ドレッサーには、化粧水などのスキンケアグッズや毎日のメイク道具、ブラシなどのケア用品など、こまごまとしたモノがたくさんありますね。「いつもごちゃごちゃしてて見栄えが悪いな…」と感じている人も多いはず。

自分仕様のおしゃれな収納になるように、今回は100均グッズを使ったアイデアもまじえてドレッサー(鏡台)の収納方法をご紹介します。

ドレッサー(鏡台)の収納のコツは?

化粧台 コスメ メイク 鏡
ドレッサーにはついつい使った化粧品をそのまま置いてしまいがち。自分しか使わないので、いつも台の上がごちゃごちゃになっていることも多いものです。

どうにかしたいドレッサーの収納のコツは「整理」と「配置」が大切。使うものとあまり使わないものを整理して、あとは手に取りやすいように配置します。

一度キレイに整理すれば、元の位置に戻すのも面倒でなくなり、キレイを保てます。おしゃれに飾りつけるアイデアも生まれてきますよ。

ドレッサー(鏡台)の収納は整理から始める

化粧台 鏡 メイク コスメ
いつ買ったか分からないクリームや使っていないパウダーなどはありませんか?

古くなった化粧品は肌によくないので、もったいないと思わず、処分する勇気も必要ですよ。袋を1つ用意し、使っているモノと使わないモノをわけ、使わないモノはどんどん袋に入れてみましょう。

モノをしぼっておくことで、機能的なドレッサーになりますよ。

ドレッサー(鏡台)の収納で配置はどう決める?

メイク コスメ 化粧品
ドレッサーに収納するものを整理したら、どこに収納するかを決めていきましょう。

たとえば、毎日使うものを引き出しに入れて毎回出し入れするのは面倒。また、あまり使わないものが台の上にあるとせっかくのスペースがもったいないものです。

収納配置を決めるときは「使う頻度」を基準にします。毎日使うメイクブラシは手に取りやすい台の上、たまにしか塗らないマニキュアは引き出しなどと決めると出し入れがかんたんになりますよ。

使い勝手のいい収納になると、スペースも開けて見た目もスッキリします。

ドレッサー(鏡台)の収納法!どのグッズをどこにしまう?

鏡台 ドレッサー
メイク道具などは形状で大きく分けると「ボトルタイプ」「チューブタイプ」「小物タイプ」とわけられます。それぞれのアイテムについて収納アイデアをご紹介するので参考にしてみてください。

メイク落とし・化粧水などのボトル類

いつも使うものは台の上に立てて置きましょう。大きさ順に並べると見た目がよく、用途順に並べると使いやすく整います。

普段は使わない、特別な日用のボトルなどは引き出しのなかでも下段に入れて収納しましょう。

化粧下地などのチューブ類

チューブ類は立てて置けるものが多いので、直接置けばOKです。高さがあるので、ボトル類の隣に置くとまとまりよく見えます。ブラシ類は、マグカップなどを使ってスタンド収納しましょう。

あまり使わないものは引き出しに寝かせて並べます。キッチンで使うようなカトラリーケースを使うと混ざり合わないので便利です。

クシやブラシ、ビューラーなどの小物類

メイクするのに使う道具類は、ブラシ類と同じようにひとまとめにして立てた収納にします。平たい小物類は重ねて置くわけにもいかないので、トレイなどでまとめると整理されます。

普段良く使うものなだけに、手に取りやすい場所に置くといいですね。

ドレッサー(鏡台)の収納をおしゃれにするアイデアは?

ドレッサー 小物 鏡 メイク
使い勝手がよくなったら、今度はもう少しおしゃれにしたい!と思ってしまうもの。

そんなときは、手軽に使える100均のアイテムが便利。ちょっと工夫するだけでかんたんにおしゃれになるんですよ。

たとえば、「スタンドをガラスのビンにする」「小物入れのトレイを木製や陶器のお皿に変える」といったアイデアや、マスキングテープを使って自分好みに飾り付ける方法があります。

100均のかわいいアイテムを活用してどんな収納ができるか工夫を凝らしてみるのも楽しいものです。

お気に入りのデザインにアレンジすれば、眺めるだけでも楽しくなります。

ドレッサー(鏡台)の収納に使える便利グッズは?

メイク用品の数が少なければ台の上に並べてもいいですが、数が多いとごちゃっと感が出てしまいますね。メイク道具専用のボックスやラックを活用すると限られたスペースでも片付いて見えますよ。

『コスメ収納スタンド』(BYT)

ひとめで中身がわかるクリアな収納ラックです。マニキュア類などの細々としたボトル類も立てた収納にもできます。棚とスタンドは上下で分けてしまえます。

『コスメ収納ボックス』(Jerrybox)

高さを活かした収納ができるスタンドです。円形で回転するのでどこからでも取り出せます。棚板の高さも自由に変えられるのでボトル類もスッキリしまえますよ。

『キルトコスメボックス』(コジット)

鏡付きで持ち運びできる大容量のコスメ収納ボックスです。引き出しのついていないドレッサーなら、これ1つを足元に置くだけで十分です。

ドレッサー(鏡台)収納はコツを押さえてスッキリおしゃれに

化粧台 鏡 メイク コスメ
おしゃれに見えず、ごちゃついた感のあるドレッサーに悩むママは多いですね。整理と配置の工夫でスッキリきれいにし、アレンジのひと手間を加えればインテリアに映えるおしゃれな収納になりますよ。

使いやすく、気に入ったデザインのドレッサーなら毎日のおしゃれがもっと楽しくなりますね。