生地が厚く、引き出しのなかでかさばってしまうジーンズ(ジーパン)。扱いに困っている人も多いと思いますが、うまくたためるとコンパクトになって引き出しのなかがスッキリしますよ。

今回は、デニム生地のジーンズ(ジーパン)のたたみ方を実践解説します。

ジーンズ(ジーパン)のたたみ方|コンパクトにするコツ


ジーンズの基本のたたみ方は、ズボンと同じです。

ジーンズはもともと作業着として使われていた歴史があるくらい傷みにくいのが特徴。ザックリたたんでもシワになりにくいので、たたみ方に神経質になりすぎる必要はありませんよ。

- ジーンズ(ジーパン)のたたみ方手順 -

① 広げて置く

ジーパンのたたみ方 手順1
ボタンは外しても閉じてもOK。

② 半分に折る

ジーパンのたたみ方 手順2
脚が重なるように縦半分に折る。

③ 股の出っ張りを折り込む

ジーパンのたたみ方 手順3
股にできる三角形の生地の余りを内側に折り、長方形に整える。

④ 三つ折りにする

ジーパンのたたみ方 手順4
上下から3分の1ずつ折っていく。

ジーパンのたたみ方 手順5
できあがりはとてもコンパクトに。

最後のステップは引き出しや収納場所の幅に合わせて、4つ折りにするなど調整しましょう。小さくまとまって自立しやすくなりますよ。

③で長方形に整えると立てて入れたときの安定感も出てきます。

ジーンズ(ジーパン)を丸めてたたむ方法もある?

ジーンズのたたみ方では、③のステップで長方形に整えたあとに、端から丸めていく方法もあります。

- ジーンズ(ジーパン)を丸めるたたみ方手順 -

① 上の手順と同じで長方形に

ジーパンのたたみ方 手順3
より出っ張りをなくしたほうが見た目もきれいになる。

② ウエスト側から丸めていく

ジーパンのたたみ方 丸める手順1
厚みのあるウエスト側からしっかり丸める

③ 丸めきったらできあがり

ジーパンのたたみ方 丸める手順2
ウエストから丸めることで崩れにくくなる。

先ほどのやり方よりも単品で立ててしまいやすいので、引き出しがよりキレイになりますよ。

このやり方は、小柄な子供用のジーンズにぴったり。コロコロと転がしてたたむので子供にも楽しみながら手伝ってもらえそうですね。

ジーンズ(ジーパン)のたたみ方のポイント

服 お出かけ 準備 支度
ジーンズはどんなコーディネートにもあうので、家族全員の分をあわせると意外とたくさんありますよね。たたんでもシワになりにくいので、積み重ねて引き出しにしまっている人が多いと思います。

でも、ジーンズはかさばりやすいので、「できるだけコンパクトにたたむ」のがポイントです。ギュッとコンパクトにまとめたあとで引き出しに立ててしまうと今よりも出し入れがしやすくなりますよ。

たたみ方を変えたジーンズ(ジーパン)を上手に引き出しに収めるには?

せっかくたたみ方を変えたら、引き出し内での収納の仕方も見直したいですね。

次のようなアイテムを使うと立てて収納するのがラクになりますよ。おうちにある引き出しのサイズにあわせて使えそうなグッズを探してみてくださいね。

ブックスタンドを挟む

ズラッと並んだジーパンやズボンの間に数か所ブックスタンドを置いておけば、1つ2つ抜き出しても開いてしまうことがなくなります。引き出しの高さにあわせて、小さいサイズのブックエンドを探してみてください。

ボックスに並べる

引き出しの高さにあうボックスを並べて、そこにジーパンやズボンを入れていきます。ボックスが仕切りになってくれるので、取り出しても崩れてくることがなくなります。

仕切り板で区切る

引き出しのスペースを有効活用するなら、仕切りだけを置くのもおすすめ。手軽に使える仕切りが販売されているのでぜひ活用してみてください。

覚えておきたい

エコなわざあり

ジーンズ(ジーパン)はたたまずに吊るしてもいい?

ジーンズ ズボン かける
ジーンズは、たたまずベルト穴にフックをかけて吊るす方法でもしまえます。おしゃれなお店でディスプレイに使われている手法ですが、このやり方は少し注意が必要です。

ベルト穴の1か所に重みが集中するので、長期間このままにしていると重力の影響を受けて腰回りの1か所だけが伸び、型崩れの原因になります。

吊るす方法は、1日着たジーンズを一旦干したいときなどだけにとどめたほうが安心です。

たたみ方はむずかしくないので、できるだけたたんで保管してあげてください。

ジーンズ(ジーパン)のたたみ方は「ざっくりコンパクト」を意識する

ズボンの収納
ジーンズは丈夫な生地でできているので、忙しいときはざっくりとたたむだけで十分。立ててしまえるようにコンパクトにたたんであげましょう。

ジーンズをスッキリと保管して、毎日のコーディネートを楽しんでくださいね。