ふだん何気なく使っているトイレ。うっかりつまらせてしまうと、本当に困ってしまいますよね。

わらにもすがる思いで、排水口用の強力洗剤「ピーピースルー」を使えばどうにかしてくれるかも…と考えている人も多いはず。

そこで今回はピーピースルーでトイレのつまりが直せるのか、解消する方法をご紹介します。

「ピーピースルー」ってどんな洗剤?

ピーピースルー

「ピーピースルー」は、排水口や排水管の汚れを分解し、流れをよくすることを目的とした洗剤です。

水回りのプロも使う業務用の洗剤で、かなり強力なところに定評があります。一般的なパイプクリーナーとは、粉末状でツンとする臭いがあるところが異なる点です。

一度体験するとクセになるほどパワフルな洗剤ですよ。では、そんな強力な洗剤をトイレのつまりに使ってもよいものでしょうか?

ピーピースルーはトイレのつまりに効く?

トイレ 疑問 はてな ?

ピーピースルーは基本的にはキッチンやお風呂、洗面所などの「排水口」に使う洗剤。ボトルに書かれている通り、トイレのつまりには効果がありません

ピーピースルーの注意書き

その理由は大きく「汚れの種類の違う」ことと「洗剤が届かない」ことの2点です。

汚れの種類が違う

排水口の汚れを落とすためにつくられたピーピースルーが得意とするのは、「油脂の汚れ」「雑菌の汚れ」「タンパク質汚れ」など。

一方、トイレのつまりは「便などの排泄物」や「トイレットペーパー」などが原因です。これは洗剤を使って溶かすのは難しく、ピーピースルーでも太刀打ちできません

洗剤が届かない

トイレは排水口と異なり、常に多くの水がたまっています。つまってしまうとその量はさらに多くなります。

粉末のピーピースルーを流し入れても薄まってしまい、つまりの部分まで洗剤が届きません。届かせるにはかなりの量が必要になるので、洗剤を使って汚れを溶かすこと自体が向いていないんです。

ピーピースルーを使わずトイレのつまりを解消する|お湯を流す

お風呂の湯気

ピーピースルーを使わなくても、トイレのつまりは簡単に解消できることが多いんです。

特別な道具を使わなくても「お湯」さえあればつまりを解消できます。排泄物やトイレットペーパーであれば、お湯を流し込むことでふやけやすくなるんです。

やり方は簡単で「40〜50℃ほどのお湯をバケツいっぱい用意し、流し込む」だけ。すぐには流れなくても、時間をおけば徐々につまりがゆるんでつまりを解消できます。

熱湯を使うと便器自体を傷めてしまうので、温度には十分注意してくださいね。

ピーピースルーを使わずトイレのつまりを解消する|すっぽんで引き出す

スッポン(ラバーカップ)

お湯でもつまりが取れなければ「スッポン(ラバーカップ)」で物理的に詰まりを取り除くのが効果的。専用の道具を使えば、異物を流してしまったのでない限り、つまりは解消できます。

やり方は「ギュッと押し込んでから、引き上げる」。スッポンは引き上げる力が強いので、押し込むのではなく「引き上げて戻す」のがコツです。

つまっていたものが便器に戻ってきたら、少しずつ流れるように再度流したら完了です。これなら専門の業者を呼ばなくても、自分で対処できそうですね。

トイレにも使えるピーピースルーがある?

家 はてな どこ ?

もしかすると「トイレのつまりを解消するのに専門の業者がピーピースルーを使っている」という話を聞いたことがあるかもしれませんね。

実はピーピースルーにはプロ向けのさらに強力なバージョンがあります。緑色の「ピーピースルーK」というこの洗剤は、一般のピーピースルーよりもさらに強力で、トイレの詰まりも解消する力をもっています。

ただ、かなり強力な洗剤なので「医薬用外劇物」に指定されており、購入には記名と捺印が必要なほど。扱いもむずかしく家庭で扱うのは大変なので「ピーピースルー」はトイレの詰まりには使えないと考えましょう。

ピーピースルーはトイレではなく排水口の洗剤

シンク

超強力なピーピースルーは、困ったときに頼りにしたい心強い洗剤ですね。

ただ、強力な洗剤は「正しい使い方」があってこそ。ピーピースルーは排水口や排水管に使ってはじめて真価を発揮できる、とおぼえておきましょう。

トイレの詰まりはピーピースルーなどの強い洗剤を使わなくても解消できます。場所や用途にあわせた方法を知っておけば、つまりなどの急なトラブルにも余裕をもって対応できるようになりますよ。