スカーフやドレスなどに使われるシルク素材は、デリケートなイメージがあって、シワがついてもアイロンがけしていいものか迷ってしまいますね。「テカったり変色したらイヤだな…」とどうしていいか困っている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回はシルク素材にアイロンをかけるときの失敗しないコツををご紹介します。

シルク素材にアイロンはかけてもいい?

アイロン

シルクは蚕のまゆからとった繊維を利用してつくった生地で、スカーフやネクタイ、着物などによく使われています。光沢があって見た目にとても美しいですが、変色やシワができやすいなどデリケートな素材でもあります。

そんなシルクの多くは、実は温度を調節すれば問題なくアイロンがけできます

念のためにタグの洗濯表示を確認し、アイロンマークにバツがついた「アイロン不可」マークがないかを確認しましょう。

シルクにアイロンをかけるときのポイント

アイロンでシワを取る

アイロンがけができるとは言え、デリケートなことには変わりはありません。温度の設定には十分注意し、短時間ですませましょう。

低温に設定する

シルクはシワがよりやすい素材ですが、取れないほどのクセになることはありません。なので「低温」でも十分シワを伸ばせます。温度が高すぎると生地の負担が大きくなるので、高くても下から2番めくらいの温度設定にしてください。

あて布をする

直接高温のアイロンを当てないように、綿のハンカチなどを敷いてその上からアイロンをかけましょう。一枚挟むことでシルクへの負担がぐっと軽くなります

ドライでかける

シルクにアイロンをかけるときはスチームを使わずにドライを使うのもポイント。スチームを使うとシワが伸びやすくなりますが、濡れた状態でのアイロンがけは生地が傷む原因になります。

アイロンを使わずシルクのシワが伸ばせる?

アイデア

アイロンがけはできるだけやさしくしても負担がかかるものなので、こまめにかけすぎるのは避けたほうが無難です。

ふだんの手入れでシワを軽く伸ばしておけば、アイロンを使う機会を減らせます。薄手のスカーフなどは次の方法を試してみてください。アイロン不可のものでもシワを伸ばせますよ。

お風呂につるす

一番簡単なのは、入浴後のお風呂に吊るすやり方。蒸気が充満したお風呂で吊り干しにすれば、水分を含んでシワが伸び、あとは陰干しで自然乾燥させればシワが取れます

表面がツルツルして滑りやすい素材なので、タオルをあて布にして洗濯ばさみで固定するのがポイントです。

霧吹きして吊り干し

軽いシワであれば霧吹きで軽く水をふくませ、そのまま干しておくだけでも十分です。風通しのいい日陰で吊り干しにしておけば1日ほどでシワがすっかりなくなりますよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

シルクは洗濯の工夫でアイロンいらず!

手洗い

シルクのスカーフなどは手洗いであればおうちで洗えるものも多くあります。洗ったついでにシワを取る方法もあるので覚えておくと便利です。

やり方は簡単で、すすぎを終えたらゆるく絞って竿などにかけるだけ。自重でシワが伸び、キレイに仕上がりますよ。

水滴が垂れるくらいの絞り具合でも大丈夫。シルクは乾きやすい生地なので、たくさん水分を含んでいてもすぐに乾きます。

お気に入りのシルクのアイロンがけはクリーニングに出すべき?

クリーニング ワイシャツ

注意点を覚えても、シルクのアイテムにアイロンをかけるときは不安ですよね。特にお気に入りのもので失敗したらと思うと気が引けますね。

そんなときは、クリーニングに出してシワを伸ばしてもらう方法もあります。

しわくちゃになってしまったものでも、プロの手にかかればキレイな姿に元通り。シーズンに1回くらいはクリーニングに出すようにすると汚れも落ちてもっと長持ちしますよ。

シルクのアイロンがけはむずかしくない!

スカーフ

シルクのアイテムはデリケートな上にシワがつきやすくて困ってしまいますね。

アイロンがけのやり方とあわせて、ふだんの手入れの仕方も覚えておけばいつもシワの入っていないキレイなままで保てます。

シワがスッキリ伸びれば、気持ちよく袖を通せますね。