食事の後片付けをぐっと楽にしてくれる食洗機。ヘビーに使っていおうちも多いと思いますが、だんだん臭いがでてきて困っていませんか?

食洗機から臭いが出ていると食器もキレイになった気がしませんね。ここで紹介するやり方で食洗機の臭いをスッキリ解消してみましょう。

食洗機が臭いのはどうして?

食洗機
食洗機の臭いは「食器についていた生ゴミや洗剤の溶け残り」が原因です。食器の汚れが流れ込むので生ゴミの細かいカスが蓄積されているほか、油汚れと洗剤が合わさった溶け残りもたまっていきます。

生ゴミや洗剤の溶け残りは雑菌の格好のエサ。時間がたつと腐敗し、排水口のような臭いを発するようになってきます。

一見キレイに見えても、底の方に汚れがたまっていたり、こまごました隙間に油汚れが入り込んでいたりするのでまずは食洗機のなかをよく確認してみましょう。

食洗機の臭いを取る方法は?

スポンジ、掃除道具
用意するもの
必須
『キュキュット』などの食器用洗剤
スポンジ
あると便利
歯ブラシ
アルコール除菌スプレー

食洗機の臭いを取るには、ふだんの皿洗いとおなじように「食器用の洗剤」と「スポンジ」があればできます。

食洗機の水流では落としきれなかった汚れが隅に入り込んでいるので、しっかりこすり落としましょう。

食洗機の臭いを取る手順

生ゴミを取る

底にあるフィルターを外し、たまっている生ゴミを捨てる。

フィルターを洗う

洗剤とスポンジを使ってフィルターをこすり洗いする。細かな汚れには歯ブラシを使うと便利。

庫内を掃除する

庫内にも汚れがたまっているのでスポンジでこすり落とす。アルコールスプレーを使うと除菌するのも簡単に。

フィルターを戻して空洗いする

洗剤は特に入れる必要はない。すすぎのために空洗いしたら完了。

食洗機の臭いがうまく取れないときは?

基本的には庫内を掃除すれば臭いは解消されます。ただ、汚れがひどくこびりついていると臭いもなかなかうまく取れません。

そんなガンコな汚れを落とすには市販の食洗機専用の洗剤を使うのが便利です。いくつかご紹介するので、どうしても臭いが取れないときに試してみてください。

『食器洗い機徹底洗浄中』(小林製薬)

食洗機の除菌やぬめりとりができる庫内クリーナーです。爽やかなオレンジの香りで、イヤな臭いをスッキリ消してくれますよ。

『庫内クリーナー』(パナソニック)

食洗機メーカーのパナソニックが開発した庫内クリーナーです。メーカー純正のものであれば汚れ落ちの効果はお墨付き。取れなかったくすんだ汚れや臭いもこれを使えばスッキリきれいに落とせますよ。

『緑の魔女』(ミマスクリーンケア)

臭いとりに普段使いの洗剤を変えてみる方法も。この『緑の魔女』は食洗機用の洗剤で、庫内の除菌作用やパイプの汚れを落とす力をもっています。毎回の食器洗いに使えば少しずつ臭いを解消できますよ。

食洗機の臭いを予防するには?

注意 ポイント コツ
食洗機の臭いを防ぐには、ふだんからできることも多くあります。「汚れを出さない・残さない」が臭い予防の基本的な考え方

次の工夫で臭いや汚れを残さずいつもキレイな食洗機を保てますよ。

ゴミは毎回取る

臭いの一番の原因である生ゴミは使ったあとに毎回取り除きましょう。できれば軽く水洗いできるといいですが、とりあえずはゴミを捨てるだけで十分です。

ひどい汚れは下洗いする

油汚れが多すぎると洗剤でも分解しきれず、ベトベトの汚れが底にたまってしまいます。カレーなど油を多く含む食事をしたあとは、軽く下洗いをして大まかな汚れを落とすようにしましょう。

洗剤は適量を使う

洗剤を多く入れると洗浄力がアップしそうですが、必要以上の洗剤は溶け残りがおきて石鹸カスに変わります。表示通りの量を守って入れることが食洗機の臭いを防ぐコツですよ。

庫内を乾燥させる

洗い上がった食器を取り出したら、庫内も乾燥させるため開け放っておきましょう。中に湿気をためないことで、雑菌などが広がるのをおさえられますよ。

食洗機の臭いは月に1度の掃除で防ぐ

食器棚 キッチン
食洗機から臭いがしてくると食器がきちんと洗えているのか不安になってしまいますね。

上で紹介した方法で庫内を月に1回ほど洗えれば、汚れがたまって臭いが出てくることはかなり防げます。

予防のための掃除ができれば、イヤな臭いに悩まされることはなくなりますよ。