こんにちは!コジカジ編集部です。

「今晩のおかずは焼き魚にかな」と思ったときにふっと頭をよぎるのが、その後始末のこと…。魚焼きグリルを掃除する手間を考えると「やっぱり焼き魚はやめよう」なんて考えちゃいますよね。

魚焼きグリルを使いたいけど、後始末がめんどう…という人のために、今回は魚焼きグリルの掃除の手間を省くアイテムを紹介しますよ!

『グリル敷石』で魚焼きグリルの掃除は必要なし

ラク家事 グリル敷石 パッケージ
魚焼きグリルは魚をおいしく焼き上げてくれる反面、その構造上、準備と後処理がとっても面倒くさい…。

魚を焼く前にグリル皿には水を敷き、焼き終わったら網やグリル皿を外して洗わないといけませんよね。

でも、100円ショップのダイソーで販売されている『グリル敷石』を使えば、最初の準備と後処理の手間がグッと楽になります。

ラク家事 グリル敷石 上から
使い方も簡単でグリル皿に石を入れたら完了。あとは今までどおり魚焼きグリルを使って、石が汚れてきたら新しい石に取り替えるだけで済むんです。

網だけは洗わないといけませんが、それでも後片付けの手間はかなり少なくなりますよ。

グリル敷石の使い方

グリル敷石の使い方は、封をあけて石をグリル皿に敷くだけです。

このとき、石を入れる前にグリル皿の表面にアルミホイルを敷いておくと、グリル皿が汚れずにすみます。

グリル敷石を使うときはぜひアルミホイルも活用してください。

① グリル皿にアルミホイルを敷く

ラク家事 グリル敷石 アルミ前
ラク家事 グリル敷石 アルミ後
アルミホイルははみ出さないように気をつける。端っこなどはグリル皿の大きさにあわせて折り曲げるなどする。

② 上から石を入れたら完了

ラク家事 グリル敷石 石入れ後
上から石を入れていく。偏らないように全体にまんべんなく敷き詰めたら完了。あとは網を敷いて、そのまま使用する。

グリル敷石は燃えないゴミとして処分すればOK

ラク家事 グリル敷石 パッケージ
敷石は使っているうちに脂を吸って黒くなっていきます。黒い箇所が固まらないようにときどきかき混ぜてあげてください。5回前後使うと白いところがなくなって石の効果もなくなってくるので、新しいものに取り替えましょう。

ラク家事 グリル敷石 剥がす
アルミホイルを敷いておけば処分するときもアルミホイルごとめくればいいので楽ちんです。

グリル敷石をゴミとして処分するときは、基本的に燃えないゴミとして捨てればOKです(ゴミの捨て方は各自治体の指定にしたがってください)。グリル敷石自体は天然の鉱物なので、庭先や家庭菜園の地面にまいても問題ありませんよ。