トイレがつまって水が溢れそうになってしまったら、どうしていいか途方に暮れてしまいますね。

なかには、パイプユニッシュでトイレの詰まりを直せるのでは?と期待している人もいるのではないでしょうか?

そこで今回はパイプユニッシュでトイレの詰まりを直せるのかについて説明します。

パイプユニッシュはトイレの詰まりに効かない?

お風呂の排水口にパイプユニッシュをかける
キッチンや洗面所の排水口掃除では強力な効果を発揮する『パイプユニッシュ』ですが、残念ながらトイレの詰まりには効果は期待できません

『パイプユニッシュ』の裏面には、はっきりと「トイレのつまりには効果は期待できません」と書いてあります。

そもそも髪の毛に皮脂や石けんカスが絡まってできたドロドロ汚れを溶かすのが『パイプユニッシュ』で、トイレ詰まりの原因である大量のトイレットペーパーや排泄物まで溶かすことはできないからなんです。

また、水に溶けないティッシュペーパーやプラスチックなどを誤って流した場合にも効果はありませんよ。

パイプユニッシュが効かなくてもトイレの詰まりは直せる!

トイレの便器が流れる
『パイプユニッシュ』が使えなくてがっかりしているかもしれませんが、専用の道具がなくてもトイレの詰まりは自分ですぐに直せるかもしれません

その方法は簡単で、お湯を使ってトイレットペーパーを溶かすか、水流をつくって詰まりを押し出すかするだけ。

パイプユニッシュを使わずにトイレの詰まりを直すには?

おうちにあるものを使って詰まりを直せることもあるので、試してみる価値はありますよ。

お湯を使う方法

やかん お湯をわかす
お湯の力でトイレットペーパーを溶かす方法で、トイレットペーパーが詰まりの原因の場合は期待できる方法ですよ。

やり方は簡単。バケツなどでお湯を流す前に便器の水をできるだけ減らしておいて、あとはお湯を注ぐだけ。

水を減らしておくことで水が溢れることを防ぐことに加え、お湯の効果がより発揮できます。

お湯の温度は40〜50℃の手で触れられる程度にしてください。便器は陶器でできているので、熱湯を使うとひびが入る恐れがあります。

水の動きを使う方法

バケツと水
バケツなどをつかって排水口に水を勢いよくいれてあげることで、水圧の力で詰まりを押し出します

やり方は、お湯を使うときと同じように便器の水をできるだけ減らしましょう。その後、数Lの水をバケツにいれて少し高い位置から排水口に水を流すだけ。

一度に大量の水をいれても、排水口が小さければ水流をつくれません。なので、少し高いところから5cmくらいの幅で水を流すことがポイントですよ。

それでもトイレの詰まりが直らないならラバーカップを!

ラバーカップ 便器
すぐにできる方法でもトイレの詰まりが直らないときは、ラバーカップを使うのが一番です。スーパーや100均などで手に入るのでこの機会に購入することをおすすめします。

ラバーカップを使えば物理的に詰まりの原因を引っ張り出せるので、大きな固形物が詰まっていない限り、かなりの確率で解消できます。

ラバーカップの使い方

ビニール袋で水の飛び散りを防ぐ

作業中に便器の水が飛び散らないように、大きなビニール袋を開いて真ん中にラバーカップの持ち手が通るように穴を開ける。

水をゴム部分までためる

ラバーカップのゴム部分が水に浸かっている方が効果が高まるので、水をためる。

ラバーカップの押し引きを繰り返す

排水口と平行にラバーカップをあてて、「ゆっくり押して勢いよく引っ張る」を意識して手応えがあるまで何度か行う。

異物が出てきたらとる

引っ張り出すことができた異物があれば、ゴミ袋を裏返したものや割り箸などで取り除く。

詰まりが解消できたら何度か水を流しましょう。そのついでにラバーカップを洗うようにするといいですよ。

これでも直らなければ、業者に頼むことをおすすめします。お金はかかりますが、排水管を傷つけたりするトラブルを起こさずに確実に直せます。

覚えておきたい

エコなわざあり

トイレの詰まりを業者に頼んだらどれくらいするの?

お金 金額 予算
トイレの詰まりを自分ではどうにもできず、業者に頼まなければいけなくなった場合、気になるのが料金ですよね。

実際の状況次第で料金は変わるのですが、目安としては8,000〜20,000円です。便器を取り外さないといけないときは30,000円以上かかることもあります。

業者によっては作業料金と出張料金が別に設定されていて料金がわかりにくいことがあるので、依頼する前に電話で確認しましょう。

パイプユニッシュを使わなくてもトイレの詰まりは直せる!

トイレ
毎日使うトイレなので詰まると生活がとても不便になってしまいますね。

『パイプユニッシュ』ではトイレの詰まりを直せませんでしたが、ラバーカップやバケツを使えば意外と簡単に直せますよ。

一度対応しておくことで、これからはトイレが詰まっても慌てずに対処できますね。