重曹は掃除でなにかと便利なアイテム。油汚れもサラッと落としてくれたり、皮脂汚れを分解して消臭してくれたりするので、「雑菌もキレイになっている」ような気がしますよね。

でも、実際のところどうなのでしょうか?今回は重曹の殺菌効果についてご説明します。

重曹で殺菌できるの?

クエスチョン ? はてな

重曹は油汚れや皮脂汚れをキレイに落とせることから「菌を殺してくれているのかな?」と思ってしまいますが、実は殺菌するほどの強い力はありません

重曹は水に溶かすと「アルカリ性」の性質を持ちますが、そのアルカリ度を指すpH(ペーハー)という数値で見ると8前後。水道水など、ほとんど何の特性もない「中性」の性質はpHが6〜8なので、ほとんど中性といってもいいくらいの弱アルカリ性なんです。

殺菌に使えるほどのアルカリ性の目安は12〜13以上と言われているので、菌を退治する効果はほとんどありません。

重曹は殺菌ではなく「静菌」ならできる!

キレイな三角コーナー

重曹には殺菌効果はありませんが、菌の繁殖を抑える「静菌効果(あるいは、静菌作用)」があります

静菌効果とは、字のごとく細菌の動きを静めて増殖を抑える効果のこと。

三角コーナーやゴミ箱など、雑菌が繁殖して汚れてくる場所に事前に重曹をふりかけておくと、汚れを防止できるのはこのためです。生ゴミの腐敗が遅くなって、イヤなニオイも出にくくなります。

「事前にかけておく」が習慣づけば、殺菌が必要な掃除の回数もぐっと減らせますよ。

重曹以外で殺菌する方法は何がある?

スプレーで消毒

殺菌をしたい人にとっては、重曹以外に何か方法がないのか知りたいですよね。ここではいくつか身近なもので殺菌する方法をご紹介します。

熱湯を使う

熱に耐えられる素材であれば一番手っ取り早いのが「熱湯消毒」です。菌が気になる場所に沸騰したお湯をかけるだけ。水しか使わないのでヤケドに注意すればあとは安全です。

熱湯をかけると変形や傷みが起きそうなものなら、60度ほどのお湯で10分ほど浸けておく方法でも大丈夫。これなら素材をダメージから守りながら効果的に殺菌できますよ。

アルコールを使う

熱に弱い素材であったり、木や石といった建物に使われるデリケートな素材にはアルコールを使った消毒がおすすめです。アルコールは手指の消毒などでも使われる安全性の高い消毒方法。

すぐに蒸発して何も残らないので気軽に使え、拭き掃除の洗剤代わりに使って布巾で拭くとカビ予防などに効果的です。

塩素系漂白剤を使う

水回りなどにおすすめなのが『カビキラー』などの塩素系漂白剤を使った方法です。塩素を使っているので殺菌力は高い反面、肌にふれないようにしたり、他の洗剤と混ざらないようにしたり注意が必要です。

強い匂いがあるので、苦手な人は換気しながら使ってくださいね。

殺菌したいなら重曹以外のものを使おう!

拭き掃除 キッチン

掃除に重宝すると聞く重曹ですが、水に溶かしても粉のままでも殺菌作用は持っていません。あるのは静菌作用だけ。

なので、菌が繁殖しているようなら、別の掃除方法を試しましょう。

重曹の静菌作用を活かせば、日々の汚れがつきにくくなるので、「菌が増えるまでの予防に便利」と覚えておきましょう。