも使いがち。あとから剥がしたくなって大変な思いをするなんてことはよくあります。ね。

ガムテープに限らず、のりのベタベタは温めると粘着が弱まる性質があります。これだけでも覚えておければ、剥がすときの手間が少なくなります。

しっかり剥がし方を覚えて、のり残りのないキレイなおうちをキープしましょう。