押入れ内を使いやすくスッキリ収納するかに頭を悩ませているママは多いと思います。なかでもかさばって1番場所を取る「布団」をどうするかは大きな問題。めったに使わない来客用などの布団はどうしたものでしょうか。

今回は、そんな長期間にわたる布団の収納方法をご紹介します。押入れをスッキリ使える工夫を見てみましょう。

布団の収納は「押入れの整理」と「布団の整頓」が大切

押入れ クローゼット 収納 洋室
布団の収納を効率的に行うには「押入れの整理」と「布団の整頓」の2つを整える必要があります。

押入れをしっかり整理し、布団が入るスペースを開けておき、そこに工夫してしまうことでスッキリ収納できます。

布団のしまい方にもひと工夫ほしいところ。あまり使わない布団だからこそ、スペースを取らない収納法にしたいですね。

布団は押入れに収納する?どう整理すればいい?

クローゼット
多くの押入れは上下2段に分かれています。長期間使わない「来客用」や「季節もの」の布団は押入れの下段に入れておくのがおすすめです。上段のさらに上に天袋と呼ばれる棚があればそこでもかまいません。

押入れの上段には普段使いの布団など、頻繁に使うものを収納するとかがまずにサッと取り出せて便利です。

押し入れがないおうちなら、クローゼットに収納します。その場合も同じように、低い・高い位置に置くのがおすすめです。長期間使わないものなので、「少し取り出しにくい場所」に置くくらいで十分ですよ。

布団の収納のポイントは?どうやって整頓する?

圧縮袋 掃除機 洋服
布団の収納はとにかくコンパクトにするのがコツ。そのため、布団圧縮袋や布団収納ケースなどのグッズは重宝します。

布団のタグをみて、圧縮袋が使える綿や化学繊維の場合はできるだけ圧縮袋でコンパクトに、羽毛布団など圧縮がむずかしいものは不織布(ふしょくふ)でできたケースを用意して収納すると押入れがスッキリまとまります。

できるだけ小さく場所を取らない準備や、形が崩れにくい準備をしてから収納してあげましょう。

押入れに布団をスッキリしまうアイデアは?

布団の準備まで終わったら、あとは押入れやクローゼットにしまっていくだけです。どう収納するとムダなく収納スペースを活用できるのかアイデアをいくつかご紹介します。

つっぱり棒を支柱代わりに使う

圧縮袋でコンパクトにした布団は隙間などに立てかけて収納できます。ただ立てかけるだけだと倒れてくるので、押入れの壁と壁の間につっぱり棒をつけて支柱にすると倒れてきませんよ。

ラックを使って空間を有効活用する

押入れやクローゼットは高さがあって意外と収納スペースがあります。コの字型のラックなどを使って高さを活かした収納にすると無駄なくしまえます。

専用のケースで立てて収納する

専用のケースを使えば立てて収納できますよ。四角い形や円柱型になるケースなど種類は色々あるので、押し入れのスペースと相談しながら、ケースを選びましょう。

布団を収納する前にやっておくことはある?注意点は?

干した敷布団
布団を収納するには、ダニやカビへの対策がかかせません。寝ている間に出た汗や皮脂をもとにダニやカビが発生します。

天気の良い日に両面で合計5時間ほど天日干しして乾燥させましょう。直射日光が苦手な素材もあるのでタグを確認しておくと安心ですよ。

また、押入れの通気性を確保することも大切。

空気が循環しにくい場所なので、すのこを使って壁際にスペースを設けたり、除湿剤を入れて湿度を調整して、できるだけ布団が傷まない環境をつくってあげましょう。

布団の収納におすすめのグッズはある?

布団の収納には圧縮袋や専用のケースなど、さまざまな会社は工夫をこらした商品を提供しています。ここでは、そのなかでもいくつかを取り上げます。

『圧縮袋+収納ケース 圧縮Plus(プラス) ふとん一式用』(ワイズコーポレーション)

圧縮袋と収納用のケースがセットになった商品です。冬用の布団類をまとめて圧縮・収納すればこれで終わり。ダウン80%以上の羽毛製品にも使える便利商品です。

『逆止弁付 布団圧縮袋』(昭光プラスティック製品)

よく見る形の布団用圧縮袋。ダブルチャックでの密閉とノズルでの吸引で布団を圧縮してくれます。繰り返し使えるのでとても便利。

『布団収納袋 円筒型 掛け布団収納ケース』(トーホーコーポレーション)

布団を円筒形に収納できるケースです。ケースに入れると寝袋のような円筒形になり、横に寝かせたり立てたりして使えるので、収納スペースを選びません。

『布団収納ラック』(川口工器)

キャスター付きの布団収納ラックです。棚板の高さを調整できるので、上段に布団、下段に使わない家財などを収納できます。

『押入れフリーラック 伸縮タイプ 2台入り』(伸晃)

高さと横幅を調整できる伸縮ラックです。2段まで重ねることもできるので、高い押入れには重宝しますよ。

覚えておきたい!

エコなわざあり

来客用の布団はレンタルも検討する

おうちにまつわるギモン
押入れに収納する布団が来客用しかないなら、来客がくるタイミングだけ布団をレンタルするのも1つの手です。

来客のたびに布団を出しいれし、クリーニングやカビ対策をするのは面倒なものです。1泊6000円前後でレンタルできるので、おうちのスペース・使う頻度・価格を考慮して、検討してみてください。

これに切り替えれば、押入れのスペースが広がり、来客時にはいつでもキレイなものを提供できます。

布団をスッキリ収納し、次回もキレイに使おう

布団を干す
布団は押入れやクローゼットの収納スペースの大半をしめる悩みのタネです。ただ、ひと工夫するだけで押入れにスッキリしまえて、次回もキレイな状態で使えます。

布団をキレイに収納できれば気持ちも晴れて、さらにおうちの整理がはかどりそうですね。