ヨーグルトは、おいしいだけでなく腸内環境を整えてくれるので、毎日の健康のために食べている人も多いですよね。しかしあまり日持ちせず、いつの間にか賞味期限が切れていたなんてことも。

実はヨーグルトの賞味期限は、保存方法によっては長持ちさせることができるんです。

そこで今回はヨーグルトの賞味期限や長持ちさせるコツなどについてご紹介します。

ヨーグルトの賞味期限はどれくらい?日持ちは?

ヨーグルト 大さじ

ヨーグルトは、パッケージにも記載がありますが、未開封の状態であれば冷蔵室で2週間ほど日持ちする食材です。

小分けしているものなら1回で食べ切れますが、大きめのパッケージに入ったヨーグルトは何日かに分けて食べる人も多いですよね。開封したヨーグルトは菌が繁殖しやすくあまり日持ちしないので、開封してから1週間を目安に食べ切るようにしましょう。

ヨーグルトの賞味期限を長くするコツは?

ポイント 電球 チェック

立てておく

ヨーグルトを冷蔵室に入れておく場合、横に寝かせておくのはNG。分離しておいしくなくなってしまうので、未開封の場合でも立てておくようにしましょう。

フタをしっかりしめる

空気に触れるとそこから菌が入り繁殖し、傷みやすくなってしまいます。フタをしっかりしめて冷蔵室に入れて保管してくださいね。

ヨーグルトの賞味期限は冷凍すると長持ち!

冷蔵庫 冷凍庫 野菜室 収納 タッパー ボックス ケース

ヨーグルトは水分が多いので冷凍保存には不向きと思うかもしれませんが、実は冷凍して保存することができます。正しいやり方で1ヶ月も日持ちするんですよ。

そのまま冷凍すると解凍時に味が落ちてしまうので、砂糖やホイップクリームを混ぜて、密閉容器に入れて冷凍しましょう。

凍った状態でもフローズンヨーグルトとしておいしく食べられますよ。ぜひ試してみてくださいね。

賞味期限が切れたヨーグルトは食べられる?

? クエスチョン 何

冷蔵室の奥でいつのまにか賞味期限が切れてしまった…という場合もありますよね。

ヨーグルトに定められている「賞味期限」とは、品質が十分に保たれている期限のこと。おいしく食べられると保証されている期間なので、多少過ぎても食べることはできます。

しかしお腹をなどのトラブルがないとも限らないので、心配なら食べないほうがいいですよ。

「賞味期限」と一緒によく聞く「消費期限」は、安心して食べられる期間のことを指すので、消費期限が切れたものは食べないほうが安心ですね。

ヨーグルトの賞味期限は正しく覚えておこう!

ヨーグルト

ヨーグルトに記載されている賞味期限は、未開封の状態を前提としているので、開封してからは早めに食べるようにしましょう。冷凍すると保存期間が長くなるので、長持ちさせたいときはぜひやってみてくださいね。