二階の窓の掃除がたいへんで困ってはいませんか?水を使うときに、「下の階や周囲にはねないか気にしながら掃除して…」と考えるだけで面倒になってしまいますね。

今回は、そんな二階の窓でも簡単に掃除できる方法をご紹介します。足場のない場所でもキレイにする方法がありますよ。

二階の窓掃除は「道具選び」がポイント

窓の拭き掃除

「窓掃除」と考えるとどうしても水をいっぱい用意してじゃぶじゃぶと洗うようなイメージがありますね。

バケツに水をくむのは重くて移動がつらいし、こぼすと大変。足場のない場所についた窓はどうやって掃除しよう…と何かと制限が多くて、自由な掃除はできません。

なので、持ち物を最小限に収められるように「道具選び」から見直すのが大切になってきます。

具体的にどんな道具をそろえるのか次で見ていきましょう。

二階の窓掃除!基本の手順は?

網戸掃除 クイックル ウェットシート

必須
『クイックルワイパー』などのペーパーモップ
立体吸着ウェットシート
マイクロファイバークロス

足場がなくて掃除できそうもない場合でも、窓ガラスが開くなら、『クイックルワイパー』などの柄の長いアイテムを使えば室内から簡単に掃除できます。

『クイックルワイパー』などのペーパーモップは持ち運びもラクラク。軽いので手軽に取り組めますよ。

ウェットシートで拭く

ペーパーモップにウェットシートを装着し、窓を開けて柄を伸ばし、窓を拭く。

タオルを巻き付け、乾拭きする

ウェットシートを外し、マイクロファイバークロスを巻きつける。同じ方法で乾拭きすれば完了。

ペーパーモップが落ちないよう、紐などで室内の机などの重たいものと結びつけておくと、落下防止になりますよ。

二階の窓掃除におすすめのグッズ3選

窓 外 

二階の窓掃除ならではの悩みに「足場がなくて手が届かない」「窓が開かない(少ししか開かない)ので、手を伸ばせない…」というものがあります。

室内側から外に手を伸ばせばある程度はできますが、出窓などはむずかしく危険が伴うので避けたいところ。以下のような専用の掃除グッズを活用すると便利です。

『アズマ ガラスワイパー 窓・網戸楽絞りワイパーM』(アズマ工業)

長さ81cmのガラスワイパーです。窓だけでなく網戸掃除もこれ1本で済むのが嬉しいところ。ちょっと手の届かないところの窓掃除におすすめです。

『ガラスワイパー ジャンボ』(アズマ工業)

最大で4.6mまで伸ばせる伸縮タイプのスクイージーです。ワイパーの反対側はスポンジになっているので洗剤を含ませて雑巾と同じように使えるのが特徴。地上から伸ばして使います。

先端のワイパー部は外して使えるので、お部屋の窓掃除でも十分活用できるのがうれしいですね。

『両面ガラスクリーナー 』(アドフィールド)

部屋にいながら外側の窓も掃除できる便利グッズ。磁石の力で窓を挟み込み、両面を一気に掃除できます。

分厚い窓では磁石が効かないこともあるので事前によく確認しておきましょう。

2階以上は手が届かない…そんなときは家庭用窓拭きロボットがおすすめ

最近では、窓掃除に特化したロボット掃除機も販売されています。少々値ははりますが、あるととっても便利。

安全面もしっかり考えられており、落下防止の命綱や電源が落ちたときの予備バッテリーなどがついています。

専用のパッドを取り付け、窓に固定すれば準備は完了。あとは、人の代わりにロボットが窓をキレイにしてくれますよ。

二階の窓掃除は持ち手の長いガラスワイパーを上手に活用しよう

窓際の棚 リビング 日陰

何かと面倒なイメージのある二階部分の窓掃除。ですが、道具を工夫すればキレイにできます。

ただし、注意も必要。身を乗り出したり、むちゃな体勢で拭き掃除したりするのは危険です。二階の窓はムリのない範囲でキレイにしてあげてくださいね。