家の外壁にできた汚れ、もしかしたらカビかも知れませんよ。

外壁にカビなんて生えるの?と驚く人もいると思いますが、日当たりが悪い場所や風通しの悪い場所などにはカビが発生するのはよくあることなんです。

そこで今回は家の外壁にできたカビの落とし方について説明します。

家の外壁にカビが生える原因は?

白カビ

湿気の多い室内ならわかるけど、屋外の壁にもカビが生えるなんて考えてなかった人もいると思います。

しかし、カビはエサとなる汚れがあって、湿度が高い場所ならどこにでも現れます。屋外の壁であっても汚れていて、湿度が高くなっているところはカビが繁殖するんですよ。

外壁は表面がデコボコしていて、そこにホコリや砂、排気ガスといった汚れが付着します。そして、日当たりや風通しが悪い場所は雨が降ったあとなどジメジメと湿った状態が続くのでカビが繁殖してしまうのです。

外壁は本来、汚れがつきにくい塗装がされているのでカビは簡単には生えません。しかし、年数の経過とともに塗装の効果が弱まり、カビなどが定着するようになってしまうのです。

外壁のカビを放置するとどうなる?

家型のクエスチョン ? はてな

カビを放置しているとどんどん増殖し、深く根を張って、簡単には落ちない汚れになってしまいますよ。家の見た目が悪くなるだけではなく、その後の掃除の手間も考えると、できるだけ早めに除去することが大切です。

また、外壁にカビができているということは、塗装の効果が弱まっている可能性が高いといえます。そこから雨水や汚れが壁の内部まで入り込むと、中の木材を腐らせるなど土台まで悪影響をおよぼす恐れもあります。

家を長持ちさせるためにも外壁にできたカビは早めに対処しましょう。

外壁のカビの落とし方は?カビ取り剤は使える?

カビハイターをかけるのはNG

外壁にできたカビには、水回りで使うカビキラーやカビ取りハイターなどのカビ取り剤を使えないかと考えますよね。

しかし、塩素系漂白剤はとても強力な洗剤なので、外壁の塗装まではがしたり、外壁を変色させたりする恐れがあります。外壁を長持ちさせるためにもカビキラーやカビ取りハイターといった室内用のカビ取り剤を使うのはおすすめできません。

どうしても使うときは、カビ取り剤を雑巾などに取ってカビの部分だけにつけるようにしてください。その後しっかりと水で洗い流すことです。塗装が剥がれてしまうとカビが再発しやすくなるので、塗装し直すことも検討しましょう。

外壁のカビの落とし方①|軽いコケはこすり洗いで落とす

お風呂 スポンジ 掃除

できて間もないカビであれば「お風呂用のやわらかいスポンジ」と「お風呂用の洗剤」で落としましょう。

水をかけて洗剤とスポンジでこすり洗いすればキレイに落とせます。

カビができた外壁に水をかける

ホースなどを使い、上から下へ外壁全体に水をかける。

カビに洗剤をかけてこする

カビだけを落とすつもりでやさしくこする。力を入れすぎると外壁を傷つけてしまうので注意。

水で洗い流せば完了

洗剤が残らないようにしっかりとすすぐ。カビが残っていないかチェックして完了。

外壁は塗装が剥がれやすいので、力加減には注意してくださいね。

外壁のカビの落とし方②|頑固なコケには専用の洗剤を使う

外壁のカビがただのこすり洗いでは落ちないときは、専用の洗剤を使ってください。外壁特有の汚れに対応しているので、外壁を傷つけずにカビだけを除去できますよ。

『キエール コケ・カビ』

『キエール コケ・カビ』は、外壁のカビに吹きつけるだけで除去できる洗剤です。外壁が湿るくらいたっぷりと吹きかけると徐々に効果を発揮します。

『アルタン 30 SECONDS ワンステップ・スプレー・クリーナー 』

カビにスプレーして放置しておけば跡形もなくキレイにしてくれます。再発防止効果もあるので、カビが生えやすいところに使っておくと掃除の手間も省けます。

外壁のカビはケルヒャーなどの高圧洗浄機で掃除してもいい?

高圧洗浄機

外壁全面にカビができてしまっているなら、ケルヒャーなどの高圧洗浄機を使う方法もあります。強力な水圧で、頑固なカビも吹き飛ばすことができます。

しかし、高圧洗浄は力が強いため、カビと一緒に塗装まで剥がすことがあるといわれています。塗装が剥がれるとさらに汚れやすくなり、カビも生えやすくなってしまいます。

高圧洗浄機を使ってカビ取りをするなら、その後に塗装を塗り直すこともあわせて検討してください。

外壁のカビを予防するには?

窓 外 

外壁にカビができるのを予防するためにできることはいくつかあります。まずはできることから始めてみましょう。

日当たりや風通りをよくする

壁の前や周囲に物を置きすぎていると、日が当たらなくなり、風の通りも悪くなります。すると湿気がとどまってカビにとって都合のよい環境ができあがります。

定期的に掃除をする

汚れをためておくのもよくないので、カビが生えやすい場所は定期的に掃除をしましょう。水で洗い流し、軽くこすり洗いしておけばカビは生えにくくなりますよ。

防カビ塗装をする

カビが常に生えやすい壁は、防カビ効果のある塗装をしてしまうのが一番の予防になります。お金はかかりますがカビに悩まされずにすみますよ。

外壁のカビを防いでおうちを清潔に保つ

数年経てば家の外壁も古くなってきます。塗装の効果が弱まるのは仕方のないこと。

カビが生えたということは塗装が剥がれてきた証拠ともいえるので、ぜひ外壁の健康状態を見直す機会にしてください。外壁をしっかりとケアできていればお家も丈夫に長持ちしますよ。