洗濯したのに服が臭う…という経験はありませんか?なかでも、乾いてるときは問題ないけど、雨などで濡れると臭いが出てくる…という場合には「汗」が原因かもしれません。

今回は、服についた汗の臭いをどうやって落とすのか、洗い方をご紹介します。

服についた汗の臭いの原因は?

吊るす 服 シャツ 
洗濯しても服に汗臭さが残ってしまうと、どうやったら落とせるのか困ってしまいますね。汗臭さが残るのは、普段の洗濯では落としきれていない汚れが残っていることが原因です。

汗や皮脂が落としきれていない

実は、洗濯しても汗の汚れが完全に洗い流せているわけではありません。大まかな汚れは洗い流せても、繰り返し着ているうちにだんだんと蓄積されているんです。

汗汚れが残ったままだと臭いや汗ジミなどのトラブルのもとになるんですよ。

雑菌が繁殖している

汗が染み込んでから洗濯までの間、服は湿った不衛生な状態になります。この時間が長く続くと雑菌が繁殖し、臭いを発するようになるんです。

とくに汗を多くかく夏の時期は要注意。雑菌が広がりやすい気温でもあるので、あっという間に臭いが広がってしまいます。

服についた汗の臭いを消すときに必要なものは?

洗濯洗剤
用意するもの
必須
『アタック』などの液体洗剤
『ワイドハイター』などの酸素系漂白剤
洗面器
あると便利
固形石けん

蓄積された汗の臭いを取り除くのに、特別な洗剤などは必要ありません

汗の汚れを落とすのには洗濯洗剤、雑菌を退治するのに漂白剤を用意しましょう。

いつもの洗剤でも、使い方にちょっと工夫を加えるだけで汚れ落ちの効果を高められるんですよ。

服についた汗臭いにおいを消す方法は?

つけおき洗い 洗濯 洋服 桶
服に残る汗臭さを取り除くには「つけおき洗い」がおすすめ。

時間をかけてつけおきすることで、繊維にこびりついた汗汚れもふやかせて取り除けるようになりますよ。

洗面器につけおき液をつくる

洗面器に40〜50℃ほどのお湯をため、水量に合わせた洗剤と漂白剤を溶かす。

つけおきする

汗の臭いが気になる服を浸し、つけおきする。30分ほどそのまま放置する。

そのまま洗濯

つけおきが終わったらいつもと同じように洗濯機にかけて洗う。

干す

風通しのいい場所で干して乾かしたら完了。

ポイントは「お湯を使ってつけおきする」というところ。洗剤や漂白剤は溶かす水の温度が高いと活性化し効果が高まります。

臭いが気になるような服も、つけおきするだけですっかりキレイになりますよ。

頑固な汗臭い匂いを服から消す方法は?

つけおき洗いをしても効果が感じられないときや、ひどい臭いに悩んでいるときはさらに効果を高める工夫をしてみましょう。

粉末の洗剤・漂白剤を使う

洗剤や漂白剤は「粉末のもののほうが効果が高い」性質があります。おうちに粉末の洗剤や漂白剤があれば使ってみましょう。

より汚れが落ちやすくなるので、普段の洗剤を粉末に切り替えると臭いの防止にもなります。

つけおき時間を長くする

頑固な臭いのある服なら、つけおき時間を長めにしてもOK。

2時間〜6時間ほどを目安にして浸しておきましょう。「夜寝る前につけおき液に浸し、朝の洗濯で一緒に洗う」とするといいですね。

服につく汗の臭いを予防する方法はある?

洗濯 シャツ 干す 太陽 晴れ
そもそも臭いのもとになる菌が発生しないように、汗がつかない工夫ができれば、わざわざ時間をかけて洗濯する必要もありませんね。どんな予防策があるのか、いくつかまとめて見てみましょう。

肌着を着る

肌着を1枚着て、大切な洋服に直接汗が付かないようにするのがかんたんな方法です。

除菌・抗菌の洗剤を使う

洗濯のときに除菌・抗菌の洗剤や柔軟剤を使うと菌の繁殖を予防できます。

日光で乾かす

外干しで日光を当てるのもポイント。紫外線が菌の繁殖を防いで臭いのもとをおさえてくれますよ。

汗の臭いを服から取れば毎日気持ちよく過ごせる

服とハンガー
洋服を着ていてせっかくおしゃれを楽しんでいても、湿ると汗の臭いがぶり返すようであれば、気が気じゃないですよね。染み込んだ汗をキレイに洗い流してあげることで、そんな不安も払拭できます。

気になる洋服を天気のいい日に洗ってあげれば、次からは気持ちよく着られますね。