ビタミンやミネラル、食物繊維がバランスよく含まれていて、美肌効果や便秘予防もあるバナナ。栄養が豊富なのに加え甘くておいしいので、よく食べる人も多いですよね。しかしバナナは傷みやすく、気が付いたら中まで黒くなっていた…ということも。

そこで今回は、バナナの賞味期限や長持ちさせる方法をご紹介します。

バナナの賞味期限は?どれくらい日持ちする?

バナナ

バナナの賞味期限は常温で3~4日ほど。やわらかく自重ででつぶれて傷んでしまうので、フックや専用のバナナスタンドで吊るして保存するか、山型に置いて接地面を少なくするようにして保存します。

さらに長持ちさせたい場合は、冷蔵・冷凍保存をします。冷蔵保存で15日程度、冷凍保存で1~2ヶ月程度日持ちしますよ。

ただしバナナは、近くにある野菜や果物、同じ房のバナナなどから発生するエチレンガスによって追熟するため、賞味期限が早まることも。適した場所で正しく保存することが大切ですよ。

バナナの賞味期限を長くする保存方法って?

バナナ

バナナを長持ちさせるには、冷蔵保存か冷凍保存がおすすめです。低温で保存するとエチレンガスの発生量が減るので長持ちします。

バナナの冷蔵保存のやり方

バナナを1本ずつポリ袋に入れ、野菜室に保存します。ほかの野菜や果物から出るエチレンガスからバナナを守れますよ。

バナナを新聞紙で包んでからポリ袋に入れるのがおすすめ。適度な湿度に保たれてさらに日持ちします。

バナナの冷凍保存のやり方

さらに長持ちさせたいときは冷凍保存がおすすめ。冷凍保存をするとバナナは固くなるので、カットしてから保存袋に入れて凍らせるといいですよ。

まずはバナナを使いやすいサイズにカットまたはペースト状にします。変色が気になるときはレモン汁を少々加えると黒くなるのを防げますよ。それから保存袋に入れて冷凍室で凍らせれば完了です。

ペースト状の場合、必要な量だけ取り出しやすいように、薄く平らにならして両側を開けておくと便利です。

冷凍保存したバナナを食べるときは、半解凍にするとシャーベットのようにおいしく食べられますよ。

バナナの賞味期限で注意することは?

バナナ

新鮮なバナナを選ぶ

バナナの賞味期限は、保存方法だけでなくバナナの選び方でも変わってきます。

バナナを買うときは、キズのないものを選びましょう。バナナの皮にキズが入っていると、その部分の果肉も傷んでいる可能性が高く、長期保存に向きません。

また、バナナは角に丸みがあって、房の付け根が太いものが甘くておいしいと言われています。スーパーなどで購入する際には、ぜひチェックしてみてくださいね。

また、傷んでいるときには次のような特徴があります。賞味期限以内であっても、このような特徴がある場合は食べないようにしてくださいね。

・どろどろして汁気がでている
・生臭いにおいがする など

バナナの賞味期限は正しく保存して長持ちさせよう

バナナ

バナナは常温保存の場合保存期間が短く、気が付いたら真っ黒になっていることがよくありますが、冷蔵保存や冷凍保存することで長持ちさせられますよ。

用途にあわせて上手に保存して、朝食やおやつにバナナを活用してくださいね。