ワイシャツやジャケットなど、毎日のように着る服で困るのが襟の汚れ。

とくにワイシャツは白地で汚れが目立つので、困っている人も多いと思います。できれば襟汚れがつく前に防ぎたいですよね。

そこで今回は襟汚れを防止する方法をまとめてご紹介します。汚れがつかなくなれば処理する手間が省けて、洗濯がラクになりますよ。

襟汚れを予防したい!汚れの原因は?

シャツ 襟 シミ汚れ 洗濯

白いワイシャツは襟汚れが目立ちますよね。黒ずみが出るたびに部分洗いしたり、襟用の洗剤を使ったりして落とすのもひと苦労です。

しかし、襟汚れは体から出る皮脂が原因なので、着ている限りどうしてもついてしまうものです。女性ならファンデーションなどがつくこともあるのでなおさら汚れやすいですね。

ついたばかりの襟汚れなら普通の洗濯で十分にキレイに戻せますが、少しずつ取りきれなかった皮脂が蓄積され、時間が経つにつれて黄ばんだり黒ずんだりしてきます

そのため、襟汚れを防ぐなら皮脂やファンデーションといった原因となる汚れがくっつかないようにする必要があるんです。

襟汚れを防止する方法やアイデアは?

襟に皮脂やファンデーションなどがつくのは仕方ないことですが、あるアイテムを使って襟にちょっと工夫をするだけで汚れがつきにくくなります。

ここでは3つのアイデアをご紹介するので、参考にしてみてくださいね。 

ベビーパウダーを塗る

ベビーパウダー

ベビーパウダーは皮脂を吸い取るはたらきがあり、襟に塗り込むだけで皮脂が染み込むのをブロックしてくれます

襟の部分に少しふりかけてなじませるだけなので、取り入れるのは簡単。肌触りが変わることもなく、そのまま洗濯機にかけるだけなのもラクですね。

専用のシートを使う

ワイシャツ

襟汚れを防ぐために、襟の内側に貼り付ける使い捨てのシートが販売されています。

貼っておけばシートが汚れを吸収してくれて、洗濯するときにはがして捨てればいいので手軽です。

シャツと一緒に常備しておいて、袖を通すときに貼り付けるようにすればそれほど手間になりません。

汚れ防止スプレーを使う

スプレー

襟汚れを防止してくれるスプレータイプのグッズも販売されています。使い方はまんべんなくスプレーして乾燥させるだけ。

効き目が現れるまで時間がかかることがあるので、クローゼットにしまう前にスプレーするといいですよ。

襟汚れを防止するグッズのおすすめは?

上で紹介した襟汚れ防止グッズは、ドラッグストアなどでも身近に売られています。

いろんな種類があるので、おすすめの商品をご紹介します。参考に使い勝手のよいものを選んでくださいね。

『アロマデガード』(アロマデガード)

アロマデガード

出典:http://www.aroma-sp.com

襟の内側に貼るだけで汚れを防止できるシートタイプのアイテムです。袖にも使えるので汚れやすい場所を中心に貼っておけば洗濯がラクになりますね。

『衣類用布シール』(モリト)

モリト Halulu 衣類用布シール

出典:http://www.morito.co.jp

襟などに貼り付けて汚れを防止するシールです。必要な長さにカットして貼り付ければ、汚れをしっかり受け止めて防いでくれますよ。

『染めQ えり・そで口もう汚れない?』(染めQテクノロジィ)

染めQテクノロジィ えり・そで口もう汚れない

出典:楽天

襟や袖に使えるスプレータイプの汚れ防止アイテムです。

ワイシャツだけでなく、なかなか洗濯できないスーツやコート、運動着など幅広く使えます。使い方も、スプレーして乾かすだけと簡単です。

襟汚れを防止しきれなかった場合は?

シャツ 襟汚れ 洗剤 洗濯

襟汚れを防止していても、汚れがついてしまうことはあります。

襟汚れを落とすのはむずかしそうに思えるかもしれませんが、実はやり方さえ知っておけばとっても簡単にキレイにできるんです。。

用意するのはふだん使う液体の洗濯洗剤があれば大丈夫。汚れ部分につけて指でなじませてから洗濯機で洗うだけで汚れにしっかり働きかけて分解してくれます。

『ワイドハイター』などの酸素系漂白剤も加えておくとさらにキレイな洗い上がりになりますよ。

襟汚れを防止してお気に入りを着よう

ワイシャツなどにできてしまう襟汚れ。気づいたときには目に見えるほど色がついて、落としにくくなってしまいます。

便利グッズを活用して、汚れが付かないように工夫すればキレイな状態をキープできますよ。

襟汚れを苦労して落とすこともなくなり、毎回の手間がぐっと抑えられるうえに、服を長く着続けられるのでよいことばかりですね。

襟汚れの防止方法まとめ

  1. ベビーパウダーを塗る
  2. 専用のシートを貼り付ける
  3. 専用のスプレーをふきつける