仕事やお出かけなどで履くことの多い革靴。何度も履いているうちにだんだんとくすんできますよね。

ふだんなかなか手入れする機会がないかもしれませんが、磨いてあげるともとのツヤに戻りますよ。今回は、3種類の革靴の磨き方をご紹介します。

靴磨きに必要なものって何?

革靴 手入れ
用意するもの
必須
革靴用のクリーム
ブラシ
クロス(洋服のハギレでも可)

革はもともと動物の皮膚。人の肌と同じように、適度な水分と油分が必要です。手入れをしないと表面のクリームが取れて、徐々にくすんできてしまいます。

なので、もとのツヤを復活させるには再度クリームを塗り込んで栄養補給してあげる必要があります。さまざまなケア商品があるのでいくつかご紹介します。

『シュプリームクリームデラックス』(コロニル)

革靴用のクリームは老舗ブランド「コロニル」のものがおすすめ。プロも使うクオリティのクリームなので、大切な革靴をしっかりケアできます。

クリームは7色展開なので、靴のカラーにあわせて選べます。

『ビーズワックスファインクリーム』(SAPHIR)

「ビーズワックスファインクリーム」は革の栄養分に、さらにワックスの成分まで配合されているのが特徴です。塗り込むと光沢も出てきますよ。

染料の定着がよいので、多少の色あせなら元に戻せます。

『ペネトレィトブラシ』(エムモゥブレィ)

クリームを塗り込んだり、汚れを払い落としたりするのに便利なブラシです。こぶりで握りやすい作りなので、扱いやすさに定評があります。

天然の豚毛なので、革との相性も抜群ですよ。

【革靴の磨き方①】 簡単な方法は?

革靴
クリームやブラシなどを用意したら、あとは磨くだけ。はじめに簡単な磨き方からご紹介します。

「汚れを落としてクリームを塗る」が基本の作業。手を動かす時間は数分なので、それほど手間ではありません。

汚れを落とす

ブラシで全体をこすり、汚れを払い落とす。

クリームを塗り込む

クロスにクリームを取り、薄くまんべんなく伸ばす。

放置する

20〜30分ほど放置し、クリームが染み込むのを待つ。

乾拭き

表面に余ったクリームを乾拭きで拭き取り、磨いてツヤを出したら完了。

クリームを塗り込む作業はブラシでやっても大丈夫。シワなど細かい部分にもなじませやすいので、上手に塗り込めますよ。

【革靴の磨き方②】もっとピカピカにしたい場合は?

革靴
簡単な手入れでも十分ですが、大切な革靴はもっとていねいに磨き上げたい!という場合も多いはず。そんなときは「ワックス」まで塗りましょう。

「ワックス成分が配合されたクリーム」か「革靴用のワックス」を用意し、次の手順ですすめてください。

クリームを使った手入れをする

ブラシで汚れを落とし、クリームを塗り込んでおく。20〜30分ほど待って乾拭きする。

ワックスを塗る

ワックスを取り、すり込むように靴全体に塗る。つま先を念入りに、かかとは控えめに塗るのがコツ。

放置する

5〜30分放置し、ワックスが定着するのを待つ。長いほどなじむので一晩放置するのもOK。

指でなじませる

指にワックスを取り、全体に再度塗り込む。ワックスのロウが体温で溶け、ツヤが出る。

磨く

繊維の細かなクロスを使い、やさしく磨きあげたら完了。

ワックスがけをすることで、表面に高級感のあるツヤが生まれます。最後にキメが細かい使い古しのストッキングで磨くと、よりピカピカに仕上がりますよ。

【革靴の磨き方③】おうちにあるもので磨く方法

ハンドクリーム
あまり革靴を履く機会がない場合は、1足のためにわざわざクリームを用意するのは大変なものです。その場合は、「ハンドクリーム」でも代用できます。

ただ、メーカーが推奨する使用法とは異なるので、まずは目立たない場所でテストしてみてください。

汚れを落とす

ブラッシングして全体の汚れを落としておく。

テストする

少量のハンドクリームを手に取り、目立たない場所に塗って30分ほど放置する。風合いが損なわれていなければ使って大丈夫。

全体に塗り込む

指やブラシでハンドクリームを全体に塗り込む。薄く、まんべんなく伸ばすのがコツ。

仕上げ

30分ほど放置してなじませたら、乾拭きで磨いて仕上げれば完了。

作業の順序は革靴用クリームを使った方法と同じ。サラサラしたタイプよりは、ニベアなどオイル成分の多いタイプを使うといいですよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

靴を磨いたあとのひと手間で汚れを防ぐ

革靴 水洗い
革靴を磨き上げてツヤを戻したら、できるだけ美しいままの状態を保ちたいですね。

磨いたあとは防水スプレーをかけるのがおすすめで、汚れがついたり、水に濡れてシミなどができたりするのを防止できますよ。

表面が濡れるくらいまでたっぷりと吹きつけたら、あとは乾かせばOK。

これで革靴に撥水効果もプラスされ、雨や汚れに強くなります。キレイな状態が長続きしますよ。

月に1回の革靴磨きで長持ち!

ローファー 革靴
革靴は月に1回ほどを目安に磨けば大丈夫。道具をそろえて、「月末の休日に行う」などと習慣づけてみてくださいね。

手入れが行き届いた革靴なら、大切な日も気持ちよく出かけられますよ。