七夕に願い事をしたためる「短冊」は有名ですが、その形に似た野菜の切り方こそが「短冊切り」です。

今回は、「人参の短冊切り」の切り方と、時短料理にも役立つ保存方法をあわせて紹介します。

この機会にぜひ覚えてくださいね。

短冊切りって何?

人参 にんじん 短冊切り 切り方
「短冊切り」はできあがりの形が短冊に似ていることからついた名前で、長方形サイズに切る方法です。長さは4〜5cm、薄さは1〜2mmが基本形です。

人参の短冊切り

人参を短冊切りするのはむずかしくありません。ここで基本のやり方を覚えてくださいね。

①人参を洗ってピーラーで皮をむく

人参 にんじん 皮をむく ピーラー
※人参の皮をむくときはピーラーを使うと簡単

②ヘタ部分を切り落とす

人参 にんじん ヘタ切り落とす
※1cm程度切る。葉の生えている固い中央部分が残らない程度でOK

③4〜5cmの長さで切る

人参 にんじん 切り方 みじん切り
※ヘタのついていた太いほうから包丁を入れると切りやすい

④切った断面を下にして縦置きし、1cm程度の薄さに切る

人参 にんじん 短冊切り 切り方
※包丁を押しながら切ると切りやすい

⑤短い辺が上下になるよう並べる

人参 にんじん 短冊切り 切り方
※重ならないように並べる

⑥端から1〜2mmに薄切りする

人参 にんじん 短冊切り 切り方
※仕上がりの厚みはここで決定。食べ応えがほしいときは厚めに切るという具合に、料理にあわせて厚みを変える

完成

人参 にんじん 短冊切り 切り方

人参の短冊切りはどんな料理に使う?

人参 にんじん 短冊切り 切り方
人参の「短冊切り」は火が通りやすい切り方なので、汁物や炒め物に使います。

焼きそばや八宝菜、うどん、ラーメンの具などに便利ですよ。

短冊切りした人参の保存方法

人参 にんじん 短冊切り 切り方 冷凍方法 冷凍保存
短冊切りした人参は、汁物に使ったり炒めたりする場合がほとんどです。加熱調理をする上、火が通りが早いので、生のまま冷凍しましょう。味や栄養素も保てますよ。

【冷凍方法】

人参 にんじん 短冊切り 切り方 冷凍方法 冷凍保存
短冊切りしたあと、表面の水分をキッチンペーパーで拭き取る。

人参 にんじん 短冊切り 切り方 冷凍方法 冷凍保存
料理で使う分量を考えて小分けにし、空気が入らないようラップに包む。

※冷凍後、取り出しやすくするため、人参同士の重なりをさけて平たく包むのがポイント

人参 にんじん 短冊切り 切り方 冷凍方法 冷凍保存
ジップロックなどの冷凍用袋に入れて保存する。

※早く冷凍したほうが風味が落ちにくいので、バッドの上に置いて冷凍するのがおすすめ

【解凍方法】

解凍は必要なく、冷凍したまま調理に使えます。

【保存期間】

約1〜2ヶ月ほどもちます。

人参の短冊切りを覚えよう

画像の人参 にんじん 短冊切り 切り方
人参の色味もしっかりと見えて存在感もある短冊切りは、炒め物や汁物の具材に重宝します。

まとめて切って冷凍保存すれば調理の時短にもなるので、ぜひ基本の切り方をマスターしてくださいね。