肌寒い時期に重宝するパーカー。洗濯するときに「袖が縮んだ…」「汚れがなかなか落ちない…」など悩みはつきないものですね。

そこで今回はパーカーをどう洗濯したらキレイに仕上がるのか、洗い方のポイント、厚手の服を乾かすコツをまとめてご紹介します。

パーカーの洗濯する前にすべきことは?

コットン100% 綿 洗濯機
パーカーは綿素材でできていることが多く、問題なくおうちで洗濯できるものがほとんどです。

ただ、素材によっては洗濯できないこともあるので、念のため洗濯表示を確認しましょう。「綿」や「ポリエステル」であれば問題なく洗濯できます。

そのほかの素材が使われている場合は手洗いで洗うのが無難です。また、色柄モノ、刺繍やボタンがついたものも手洗いがおすすめ

洗濯機だとどうしてもほかの洗濯物とぶつかって繊維を傷めてしまいます。手洗いだと生地への負担が少なくすみますよ。

特に気にならなければ、まとめて洗濯機で洗ってしまいましょう。

パーカーの洗濯方法!どう洗うといい?

液体ワイドハイターをシミにかける
パーカーを洗濯するときは、そのまま洗濯機に入れて洗っても問題ありませんが、気になる汚れがついたときには下洗いするといいですよ。

次の手順で手洗いしてから洗濯機に入れてください。

下洗いする

汚れている部分を中心に軽く洗剤を揉み込んでおく。

洗濯する

「通常コース」を選んで洗濯機で洗えば完了。

大切なものなら、洗濯ネットに入れて「手洗いコース」「ドライコース」といった丁寧に洗うモードを選びましょう。

プリント部分は熱に弱いので、基本的に乾燥機を使うのはNG。パーカーは厚手で乾きにくいですが自然乾燥させてください。

パーカーをキレイに仕上げる洗濯のテクニックは?

洗剤 棚 ラック 洗濯 洗面所
パーカーをキレイに仕上げるためのテクニックはいくつかあります。ふだんの洗濯だけでも問題ありませんが、長持ちさせたい大切なパーカーの場合は、いくつか取り入れてみるといいですよ。

裏返してから洗う

柄がプリントされたパーカーなどは裏返してから洗濯すると、プリント部分がこすれずにキレイな状態を保てます。その分、表についた汚れの落ちが悪くなるので、汚れがあまりついていないときに裏返しましょう。

お湯を使う

40℃前後のお湯を使うと汚れ落ちがよくなってキレイに仕上がります。洗濯機の「洗い」のタイミングでお風呂の残り湯を使うといいですよ。すすぎはキレイな水が必須なので、残り湯を使わないでくださいね。

酸素系漂白剤を併用する

パーカーは厚手の服なので、乾きが遅く生乾きのイヤな臭いがつきがちです。プリントのないパーカーであれば、『ワイドハイター』などの酸素系漂白剤を使って、臭いのもとを断っておくと仕上がりがいいですよ。

パーカーの洗濯後に気をつけることは?

カインズ ハンガー パーカーが乾きやすいハンガー 2本組
パーカーは厚手な上に、フードがたわんでなかなか乾かないので、干すときに一工夫必要です。

そこでここでは、3つの干し方をご紹介します。ちょっとした工夫で、ただハンガーに掛けて干すよりも乾きが早まりますよ。

物干し竿にフードを固定する

1つ目は、フードを洗濯ばさみなどで物干し竿に固定する方法です。ハンガーで干すだけだとフードが首元にたわんで、なかなか乾燥しません。強制的に持ち上げることで風通しがよくなって、乾きが早まります。

物干し竿に2つ折りにして掛ける

2つ目は、胴の部分から2つ折りにして、そのまま物干し竿に掛ける方法です。重力でフードが下に垂れ下がるので乾きが早まります。

便利グッズを使う

3つ目は、パーカーを干すために開発された便利グッズを使う方法です。通常のハンガーにフード固定用のアームがついているので、引っかけて乾かせます。

『速乾 パーカー対応ハンガー』(レック)

パーカーの洗い方を覚えて洗濯を楽しもう

パーカー
パーカーの洗濯はそれほど細かく気にすることはありません。長持ちさせたいものだけ、ひと手間くわえて丁寧に洗ってあげましょう。

あとは干し方を工夫して、できるだけ時間をかけずに乾かすことで生乾きのイヤな臭いを防げます。厚手の服ならではの悩みを解消できますよ。

キレイに仕上げていつまでもおしゃれを楽しみましょうね。