まったりとした甘さとねっとりした食感がおいしいバナナ。穏やかな血糖値上昇を助け、ダイエット効果もあると言われているので、毎日の朝ごはんにしている人も多いですね。しかしバナナは熟すスピードが早く、食べきる前に真っ黒になってしまうということも。

そこで今回は、長持ちさせるのにおすすめの保存方法をご紹介します。

バナナはどう保存するのが正しい?保存期間は?

バナナ

バナナは「常温保存」「冷蔵保存」「冷凍保存」の3通りのやり方で保存します。基本的には常温保存ですが、保存期間が短く3~4日とあまり日持ちしません。

より長持ちさせたいときは、冷蔵保存や冷凍保存がおすすめ。適した方法で冷蔵保存では約15日、冷凍保存では約1ヶ月保存がききますよ。

バナナの保存方法|①常温保存のやり方

バナナ

バナナは、包装袋から取り出して、直射日光が当たらない涼しく風通しのよい場所で保存します。

バナナはやわらかく、自重でつぶれて傷みやすくなってしまうため、フックや専用スタンドで吊るすといいですよ。

フックがなければ、山型になるように置いて設置面積を小さくするか、1本ずつ切り離して保存するのもいいですね。

バナナの保存方法|②冷蔵保存のやり方

冷蔵庫の掃除

夏の暑い日など、バナナをより長持ちさせたい場合は冷蔵保存をしましょう。

バナナは、野菜や果物から発生するエチレンガスの影響を受ける果物の1つ。追熟して傷みやすくなります。低温で保存すればエチレンガスの発生量が減るので、冷蔵室で保存すれば長持ちするんです。

1本ずつ切り離してポリ袋に入れ、野菜室で保存しましょう。個々にポリ袋入れることで、ほかの野菜や果物、バナナ同士のエチレンガスによる追熟をしっかり防げますよ。

ただし長期間冷蔵してしまうと低温障害で皮が黒っぽく変色することも。常温で好みの柔らかさになるまで追熟させてから冷蔵保存してくださいね。

バナナの保存方法|③冷凍保存のやり方

冷蔵庫 冷凍庫 野菜室 収納 タッパー ボックス ケース

冷蔵保存よりもさらに長持ちさせたいときは、冷凍保存も可能です。バナナは冷凍すると固くなるので、冷凍保存するときは、使いやすいサイズにカットして保存袋に入れましょう。

バナナの皮を剥いてバナナをカットもしくはペースト状にします。変色が気になる場合は、このときにレモン汁を少々加えておくと、黒くなるのを防げます。砂糖も加えると、さらに保存期間が長くなりますよ。カットしたものを、保存袋に入れて冷凍すれば完成です。

全解凍せずに、半解凍くらいにしてもシャーベットのようなシャリシャリとした食感を楽しめます。ぜひ試してみてくださいね。

バナナの使用方法にあわせて保存しよう!

バナナ

バナナは基本的に常温保存をしますが、冷蔵・冷凍保存をすることでより長持ちさせられます。使用用途にあわせて保存方法を変えておけば、朝食やおやつの時間にサッと使えますよ。

ぜひこの機会にバナナの適した保存方法を覚えてくださいね。