空気が乾燥する冬の季節に大活躍の「加湿器」。ただ、水を入れる容器の部分がよく汚れるので、1シーズンのなかでできるだけ掃除の手間を減らしたいなぁと思いますよね。

そこで今回は、加湿器を簡単に掃除する方法と掃除しやすい商品をいくつかまとめてご紹介します。

加湿器にできる汚れは2種類ある!

疑問 ? はてな

加湿器は「ぬめり」と「水垢」の2種類の汚れがつくので、それぞれ掃除方法がちがいます。

面倒に感じるかもしれませんが、どちらの汚れも特別な道具は必要なく、簡単にキレイにできますよ。

加湿器が不衛生だと、汚れた蒸気が部屋中に充満するので、これから紹介する方法で掃除してあげてくださいね。

加湿器のぬめり掃除は使い捨てのキッチンペーパーが簡単!

掃除 水洗い
用意するもの
必須
キッチンペーパー
あると便利
歯ブラシ
『パストリーゼ』などのアルコール除菌スプレー

加湿器についたピンク色のヌルヌルする汚れは、簡単に落ちる汚れなので、掃除方法自体は大変ではありませんよ。ただ、雑菌が含まれているので、使い捨てができる「キッチンペーパー」を使って掃除すると手間が省けます。

あとは、部品類を外して次の手順で水洗いしましょう。加湿器はメーカーによって部品が違うので、どこまで外せるのか説明書などで事前に確認しておくと安心です。

外せる部品を取る

電源を切ってタンクやフィルター、トレイなどの部品を取り外す。

水洗いする

流水ですすいでヌルヌルを湿らせる。

こすり洗い

キッチンペーパーで拭き取る。隅っこは歯ブラシなどでこする。て水気をキレイに拭き取る。

乾燥させて取り付け

キッチンペーパーで乾拭きして少し乾燥させ、乾いたあとに取り付ければ完了。

取り外せないものは、濡れたキッチンペーパーで拭けば汚れを落とせます。乾拭き前の仕上げで『パストリーゼ』などのアルコール除菌スプレーをかけておくと除菌ができて、汚れの発生を抑えることができますよ。

加湿器にできた「水垢」を簡単に落とすには?

クエン酸

加湿器のフィルターなどによくできる白くくすんだ汚れは「水垢」です。どんどん積み重なってこびりつくと、フィルターの働きを弱めてしまうので、目立つくらいになっていれば掃除が必要です。

掃除に使うのはクエン酸だけ。掃除に時間がかかるものの、作業自体はとても簡単なので、ぜひ取り組んでみてください。

シンクにクエン酸水をためる

シンクに栓をして水を溜め、水1Lに対してクエン酸大さじ1杯を混ぜる。

汚れた部品をつけ込む

フィルターなど水垢が目立つ部品をつけ、3時間ほど待つ。

水洗いする

水垢がふやけているので、ブラシなどでこすりながらよくすすぐ。

取り付け

水分を切り、元に戻せば完了。

つけ置きでクエン酸をゆっくり浸透させるのがポイント。つけているあいだは何もする必要はありません。

掃除が簡単な加湿器に変えてみては?

加湿器の掃除は「分解して水洗い」が基本ですが、それほど難しいことはありません。ただ、こまごましたパーツが多いと掃除のたびに面倒に感じるものです。

そこで、掃除が面倒に感じたら、掃除の手間が少ない最新機種に買い替えるのも一つの方法ですよ。

『EE-RN35-WA』(象印)

EE-RN35-WA

出典:楽天

象印のスチーム式の加湿器は、容器の口が広い設計なので中まで拭き掃除するのが簡単。フィルターもないので掃除のパーツが少ないのが特徴です。

月に1回ほどクエン酸で掃除するだけで清潔な状態を保てますよ。

『FE-KFS05-W』(パナソニック)

パナソニックからも、お手入れが楽なモデルが販売されています。加湿器から出るイオンの力でフィルターが除菌され、キレイな状態が長続きします。月に1回水でサッと洗うだけで大丈夫。

『HV-J30』(シャープ)

HV-J30

出典:楽天

お手入れカンタン設計が魅力の、シャープのコンパクト加湿器。パーツもタンクやトレイ、蒸気の吹き出し口など、細かく分解できるのですみずみまで掃除できます。お手軽Ag+イオンカートリッジで、給水タンク内の水もきれいに保てますよ。

加湿器は簡単に水洗いするだけでも効果がある!

加湿器

加湿器は限られたシーズンしか使わないのでどうしても掃除を後回しにしがち。

しかし、ほとんどが水洗いだけキレイになります。水をつぎ足すついでにサッと洗い流すだけで、汚れ予防できますよ。

加湿器がキレイになるとお部屋の空気まで澄んで、快適な空間に感じられますよ。