どんなコーディネートにも合わせられるジーンズ(ジーパン)。デニム生地は厚みがあるので、家族みんなの分が集まると結構な量になって収納に困りますね。

ここではジーンズをコンパクトに取り出しやすく収納する方法ご紹介します。基本を押さえてスッキリきれいに整理してみましょう。

ジーンズ(デニム)を収納するのはどんな方法がいい?

家 はてな どこ
洋服の収納は一般的に、ハンガーなどに「吊るす」か引き出しや棚に「並べて置く」の2通りの収納法があります。

吊るす収納はシワができやすいデリケートな服に、並べて置く収納はかさばりやすい素材、数が多い服をしまうときに向いています。

ジーンズに使われているデニム生地は、丈夫でシワや傷みに強いのが特徴なので、「並べて置く」収納がおすすめ。

これからご紹介する方法で、出し入れしやすく、見た目もキレイに収納できるのでぜひ取り入れてみてくださいね。

ジーンズ(デニム)の収納は「引き出しに立てる」が基本

引き出し たたむ 洋服 仕切り
ジーンズはお店で売られているように、薄くたたんで平積みして収納しているおうちが多いと思います。

実はこの方法よりも、使い勝手がいい収納法があるんですよ。

それは「引き出しのなかに立てる方法」。立てて並べると、ひと目で目当てのものが見つかるし、取り出すのもかんたんなんです。

棚に並べて置く場合も、フタの無いケースなどに入れれば同じ収納ができます。

ジーンズ(デニム)の収納法!コンパクトにたたむにはどうする?

ズボン たたみ方
かんたんなたたみ方を紹介するので、引き出しの整理ついでにたたみ直すとスッキリと整いますよ。

半分に折る

両足を合わせるように縦半分に折る。

三角の出っ張りを折る

股にできる出っ張りを内側に折って長方形にする。

上下に三つ折りにする

引き出しに合わせて4つ折りなどに調整する。

たたんだら引き出しに立てて入れればOK。引き出しの奥に向かって縦の列にすると奥の方が取り出しにくいので、横に何列かにわけて並べましょう。

ストレッチ素材などの柔らかいジーンズは、②のステップで長方形にしたあと端から丸める方法でも収納できます。

ジーンズ(デニム)の収納に便利なアイテムは?

ブックエンド スタンド
引き出しにジーンズを収納していると、隣のジーンズも引っ張り出してしまったり、端の方が倒れてしまったりとごちゃごちゃしてくることもあります。

そんなときは、100均の「ブックエンド」などを仕切りに活用してスッキリ整った状態を保ちましょう。

また、「プラスチックのケース」や「かご」も使えます。余ったスペースにケースを入れてジーンズ以外の小物の置き場にできますよ。

このほかにもたくさん使える便利アイテムがあるので、収納を考えるときに調べてみるといいですよ。

ジーンズ(デニム)を吊るして収納したいときは?

ジーンズ ズボン かける
かっこいいジーンズやかわいいお気に入りのジーンズは、吊るして収納してみたい!と思う人もいますよね。

1番かんたんな方法は、S字フックでベルトを通す穴とパイプハンガーを引っかける方法です。

無造作な収納でインテリアによさそうですがちょっとした注意もあります。ベルト穴だけに重みが集中するので、長期間吊るしたままだと一部分だけが伸びてしまうことがあります。

吊るす収納をするなら市販のズボンハンガーを取り入れましょう。これなら傷みを気にすることなく安心して収納できます。

覚えておきたい

エコなわざあり

ジーンズ(デニム)を収納する前に。日々の手入れで長持ちさせる

服 お出かけ 準備 支度
ジーンズは1回履いただけではまだ洗濯しないおうちが多いですよね。脱いだ後、どうやって収納していますか?

実は1日着た服には汚れや湿気が残っています。脱いでいきなりたたんでしまうと、傷みの原因になってしまいますよ。

傷みを予防するために、収納前に少しだけ干しておくひと手間が大切です。そのタイミングで汚れをチェックして払い落としておきましょう。

ひと手間加えるだけで、お気に入りのジーンズが傷むのを予防できます。引き出しの中に湿気を持ち込まないので、他の服にも優しくできますよ。

ジーンズ(デニム)の収納は引き出しに入れる収納ですっきりを保つ

ウォークインクローゼット
かさばるジーンズは収納がむずかしいアイテムのひとつです。収納のポイントは「引き出しの中に立てて入れる」。立てた収納はほかのズボンとも見分けがつきやすく、出し入れが楽ちんです。

ブックエンドなどのアイテムも活用しながら、使いやすい収納に変身させましょう。