おつまみやおかずなどに活躍する生ハム。あまり日持ちしないイメージがありますが、冷凍すれば長持ちするのをご存知ですか。

そこで今回は、生ハムの冷凍保存のやり方についてご紹介します。

生ハムは冷凍できる?保存期間は?

生ハム ハム

生ハムは、スーパーなどで真空パックに入れられて販売されていて、冷蔵保存をするのが一般的です。未開封であれば長持ちしますが、開封すると賞味期限は短くなり、だいたい1週間ほどしか保存がききません。

そんなときにおすすめなのが冷凍保存です。味や食感は少し劣化しますが、だいたい3ヶ月日持ちしますよ。

原木の場合は、解凍時に時間がかかるのであまりおすすめしません。原木は常温でも正しく保存すればかなり長持ちします。次の記事を参考にしてみてくださいね。

生ハムの冷凍保存の手順は?

ハム

生ハムは、未開封の状態であれば、真空パックのまま冷凍できます。

開封済みであれば、一度に食べる量で小分けしてラップに包み、その上から冷凍用保存袋に入れて保存しましょう。このときしっかり空気を抜くのがポイント。酸化や乾燥を防いで、よりおいしく保存できますよ。

解凍時はできるだけ低温でゆっくり解凍するのがポイント。保存袋に入れたまま、流水や氷水にさらしてくださいね。

生ハムを冷凍保存するときの注意点は?

注意点 チェック

生ハムを冷凍保存するときは、なるべく短時間で凍らせましょう。鮮度を保った状態で保存できますよ。

金属製のトレーの上に置いたり、アルミホイルに包んだりすると、効率よく冷凍できます。ぜひ試してみてくださいね。

生ハムの冷凍保存を利用して料理を楽しもう

ハム 生ハム

一度に使いきれなかった生ハムも、冷凍することで長く保存できます。冷凍した生ハムは、解凍すれば生でも食べられますが、保存期間中に徐々に品質が落ちていくので、なるべく早めに食べたほうがいいですよ。