寝室は誰にも見られないプライベートなスペースですが、長い時間を過ごすので収納もおしゃれにしたいもの。インテリアも自分仕様にアレンジしてお気に入りの空間にしたいですよね。

そこで今回は、寝室の収納方法とおしゃれに見せるアイデアをいくつかご紹介します。

寝室の収納は用途で考えよう

アイデア
1日の3分の1を過ごすと言われる寝室。長い時間を過ごす場所なので収納も快適にしたいですね。

収納を使い勝手よくするには、まずどんな使い方をしているか振り返っておきましょう。

寝室は寝るだけの部屋ではなく、着替えのスペースとして使っていたり、趣味のコレクションを鑑賞したりといろんな用途に使われているはずです。

ここでは一般的な「寝る空間」「着替える空間」としての寝室収納の考え方にしぼってご紹介します。

寝室収納のコツ!眠る支度を楽にする工夫は?

寝室
「そろそろ寝よう…」というときでも、スマホを充電したり、メガネを置いたり、読み残した本を読んだりとなにかと準備がありますね。そんなときは、ベッド脇に収納場所をつくるのが便利です。

2つの方法で収納場所をつくれるので、それぞれ確認してみましょう。

サイドテーブルを使う

サイドテーブルはベッドの脇に置く収納アイテム。メガネやスマホなど明日も使う小物の置き場所にぴったりです。

コンセントから電源を取っておけばテーブルランプが置けるし、充電するのも楽になりますね。子供と一緒に寝ているおうちでは絵本を1冊置けるものを選んでおくと安心ですね。

壁面収納をつくる

サイドテーブルを置くほどの十分なスペースがなくても、壁面収納を活用すればおしゃれに収納場所を増やせます。

寝転がったときの頭の上に取り付けておけば小物の収納は十分にできますよ。無印良品などでも売られているものなら取りつけもかんたんです。

寝室の収納を使いやすくするアイデアは?

寝室のクローゼット
毎朝はの支度はバタバタとして収納のことなんか気にかけていられない、というおうちも多いもの。クローゼットから出したけど着なかった洋服や脱いだままのパジャマなどでベッドの上が散乱していることもありますよね。

これは、とりあえずの置き場をつくることで解消します。

脱いだパジャマなどが散らかってしまうのは、置き場所がないから。まとめておいてすぐに洗濯できるようにカゴを用意しましょう。家族のパジャマがひとまとまりになっていれば洗濯もかんたんです。

寝室の収納に便利なグッズはある?

寝室を使い勝手よくするには便利グッズの活用が不可欠。使い方や寝室の大きさに応じて選んでみてくださいね。

『サイド テーブル』(不二貿易)

スッキリとしたデザインのサイドテーブルです。ベッド脇に置くのにちょうどいいサイズで、5色展開とデザインも豊富。寝室のインテリアに合うように決められるのがうれしいですね。

『PRXルームケース』(天馬)

寝室に衣装ケースを置いてパジャマをいれれば、クローゼット内のスペースを温存しながら着替えもスムーズにできますよ。クローゼットに服があふれているならケースを用意してみましょう。

『ランドリーボックス』(不二貿易)

パジャマをとりあえず入れておくにはランドリーボックスがおすすめ。口が広くできているので急いでいるときも投げ入れるだけでOKです。

覚えておきたい

エコなわざあり

寝室の化粧台の収納はどうする?

化粧台
寝室のなかに化粧台があるおうちもありますね。毎日のお化粧をばたばたとするあまり、化粧品が散らかっている人もいると思います。

収納のコツはポーチやケースを使ってまとめておくこと。100均のアイテムでも収納を便利にするものがたくさん売られているのでチェックしてみてくださいね。

寝室の収納を工夫してお気に入りの空間にしよう

寝室
寝室を使っている上で不便が出てくることは少ないですが、収納をすこし工夫するだけで、普段は目をそむけていた困り事を解決できます。

収納をうまく決めておくと片付けも簡単になります。キレイに保つのがぐっと楽になりますよ。