荷物が多くてもスッキリ収まるリュックサック。両手があくので子供をつれた外出で重宝しますね。

でも、毎日のように使っていると気になるのが汗や砂の汚れ。

洗濯したいけどできるのかな…?と不安に感じるものですが、大丈夫。ここではリュックの汚れをしっかり落とす洗濯方法をご紹介します。

リュックは洗濯できる?洗濯機で洗える?

リュックを洗濯するイメージがあまりないかもしれませんが、実は一般的なリュックは洗濯機で洗えるものが多いんです。

ただし、次の2つの条件があるので、まずはその条件を満たすかチェックしましょう。

リュックの素材

リュック カバン

一般的なリュックはナイロンやポリエステルなどの丈夫な合成繊維からつくられているので、水洗いできる場合がほとんど

ただ、革や合皮などデリケートな素材を使ったリュックは水洗いができない可能性があるので、洗濯表示で素材と「水洗いができるか」を確認しましょう。丈夫な素材を使ったリュックでも部分的にデリケートな素材が使われていることもあるので注意してください。

洗濯機のコースの種類

ドラム式洗濯機を動かす

リュックはいくら洗濯機で洗えるとはいっても、型崩れしやすいので、洗濯機のなかでも一番やさしく洗えるコースを選んであげてください。

洗濯機の種類によって違いますが、「ドライコース」「手洗いコース」「おうちクリーニング」など、おしゃれ着洗い用のコースがあればそれを使います。

リュックを洗濯!洗い方のコツは?

洗濯機 コース

用意するもの
必須
『エマール』などの中性洗剤
洗濯ネット
タオル
バケツ

リュックの洗濯に特別な道具は必要なく『エマール』や『アクロン』などのおしゃれ着用の洗剤と洗濯ネットを用意すれば大丈夫

長く使ってガンコな汚れがついている場合は、ふだん使いの洗濯洗剤や『ワイドハイター』や『オキシクリーン』などの酸素系漂白剤を用意しておくとさらに効果を高められます。

リュックの洗濯方法!

リュックの洗濯はいたってシンプル。汚れが奥まで染み込んでいるので、浮かせるためにつけおきし、洗濯機で洗うだけで大丈夫。汗や汚れを吸い込んで黒ずんだリュックも、これでさっぱりキレイになりますよ。

洗濯ネットに入れる

ファスナーは開いた状態で軽くたたみ、洗濯ネットに入れる。

つけおきする

バケツにぬるま湯をはり、水量に合わせた洗剤を溶かす。そこにリュックを入れ、1〜2時間ほどつけおきして汚れを浮かせる。

ドライコースで洗う

『エマール』などの洗剤をいれ、「ドライ」や「手洗い」などやさしく洗えるコースを選ぶ。

すすぎが終わったら止める

型崩れを防ぐため、すすぎまで終わったら脱水せずに取り出す。

タオルで水気を取る

タオルを押し当てて水気をとったら洗濯は終了。

リュックを傷めずに洗うコツは、洗濯ネットに入れることです。リュックの金具などが洗濯槽に当たると傷みの原因にもなるので必ずネットに入れましょう。

型崩れを防ぐため、脱水はせずに取り出し、タオルで水気をとると完了です。

傷めたくないリュックの洗い方は?

手洗いのときの道具

用意するもの
必須
『エマール』などの中性洗剤
タオル

大切なリュックをできるだけ丁寧に洗いたいときは手で洗う方法もあります。必要なものは『エマール』などの中性洗剤とタオルがあれば大丈夫です。

リュックを手洗いで洗濯する方法

様子を間近で見ながら洗えるので、力加減を調整できてリュックにかかる負担を少なくできますよ。

洗浄液をつくる

洗面所のシンクやお風呂の浴槽に水を張り、水量に合わせた洗剤を入れる。

つけおきする

洗浄液にリュックを浸し、1時間ほど放置する。時間をかけて洗剤がなじみ、汚れが落ちやすくなる。

押し洗いする

手のひらでリュックを押したり離したりを繰り返し、汚れを水に溶かす。

すすぐ

キレイな水に入れ替えてすすぐ。押し洗いの要領で泡が出なくなるまですすげばOK。

タオルで拭く

水を流し、リュックを引き上げてタオルで大まかな水気を取ったら完了。

汚れを浮かすため、1時間ほどつけおきするのがポイント。汚れがふやけて取れやすくなっているので、押し洗いが短時間ですみますよ。

リュックを洗濯したあとの干し方は?

洗濯バサミ ピンチ 物干し

リュックを洗濯したら、あとは干して乾かすだけ。この干すステップも実はとても大切で、乾燥が不十分だとカビや臭いの原因になってしまうこともあるので注意しましょう。

干し方は「日陰でピンチハンガーに1日吊るす」のがおすすめ。風が通りやすいようにファスナー類は開き、口があくようにピンチでつまんでおくと乾きが早まります。

背中に汗を吸い込むパッドがついているリュックは乾燥に時間がかかるので、長めに干しておくといいですよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

リュックの表面の汚れは洗濯しなくてもOK

消しゴム

「洗濯するほどではないけどリュック表面にできた汚れを落としたい…」という場合は消しゴムでこするとキレイに落とせますよ。

まさか!?と思うかもしれませんが、消しゴムが表面の汚れを削り落としてくれるんです。

帆布や合皮でできたリュックにおすすめの方法で、こすれてできた跡やホコリによるくすみなどはこれだけで元通りになりますよ。

リュックの洗濯が不安ならクリーニングへ

リュック カバン

多くのリュックは家庭で洗濯できるとはいえ、大切なリュックを傷めてしまわないか不安になりますね。

そんなときはクリーニング店に持ち込むのももちろん大丈夫です。特に革などの高価でデリケートなリュックは家庭では洗えないので、プロにまかせた方が安心です。型崩れを防ぎながらしっかり汚れを落としてくれますよ。

大切なリュックを長く使うためにも、年に1回くらいはキレイにしてあげられるといいですね。