さっと羽織れる便利なパーカーは、子育て中のママにおすすめのファッションアイテム。たくさんもっている人も多いと思いますが、そのたたみ方に悩まされていませんか?とくにフードの部分をどう扱っていいか悩みますね。

そこで今回はパーカーのたたみ方と、スッキリ収納するためのコツをまとめてご紹介します。

パーカーはそもそもどこに収納する?

クローゼット 拭く 

衣類の収納方法で、すぐに思いつくのが「ハンガーで吊るす」か「たたんで引き出しにいれる」のどちらか

ハンガーに吊るすと手軽に収納できて取り出しやすい一方、たたんで収納する方法は一手間かかるもののコンパクトにしてたくさん保管できるメリットがあります。

フード付きのパーカーの場合、ハンガーに吊るすとフードの重みで肩や襟部分がよれることがあるので、たたんで収納ケースや引き出しなどに入れてあげるのがおすすめです。

パーカーはたたんで「立てる収納」を

洋服の引き出し収納

パーカーをたたんで収納するといっても、アパレルショップのようにたたんで段々に重ねるのはおすすめできません

下に積まれたパーカーを取り出すときに、上に積まれたものがぐちゃぐちゃになるからです。

そこでおすすめなのが、引き出し内に立てて収納する方法。色や柄が見渡しやすく、スッと抜き出せますよ。

パーカーのたたみ方は?どうやったらコンパクトになる?

オリジナル パーカーたたみ方

パーカーを立てて収納する方法は難しくありません。次の手順でたたんでみましょう。

背中側を上にして左右の袖を内側に折る

チャックがあれば閉める。慣れないうちは下敷きを使ってサイズをそろえるとキレイに収まる。

フードも首の部分から内側に折り込む

フードも背中側におり込み、最終的にキレイな長方形に整えるのがポイント。

2つ折りにする

長方形になったのを2つ折りにする。引き出しなど収納スペースの都合でさらに真ん中で2つ折りにしてもよい。

長方形に整えたあとは端からクルクル丸めてもOK。あとは収納棚か引き出しに立てて入れるだけ。丸める手間はかかりますが、見た目にもキレイになります。

パーカーを長期間しまうときもたたみ方は同じで大丈夫?

引き出し

衣替えのとき、使わなくなったパーカーをしまう場合もたたみ方や収納の基本は同じです。

ただし、1点注意してほしいのが「防虫」と「湿気」の対策。クローゼットには服の繊維を食べ物にする虫が潜んでいて、これが虫食いの原因に。また、湿気った環境だとカビが生えてしまうこともあります。

そこで、「引き出し用防虫剤」や「除湿剤」をおくと被害をふせげるので、気になる人は試してみてください。

パーカーに限らずどんな服にも言えることなので、長期間収納するときは気をつけましょう。

『タンスにゴンゴン』(KINCHO)

ハンガーラックに引っ掛けるだけで、クローゼット全体に防虫・防カビ効果がつづきます。1年間効き続けるので長期の保管も安心して任せられますよ。

『住まいの消臭・除湿シート』(ワイズコーポレーション)

引き出しの底に敷いて使うシートタイプの除湿剤。好きな大きさにカットできるので、おうちのあらゆるところで活躍します。インテリアのじゃまをせず、さわやかな北欧風グリーンのデザインも好印象です。

収納のギモン

エコなわざあり

パーカーをたたまず、ハンガーで収納したいときはどうする?

パーカー

たたんだほうがいいとはいっても、ハンガーで吊るして収納するほうがラクなこともありますね。なかには、スペースの都合で引き出しや棚を置けないこともあるかもしれません。

その場合、薄くて軽い生地のパーカーなら吊るしてもそれほど問題はありませんが、冬に着る厚手のものは重みで伸びやすいので、ハンガーに掛けるときは長時間かけないように心がけてください。

基本はたたんで収納をすることを忘れないようにしてくださいね。

パーカーのたたみ方を工夫して身支度を快適にすませよう

パーカー

毎回洗濯の度に服をたたんで収納するのは面倒ですよね。でも、ここで一手間加えることで着たい服がどこにあるかわかりやすくなり、お出かけの準備がグッと快適になりますよ。

薄手のパーカーはハンガーにかけ、厚手のパーカーやお気に入りのパーカーはたたんで収納するなど、上手に使い分けて収納してくださいね。