毎日何気なく使っているドライヤー。ふと見ると空気の吸い込み口にほこりがたまっているなんてことはありませんか?見た目に悪いだけではなく、放っておくと引火する危険性もあるんです。

今回はドライヤーにたまったホコリの取り方など、掃除方法をご紹介します。

ドライヤーの掃除に使う道具は?

ドライヤーのホコリ取りに使う道具
用意するもの
必須
歯ブラシ(綿棒でも可)
雑巾(いらない布)
あると便利
アルコール除菌スプレー

ドライヤーの汚れはほとんどがホコリ。後ろから空気を吸い込んで吹き出す仕組みになっているので、吸い込んだホコリが網目につまります。

特別な洗剤などは必要ありませんが、網目の入り組んだ部分の掃除が難しいので、歯ブラシや綿棒など細かい場所を掃除できるアイテムを活用しましょう。

ドライヤーのホコリの取り方は?

ドライヤーの収納
掃除の手順は次のとおりです。5分ほどで終わるのでさっそく試してみてくださいね。

ドライヤーのコンセントを抜く

掃除するときは必ず電源を切り、コンセントを抜く。ホコリが落ちるので、ゴミ箱の上か新聞紙を敷いて掃除すると後始末がかんたん。

後ろの吸込口を歯ブラシでこする

少し湿らせた歯ブラシや綿棒で、吸込口の網を円を描くようにこする。ホコリが中に落ちないように吸込口を下向きにもったままこするのがポイント。

吹き出し口を歯ブラシでこする

今度は風が出てくる吹き出し口も同じように湿らせた歯ブラシか綿棒で掃除。カバーを取り外して、網目が見えるようにしてから掃除する。

本体を水拭きする

ドライヤー本体は水拭きするだけでキレイになる。汚れが気になるときはアルコール除菌スプレーを吹きつけてから拭き取るとピカピカに。

ドライヤーはホコリが溜まりやすいもの

ホコリ
ドライヤーは毎日使っていれば、吸い込んだ空気中のホコリがたまっていくのは仕方ありません。

しかし、ホコリを取らないでいると、日々のホコリが積み重なり、風の力でどんどん押さえつけられて取りにくくなります

ドライヤーを掃除する手間を省くためにも、普段の洗面所の掃除のときにドライヤーのホコリも取っておくのがおすすめです。

掃除機やハンディモップで吸い込み口のホコリをサッと取るだけで十分。これで、ドライヤーのつまりも気にならなくなりますよ。

ドライヤーの掃除と手入れで長持ちさせよう

洗面台とドライヤー
ホコリがたまっていると、風を送り出すのに余計にパワーがかかりますし、故障の原因にもなりかねません。

こまめにホコリを取っておくと、ドライヤーの寿命も長くなります

普段からこまめにホコリを取っていれば、歯ブラシなどでホコリを落とす必要もなくなります。こまめに掃除ができないときは月に1回くらいは汚れをチェックしてお手入れしましょう。

ドライヤーがキレイになっていると、髪を乾かすときにも気分がいいものです。しっかりとお手入れして、毎日気持ちよくドライヤーを使ってくださいね。