寒い季節に大活躍する寝具といえば毛布ですよね。暖かくなってくると毛布を収納して衣替えの季節がやってきます。

そんな毛布は正しく収納しないと、カビが生えたり、扉を開けた時に毛布が崩れてきたりと、のちのち後悔することにつながりかねません。

今回はそんな毛布の正しい収納方法やおすすめ収納グッズをご紹介します。

毛布はちゃんと収納しないとどうなる?

クローゼット 押入れ

毛布を雑に収納してしまったときのよくある失敗といえば、「カビが生えた」「虫に食われて穴が空いた」といったことです。湿気の多い場所で保管したり、虫食い対策をせずに長い時間放置したりすると、次のシーズンでは毛布が使い物にならなくなっていることも。

お家によっては冬の間しか使わない場合もあるので、長期間保管するときは注意してくださいね。

毛布の収納|基本的なしまい方

たたんだ毛布

毛布の基本的なしまい方をご紹介します。基本的には、ほかの布団類とまとめて押入れにしまいます。たたみ方は下記を参考にしてみてください。

まず縦に半分に折る

短辺を半分に追って縦長の形にする。

横に半分に折り、スペースにあわせる

次に長辺を半分に折り、収納場所に合わせてさらに半分か3つ折りにする。

あとは敷布団を下にして毛布や掛け布団を積み重ね、押入れに収納すれば終わりです。

毛布の収納|長期間保管するときのしまい方

掃除機

冬にいっぱい使った毛布も、夏になるとほとんど使わなくなります。次の秋、冬がくるまで活躍の出番はありません。そんな毛布を長期間保管するポイントは2つ。

1つは圧縮袋などを利用してクローゼット内のスペースを節約すること、もう1つはカビ対策をしてから保管することです。

圧縮してしまえば薄くなった分クローゼットや押入れなど、どこにでも収納できます。最近では収納用のカバーが販売されていて、なかには毛布をしまうとクッション代わりに使えるカバーもあります。押入れに収納スペースがない人にはぴったりかもしれません。

カビ対策は「毛布」と「押入れ内」の湿気を取ることです。毛布は外干しなどでしっかり乾燥させ、押入れなどは除湿剤を設置して保管中にカビが生えるのを予防しましょう。

毛布の収納|おすすめの収納袋10選

毛布の収納に使えるグッズはたくさん販売されています。上手に活用すると押入れもよりスッキリしますよ。次に毛布の収納におすすめの袋・ケースを10選ご紹介します。

1.『収納袋 ホワイト』

押入れにしまうタイプの収納袋です。シングルの毛布であれば2枚収納できます。

抗菌・防ダニ2つの成分を配合しているので、長期間の毛布を保管したい人に向いています。

税込価格
1,904円

2.『毛布 不織布 収納袋』

毛布 収納

出典:楽天

不織布(ふしょくふ)でできた収納袋です。弾力性や通気性に優れているため押入れなど風通しの悪くモノを詰めて収納する場所に向いています。5枚セットなので毛布や布団類などたくさん収納したい方におすすめです。

税込価格
2,980円

3.『アストロ 毛布 収納袋 』

ピンクでかわいい柄の不織布の収納ケースです。厚手の毛布に効果的で形を崩さずに積み上げて収納できます。

税込価格
1,207円

4.『炭入り収納袋』

炭入りの収納ケースで、炭が嫌な匂いを吸い取ってくれるため消臭効果が期待できます。ベッドしたなど押入れではないところに置いておきたい方におすすめです。

税込価格
710円

5.『ファスナータイプ 収納ケース』

毛布 収納

出典:楽天

インテリアとして飾っておける収納ケースです。4つのサイズと5つのカラーがそろっているのでお部屋のデザインに合わせて選べます。ファスナーで開け締めするフタ付きのため、隠す収納と見せる収納のどちらでも可能です。あまったスペースは小物を入れたり、活用方法はたくさんあります。

税込価格
3,800円

6.『収納ケース フタ付き』

口の大きな四角い収納ケースです。丸めて畳んだ毛布を収納したり、ランドリーボックスとして活躍してくれます。インテリア性の高い収納ケースを探している方におすすめです。

税込価格
1,980円

7.『折りたたみ 収納 ラウンドバスケット 収納ケース』

折りたたみ式のランドリーボックスですが、毛布の収納ケースとしても活用できます。

カラーバリエーションが豊富でインテリア性に優れているので、使い方はさまざま。毛布を収納していないときはゴミ箱や小物入れ、洗濯物入れなどいろんな形で活躍してくれますよ。

税込価格
1,599円

8.『布団収納袋 円筒型 毛布収納ケース』

毛布 収納

出典:楽天

毛布を収納すると円筒型になるケース。場所を取らず立てて収納もできます。軽量で持ち運びしやすいため女性でも簡単に持ち運びや出し入れが可能です。

税込価格
1,180円

9.『オリエント ふとんdeクッション(とら)』

収納した毛布をそのままクッションにできる収納ケースです。毛布を収納したら、あっというまにとら柄のかわいらしいクッションのできあがり。わざわざ収納ケースにいれたあと隠す必要がないのでそのままインテリアとして利用した人におすすめです。

税込価格
1,409円

10.『円柱型 収納ケース (水玉)』

出し入れが簡単な折りたたみ可能な収納ケースです。出し入れが簡単で毛布や布団がらくらく収納できます。万が一収納ケースが汚れても水洗いできるので、きれい好きな方も安心です。

税込価格
1,990円

毛布の収納|おすすめの圧縮袋3選

「毛布を収納するなら場所をとらないように圧縮しておきたい」という方は、圧縮できるタイプの収納袋がおすすめです。掃除機や付属の空気抜きでぺったんこにして毛布を収納できる商品を3つご紹介します。

1.『大きめの衣類 布団圧縮袋 8枚』

ダブルチャックで密封がキープされる圧縮袋です。手動ポンプが付いているので掃除機で空気を抜くのが手間な方はこちらがおすすめ。空気を抜けば最大75%の圧縮が可能になります。

税込価格
2,980円

2.『布団圧縮袋 9枚セット ポンプ付き』

毛布 収納

出典:楽天

手動ポンプ付きの圧縮袋です。PA+PE高強度複合素材を使っているため、破けにくく、熱さや老化への強い耐性をほこります。収納時に袋が破けてしまった経験がある方はこちらがおすすめです。

税込価格
2,080円

3.『衣類圧縮袋M 人気30枚セット』

衣類圧縮袋M 人気30枚セット 【衣M x30】 収納ケース ストッカー用

出典:楽天

毛布や布団などをまとめて収納したい方におすすめの収納袋(30枚入り)です。ファスナー部分が二重構造になって空気の侵入を防げるよう工夫がされています。

1枚あたり100円ほどなので、コスパよくたくさん収納したい方におすすめです。

税込価格
3,380円

毛布の収納で注意することは2つ

干した毛布

毛布を押入れに収納する前に、実は2つやることがあります。1つは毛布が含んでいる「湿気を除くこと」、もう1つは押入れ内の「カビ対策」です。それぞれ具体的に見ていきましょう。

湿気を除くこと

冬場でも人は寝ている間にたくさん汗をかくので、毛布は湿気を含んでいます。なので、長期間収納する前に、洗濯やクリーニングをして風通しの良いところで陰干ししましょう。

その後、洋服用のブラシなどで毛並みに沿ってブラッシングするとホコリが取れ、なめらかになります。

カビ対策

押入れのなかは通気性が悪く、カビの発生もととなる可能性があります。湿気を除いた毛布を、さらに万全に収納できるようしっかりとカビ対策してあげましょう。

方法はかんたんで、押入れに「ぎちぎちにモノを詰め込まない」のと、「除湿剤を置く」ことです。毛布や布団類の周りを囲むようにスノコを設置するのもいいですね。

使い終わった毛布はていねいに収納してあげよう

清潔な布団

毛布の収納はほかの冬用の布団類とまとめて収納するのがポイントです。圧縮袋を使えばかさばってスペースをとっていた部分にいっきにスペースが生まれます。

少し手間ですが、収納前に忘れずにケアすれば、次に使うときもフカフカな寝具で寝られますよ。