浴槽の掃除はどれくらいの頻度でしていますか?キレイだと思っていても、皮脂や汗、湯垢などがついてすぐに汚れてしまうので、こまめな掃除が欠かせません。

でも、「全部を毎日キレイにするのは大変…」「どこからどこまでキレイにすればいいの?」と疑問に思うママは多いですよね。

そこで今回は、浴槽掃除の範囲や頻度、具体的な方法などをご紹介します。

浴槽(バスタブ)はどこをどれくらいの頻度で掃除するといい?

風呂の浴槽を掃除する場所
お風呂の浴槽は頻繁に掃除するイメージがありますよね。

でも、実はこまかく見ていくと次のたった4ヶ所を掃除すればいいだけなんです。

① 浴槽の内側
② 風呂釜の循環口
③ 排水口やゴム栓
④ 浴槽の外側(エプロン)
 

すべてをつねにキレイに保つのは大変なので、それぞれで掃除の頻度に差をつけるとラクにキレイな状態を保てますよ。

毎日掃除が必要なのは①だけ。②や③は週1〜月1回できれば十分です。そして、年に1回の大掃除のタイミングで④をキレイにしましょう。

毎日の浴槽(バスタブ)掃除の方法は?

お風呂浴槽に洗剤を吹きかける
浴槽を掃除する手順は次のとおりです。面倒なものではないので、ササッとキレイにしてあげましょう。

浴槽にざっとお湯をかける

髪の毛や汚れを洗い流すためにシャワーで浴槽全体を流す。こびりついた汚れも落としやすくなる。

中性洗剤とスポンジでこすり洗う

『バスマジックリン』などの洗剤を吹きつけてこする。とくに隅や水位線のあたりは汚れがたまりやすいので注意。汚れの少ない「浴槽の外側→内側→底」の順にすすめると効率的。

細かい部分は歯ブラシでこする

浴槽の外側にあるゴムパッキンなど、スポンジで掃除しづらい場所は使い古した歯ブラシでこする。汚れがなければ掃除しなくてもOK。

水で洗い流す

最後にシャワーで洗剤の泡をしっかりすすいで完了。洗剤が残ると色素沈着などで変色につながるので気をつけましょう。

「毎日1分の掃除」を習慣づけるだけで、お風呂の汚れが目立たなくなりますよ。さらに体を拭いたバスタオルで簡単に壁などを拭けばカビ対策にもつながります。

ワンポイント!
掃除は「入浴後すぐ」のタイミングがおすすめ。お湯をぬいた直後なら汚れが浮きやすいので、軽い力で簡単にキレイにできます。

週1回〜月1回の浴槽(バスタブ)掃除ではここもキレイにしよう!

週末など時間があるときには、ふだんより少しだけていねいに掃除してあげましょう。

風呂釜の循環口

風呂釜
風呂釜の循環口は左右に回せば外せます。週に1回外して中側まで洗ってあげましょう。

取り外したカバーの汚れがひどい場合は、ビニール袋に入れて『カビキラー』などのカビ取り剤をかけ口をしばり、袋の上から揉み洗いします。

また、1ヶ月に1回は『ジャバ』や市販の酸素系漂白剤などを使って風呂釜の奥まで掃除をすると清潔な状態をキープできますよ。

排水口やゴム栓

排水口
排水口や栓も週に1度ブラシでこすり洗いしましょう。細かい溝がたくさんあるので小さなブラシで目の奥までしっかりこすってくださいね。

髪の毛がつまっている場合は、袋の上からつまんで取り除き、『パイプユニッシュ』などのクリーナーをかけると排水管のなかまでキレイにできます。

年に1回の浴槽(バスタブ)掃除でカビ知らずの浴室に!

浴槽のエプロンの掃除
浴槽の「エプロン」とは、側面についているカバーのことです。新しいおうちならしっかり防水加工されていますが、なかには取り外せてなかを掃除できるようになっているものもありあます。

お湯が流れ込んで湿気がたまり、カビが生えることがあるので1年に1回は掃除するのがおすすめです。

エプロンを外す

取扱説明書にしたがってエプロンを外す。外し方は型によって違うので注意。

エプロンを置く

立てて置くと倒れて危険なので、裏面を上にして浴室内に寝かせる。

エプロンに漂白剤をかける

漂白剤をまんべんなくスプレーし、数分待ってお湯で流す。

細かな汚れを落とす

漂白剤で取り切れなかった汚れを歯ブラシでこすり落とす。

エプロンをとりつける

浴室乾燥でよく乾かし、エプロンをもどして完了。

覚えておきたい

エコなわざあり

浴室乾燥を使うと浴槽(バスタブ)は汚れやすい!

浴室乾燥
換気扇に乾燥機能までついているおうちだと、浴室で洗濯物を乾かすこともあると思います。

こういった通常の使い方と別の使い方をすると、洋服につく細かい繊維が落ちたり、湿度が高まってカビが生えやすくなったり、汚れもつきやすくなるものです。

浴室乾燥を使ったあとは、少しだけ念入り掃除を心がけてみて下さいね。

浴槽(バスタブ)掃除におすすめの洗剤やグッズは?

浴槽の掃除におすすめの掃除グッズがたくさん販売されているので、ここでいくつかご紹介します。手間な掃除も道具を工夫すればラクに楽しく掃除できるかもしれませんよ。

『激落ち バスクリーナー マイクロ&ネット』(レック)

表面は繊維のこまかいマイクロファイバー、裏面は目の粗いポリエステルネット、1つで2役こなす便利なスポンジ。泡立ちがよく、掃除していて気持ちよくなるグッズですよ。

『スコッチブライト おふろスポンジ』(3M)

持ち手がついたブラシで、かがまずに掃除できます。汚れ落ちがいい上、持ち手が伸び縮みするので天井や壁の掃除にも使えます。

『スクラビングバブル ジャバ』(ジョンソン)

浴槽の追いだき用配管には雑菌がいっぱい。ここの掃除は専用のグッズを使いましょう。使い方は簡単なので、定期的に掃除してあげると、毎日キレイなお湯に浸かれます。

浴槽(バスタブ)を掃除して毎日のバスタイムを快適に

風呂釜
毎日使うお風呂だからこそ、いつもキレイにしておきたいものです。

「お風呂掃除」と聞くと面倒なイメージが先行しますが、お風呂上がりに1分程度で浴槽を掃除するだけでも、キレイなお風呂をキープできます

それ以外の部分は一気に汚れるわけではないので、定期的にしっかり掃除してあげてください。

毎日の掃除とそれ以外の掃除を組み合わせて、いつもキレイなお風呂を気持ちよく使いましょう。