外壁に現れた緑色の汚れ。それは「苔(コケ)」かもしれませんよ。

雨風にさらされている家の外壁にコケが生えるのは珍しいことではありません。ただ、コケを放置していると外壁を劣化させてしまう危険があるので、見つけたら早めに取り除く必要があります。

今回は家の外壁にできたコケの落とし方についてくわしく説明します。

家の外壁にコケが生えるのはなぜ?

屋外の壁についた苔

コケはジメッとした湿気の多い場所を好む植物のようなもので、胞子を飛ばして繁殖します。川沿いや林のなかなどに多く生息していますね。

このコケから胞子が飛ばされると、風に乗って住宅地へ流れていき、そこで家の外壁にくっつきます。そして湿気を吸って成長を始め、どんどんと増殖していきます。

本来、家の外壁には苔がつかないように塗装されているのですが、年数が経ってその効果が薄れてくると、苔が定着しやすくなるんですね。古い家ほど苔が生えてくるのはこのためなんです。

外壁のなかでも風通しや日当たりの悪い場所は特にコケが発生しやすくなっています。

外壁のコケを放置するとどうなる?

箱 家

家の外壁にできたコケを放置していると、家の劣化を早める可能性があります。

コケが繁殖しているということは外壁の塗装が弱まっている証拠です。そこにコケが繁殖するとつねに湿った状態になり、外壁の内部まで水分がジワジワと入り込んでいきます。

これが進むと内部の木材などを腐らせ、破損するなどの被害を引き起こす恐れがあるんです。

外壁にコケを発見したらできるだけ早めに除去しましょう。

外壁のコケの取り方①|軽いコケはこすり洗いで落とす

お風呂 スポンジ 掃除

外壁にできた軽めのコケならお家にある「お風呂用のやわらかいスポンジ」と「お風呂用の洗剤」で落とせます。

水をかけて洗剤とスポンジでこすり洗いするだけなので、すぐに実践できますよ。

コケができた外壁に水をかける

ホースなどを使い、上から下へ外壁全体に水をかける。

スポンジと洗剤でコケをこする

コケだけを落とすつもりでやさしくこすり洗いする。力を入れすぎると外壁を傷つけてしまうので注意。

水で洗い流せば完了

洗剤が残らないようにしっかりとすすぐ。コケが残っていないかチェックして完了。

力を入れてこすると外壁が傷ついて塗装がさらに剥げてしまいます。そうなるとコケが再発しやすくなるので、力加減には注意してくださいね。

注意!

外壁のコケは、カビキラーやカビ取りハイターなどの塩素系漂白剤でも落とすことができます。

しかし、塩素系漂白剤はとても強力な洗剤なので、外壁の塗装まではがしたり、外壁を変色させたりする恐れがあります。外壁を長持ちさせるためにも塩素系漂白剤の使用はあまりおすすめしません。どうしても使うときはコケ部分にだけつけるようにして、取り除いたあとは塗装し直すことも検討しましょう。

外壁のコケのとり方②|頑固なコケには専用の洗剤を使う

外壁のコケがお風呂用の洗剤やスポンジでは落ちないときは、専用の洗剤を使いましょう。コケ取り用に作られた洗剤なので、外壁を傷つけずにコケだけをキレイにしてくれますよ。

『キエール コケ・カビ』

『キエール コケ・カビ』は、コケに吹きつけるだけでキレイにしてくれる洗剤です。コケが湿るくらいにたっぷりと吹きかけると徐々に効果を発揮し、早ければ次の日にはコケが消えてなくなっていますよ。

『アルタン 30 SECONDS ワンステップ・スプレー・クリーナー 』

コケにスプレーして放置するだけでコケを除去してくれます。再発防止効果もあるので、コケが生えやすい場所に使うことで掃除の手間も省くことができますよ。

外壁のコケはケルヒャーなどの高圧洗浄機で掃除できる?

高圧洗浄機

外壁のコケが広範囲に及ぶなら、ケルヒャーなどの高圧洗浄機で一気に落とす方法もあります。頑固なコケでも強力な水圧で完全除去できます。

しかし、高圧洗浄を使うとコケと一緒に表面の塗装まではがしてしまう可能性があります。塗装が剥げると外壁はかえって汚れやすくなり、コケも生えやすくなってしまうので注意が必要です。

高圧洗浄機を使ってコケを落とすのであれば、その後の塗装のケアも含めて検討してください。

高所にある外壁のコケはプロにお願いしよう

屋根 窓 外

コケは家の外壁にいたるところに発生します。もし2階3階といった高所の外壁や、手が届かない場所にコケができた場合は、自分で掃除しようとするととても危険です。高所にできたコケは無理せず、掃除のプロにお願いしましょう。

また、専用の洗剤を使っても落ちないコケ、家の外壁全体におよぶ広範囲なコケなども、自分で取ろうとするよりもプロに頼んだほうが安心です。

コケがひどくなっているということは塗装の効果も弱くなっている可能性があるので、プロに取り除いてもらったあと外壁が劣化していないかどうかのチェックをしてもらうと安心です。

外壁のコケを落としてお家をキレイに保とう

家 住宅 外壁

住み始めて数年も経てば、汚れてきたりコケが生えたりしてしまうことはよくあること。大事なのは、コケなどができたときにきちんとケアできるかどうかです。

コケをそのまま放置していると、外壁だけではなくお家の土台そのものまで被害を受けてしまうかも知れません。

コケができたということは外壁やお家自体が傷んできているのかもしれません。コケをしっかりと取り除くだけではなく、お家自体のメンテナンスを考えてみる機会にしてくださいね。