フローリングや床にはいろいろな汚れがつき、その汚れによって使う洗剤や道具にも一工夫必要です。放っておくとガンコな黒ずみになってやっかいなので、早めに取り除きましょう。

今回はフローリングや床の汚れ別の対処方法についてご説明します。

フローリングや床が汚れる原因は?

どこ はてな 汚れ

フローリングや床につく汚れの種類はさまざまあります。

裸足で生活していれば足裏の皮脂がつきますし、キッチンの近くなら油や水滴、ダイニングなら食べこぼしなど、場所ごとに数え上げたらきりがありませんね。窓際や寝室のフローリングなら湿気や結露でカビが発生することもあります。

フローリングや床はいろいろな汚れにさらされているので、こまめに掃除してあげたい場所です。

フローリングや床の汚れ落としに使う道具

フローリング掃除に使う道具

用意するもの
基本の掃除道具
『かんたんマイペット』などの住居用洗剤
『パストリーゼ』などのアルコール除菌スプレー
『クイックルワイパー』などのペーパーモップ
掃除機
いらない布
あると便利
『キュキュット』などの食器用中性洗剤

フローリングや床は、『クイックルワイパー』などのペーパーモップで大きな汚れを取り、掃除機で細かな汚れを吸い取って掃除するのが基本です。最後に水拭きまですれば、ほとんどの汚れは落ちます。

ただ、油汚れのように落ちにくいものもあるので、汚れに合わせた道具を使うことが大切ですよ。

次からは、それぞれの汚れにあわせた対処方法をご紹介します。

フローリングや床の汚れ別対処法は?

汚れによってはひどくなってくると、水拭きまでしても落ちないことがあります。その場合は以下の方法で対処してください。

【汚れ①】皮脂による黒ずみ汚れ

フローリングの皮脂汚れ

1日でコップ1杯分の汗をかくともいわれる足の裏。夏場などはとくに皮脂汚れがつきやすくなります。

皮脂汚れがひどくなると黒ずんだ汚れになってくるので、水拭きで落ちないときは『かんたんマイペット』などの住居用アルカリ性洗剤を吹きかけましょう。乾いた雑巾で拭き取ればキレイに落とせます。

【汚れ②】油汚れ

油汚れ

キッチン周りのフローリングや床には油汚れがついています。皮脂汚れと同じように、住居用の洗剤でも落ちますが、頑固な油汚れには『キュキュット』などの食器用中性洗剤を使ってみましょう

汚れに直接かけるのではなく、雑巾などに数滴つけて油汚れ部分だけをこすり落とします。汚れが落ちたら水拭きをして洗剤を拭き取ってくださいね。

【汚れ③】カビ

カビ

『パストリーゼ』などのアルコール除菌スプレーを吹きかけて残さず拭き取ります。それでもダメな場合は、フローリングのワックスやニスを剥離剤を使ってはがしてから、拭き取る必要があります。

『カビキラー』などの漂白剤を使いたくなりますが、素材を傷めたり、色落ちさせたりする可能性があるので使うのは避けた方が無難です。

【汚れ④】ワックスの劣化

フローリング床のワックスを剥がす

廊下など、よく歩く場所が黒ずんでいる場合はワックスが劣化して汚れている可能性もあります。住居用中性洗剤で拭き取ったあと、ワックスがけをしておくとツヤが戻ります。

最近では『クイックルワイパー』のシートにワックス効果を持たせたものもあるので、簡単にワックスがけができますよ。

掃除のギモン

エコなわざあり

フローリングや床の汚れに「重曹」は使っちゃダメ?

おうちにまつわるギモン

フローリングや床の汚れの主な原因である皮脂汚れと油汚れは、どちらも酸性の汚れです。そのため、アルカリ性の自然由来のお掃除アイテム「重曹」が使えそうですね。

しかし、重曹を使ってフローリングの掃除をすると、コーティングしているワックスをはがしてしまう可能性があります

汚れと一緒にワックスがはがれると、その後汚れやすくなってしまうため、フローリング掃除に重曹を使うのは控えたほうが無難ですよ。

フローリングや床は汚れにあわせた掃除法でいつもキレイに

リビングルーム

生活していれば、どうしてもフローリングは汚れてしまいます。

ただ、どんな汚れもついてすぐに拭き取っていればひどい汚れになることはありません

普段からペーパーモップや掃除機で掃除しながら、油汚れなどがついたらその場ですぐにウェットティッシュで拭き取るなどを心がけることが大切です。

汚れがひどくなる前に掃除するようにして、それでも落ちないときには汚れにあった対処法でキレイにしてあげてください。