クリーミーな口溶けが魅力的なバター。パンやお菓子の調味料としてよく使われていますよね。冷蔵室に常備しているおうちも多いですが、使う機会があまりなく、購入してからかなり時間がたってしまうこともありますよね。

そこで今回は、バターの日持ちはどれくらいか、長持ちさせる方法などご紹介します。

バターの賞味期限はどれくらい?日持ちは?

バター 大さじ

バターの賞味期限はパッケージに記載されていますが、だいたい未開封の状態で冷蔵室で6ヶ月ほどが目安。高温が苦手なので、常温での保存は不向きです。

開封すると賞味期限はぐっと短くなります。正しいやり方で保存してだいたい1ヶ月が目安です。

ただし次のような状態だと傷んでいるので、賞味期限以内でも使うのは控えたほうがいいですよ。

・表面が白っぽくなっている
・表面が汁っぽくなっている
・古い油のようなニオイがする …など

バターの賞味期限を長くするコツは?

チェック ポイント 選び方

ラップかアルミホイルで包む

バターは空気に触れると風味がだんだん落ちていきます。冷蔵室に入れる前にラップやアルミホイルでぴっちり包みましょう。もともとついてる銀紙でもOKです。

有塩バターを選ぶ

バターには無塩バターと有塩バターがあります。有塩バターにはその名の通り塩分が添加されていて、無縁バターよりも傷みにくい性質があります。ただしその名の通り無塩バターに比べて塩分は高いので注意してくださいね。

バターの賞味期限は冷凍すればさらに長持ち!

冷蔵庫 冷凍庫 野菜室 収納 タッパー ボックス ケース

バターは冷凍することができる調味料です。未開封の場合はそのまま冷凍室に入れると1年ほど持つと言われています。

小分けして使いやすい分量に分けて、ラップでぴっちり包んでから保存する方法も。1ヶ月日持ちするのに加え、パンなどにそのまま使えるのが便利ですね。

解凍するときは、前日に冷蔵室に移して自然解凍しましょう。加熱調理の場合は凍ったまま使ってもいいですね。

賞味期限が切れたバターは食べられる?

? ? 疑問

「賞味期限」とは、品質が十分に保たれてると保証されている期限のこと。多少過ぎても食べられなくなるというわけではありませんが、賞味期限を目安にしたほうが安心して食べられますね。

また、パッケージなどに記載されている賞味期限は、未開封の状態で保存した場合の期限なので、開封してからはなるべく早めに使い切るようにしましょう。バターの場合は1ヶ月以内が目安ですよ。

バターの賞味期限は保存方法で長くなる!

バター

バターは、基本的に冷蔵室で保存する調味料ですが、長持ちさせたい場合は冷凍することもできます。ただしマーガリンは冷凍できないので注意しましょう。賞味期限や用途にあわせてバターに適した保存方法を選んでくださいね。