キッチンの床に敷いているキッチンマットは洗濯できていますか?

キッチンマットは毎日の料理で汚れがたまっていて、少し拭き掃除するくらいでは汚れが落ちません。できれば洗濯して一気にキレイにしてあげたいところです。

今回はキッチンマットをどうやって洗濯したらいいか、清潔に保つための工夫もあわせてご紹介します。

キッチンマットは洗濯が必要?

マット クッション 洗濯
キッチンマットは使っているうちに徐々にベタベタになってきますね。床が汚れるのを防ぐためのものなので、料理中の油ハネやシンクの水、足の皮脂、ホコリなど、いろいろな汚れがたまっています。

特にカーペットのように毛の立ったタイプは、汚れが奥まで入り込むので落としにくく、汚れを一掃するためには洗濯が欠かせません

大きくて洗濯するのはむずかしそうに思えますが、やり方さえ覚えてしまえば簡単です。しっかり汚れを落とせば、気持ちの良い肌ざわりのマットが戻ってきますよ。

キッチンマットの洗濯の方法は?

洗濯表示 絵表示
キッチンマットはほとんどが洗濯機を使って洗えます。まずは洗濯表示を確認し、洗濯機で洗えるかをたしかめてみましょう。

洗濯表示
マットが大きすぎると洗濯機に入らないこともあるので、水で洗えることを確認した上で丸めたときの大きさも確認してください。

また「ドラム式洗濯機だけNG」というキッチンマットも多いので気をつけてくださいね。

キッチンマットの洗濯の仕方は?

洗濯できるキッチンマットは次の方法で洗いましょう。

洗濯機洗いと手洗いの2通りの方法があるので、状況にあわせてどっちで洗うか選んでください。

洗濯機で洗う場合

縦型洗濯機
洗濯機で洗えるキッチンマットであればふだんと同じように洗濯すれば大丈夫。洗濯ネットがあればより丁寧で、傷みが少なくすみますよ。

やり方はジグザグにたたんでネットに入れ、通常コースで洗って干すだけ。ジグザグにたたむことで汚れが外に流れ出やすくするのがポイントです。

シミなどの汚れがひどい場合は、あらかじめ洗剤を直接つけておくと汚れ落ちがよくなりますよ。

手洗いする場合

手洗い
洗濯機に入らない場合は手洗いします。大きなマットの洗濯には浴槽でのつけおきがとっても便利。洗濯機で洗うときと同じように『アタック』などの液体洗剤と洗濯ネットを用意し、次の手順で進めましょう。

洗浄液をつくる

浴槽の4分の1ほどの高さまでぬるま湯を張り、1〜2回分の洗剤を溶かす。

手洗いする

キッチンマットを入れ、手で洗うか足で踏んで汚れを落とす。

すすぐ

洗浄液を流し、キレイな水に入れ替えて泡が出なくなるまで2〜3回すすぐ。

脱水

洗濯機の脱水に1分ほどかけて水気を切る。

干す

風通りのいい場所に吊るして丸一日ほど干したら完了。

手洗いといっても大変な作業にはなりません。足で踏むだけなら簡単ですし、子供に手伝ってもらっても楽しいですよ。

また、洗浄液をオキシクリーンにして、「オキシ漬け」するのもおすすめです。他のマットなどを一緒に洗ってもいいですね。オキシクリーンを使う場合は、熱めのお湯を使う方が洗浄効果が高いので、詳しくは関連記事をあわせて確認してください。

キッチンマットを洗濯する頻度はどれくらい?

キッチンマットをキレイに保つには「月に1回」を目安に定期的に洗ってあげましょう

ただ、これはあくまで目安なので厳密に守る必要はありません。「黒ずんできたら洗濯する」などと汚れの度合に応じて調整するのもいいですよ。

マットの洗濯自体は上で紹介したようにとっても簡単。お休みの日などにササッと洗っておけるといいですね。

キッチンマットの洗濯後は干し方をひと工夫

干す
キッチンマットは床と接する面に滑り止めのゴムが付いていて、通気性がよくないことも少なくありません。そこで、干すときに風通しをよくするひと工夫を加えましょう。

おすすめは2本の物干し竿にたるみをもたせて渡す「M字干し」です。両面にしっかり風が通ることで乾きが早まりますよ。物干し竿が1本の場合がハンガーの上にマットを被せて「A字」になるように干すといいですよ。

さらに干すまえにバサバサとしっかり振りさばけば、毛が立って干し上がりもキレイになります。

キッチンマットを洗濯するときのコツは?

キッチンマットを洗濯するときは次の2つのポイントでさらに仕上がりがよくなりますよ。

柔軟剤は使わない

柔軟剤
柔軟剤は生地をやわらかくする働きはありますが、繊維にコーティングをするので吸水性を損ねます。マットの目的を考えると柔軟剤は使わないのがおすすめです。

脱水時間を短くする

洗濯機のボタン
キッチンマットは裏面がゴム製なことも多く、なかなか水分が切れません。水が切れないと洗濯機の負担が大きくなるので脱水は短時間で済ませましょう。1分ほどで十分なので、早めに取り出すよう心がけてください。

キッチンマットを洗濯する手間を省くには?

キッチンマットをできるだけ洗濯したくないなら、普段からのケアが大切です。汚れが気になったときだけでも次の方法で手入れしてみてくださいね。

掃除機で汚れを取る

マットの汚れを掃除機で吸い取る
マットについたゴミやホコリなどは掃除機を使って取り除きましょう。ついたばかりの汚れなら、奥まで入り込んではいないのでゆっくり掃除機をかければ取り除けますよ。

拭き掃除する

マットの染み抜き
油ハネや食材の汁などをこぼしたら、早めに拭き取るのも大切。濡らした雑巾でこすれば大丈夫ですが、食器用の洗剤を含ませて拭き取ると汚れ落ちが良くなります。水拭きで洗剤が残らないように仕上げれば完璧です。

ワンポイント!

エコなわざあり

キッチンマットの洗濯が面倒なら…

キッチン
キッチンマットを月に1度洗濯するのはちょっと大変かも、と感じたら思い切ってマット自体を使わなくするのもひとつの方法です。

キッチンマットは床を汚れから守ってくれますが、その分床の掃除はしにくくなります。汚れを見つけやすくなるし、軽い拭き掃除だけでキレイにできますよ。

いきなりなくすのに抵抗があったら、布タイプではなくシートタイプのマットにする方法も。これならキレイを楽に保てそうですね。

キッチンマットの洗濯で料理がもっと快適に

シンク 洗い物 料理 お皿 食器
キッチンマットは料理中のゴミなどが落ちてすぐに汚れてしまいます。月に1回洗濯するだけでいつも清潔な状態を保てますよ。

スペアを用意して交換できるようにすればこまめな洗濯もしやすくなります。キレイなマットなら気持ちよく料理を作れますね。