おしゃれに欠かせないスカート。ハンガーで吊るして保管している人も多いと思いますが、クローゼットのスペースの都合や旅行などでたたんでしまわないといけない場面もありますよね。

そこで今回はスカートのたたみ方をご紹介します。ひと手間を加えるだけでプリーツスカートもスッキリたためますよ。

スカートのたたみ方のポイントは?

スカート

ハンガーを使って収納したいけど、「スペースがない…」と困った経験はだれにでもありますね。そんなときはスカートをたたんでしまいましょう。

スカートをキレイにたたむポイントは、長方形に整えるのを意識してたたむことです。長方形にして大きさをそろえるだけで、引き出しを開けたときの見栄えがスッキリします。

次からは具体的にたたみ方をご紹介します。どう長方形に整えるのか確認してみましょう。

スカートのたたみ方は?プリーツスカートはどうする?

たたみ方

スカートはほかの洋服に比べてシワがつきやすく、デリケートな素材も多いものです。ていねいにたたんであげましょう。

スカートのたたみ方


タテ半分に折る

床や机の上にシワを伸ばして広げたら、おへその部分を中心に半分に折る。

広がった裾を折る

広がった裾の部分だけを折りこみ、長方形に整える。

引き出しに合わせてコンパクトに

収納場所の大きさに合わせて数回コンパクトに折りたためば完成。

シワができにくいスカートであれば長方形にしたあと、端からクルクル丸めて円柱形にしてからしまう方法もあります。

プリーツスカートのたたみ方


タテ半分に折る

床や机の上にシワを伸ばして広げたら、おへその部分を中心に半分に折る。

広がった裾を折る

広がった裾の部分だけを折りこみ、長方形に整える。

タオルをのせる

スカートの幅にあわせたタオルをおく。

引き出しに合わせてコンパクトに

折り目をつぶさないようにやさしく折りたためば完成。

シワが残りやすいプリーツスカートの場合は、しっかりと広げてから緩衝材代わりにタオルを重ねてたたむといくらかシワがつきにくくなりますよ。

スカートをたたんだあとのしまい方は?

洋服の引き出し収納

スカートをたたんだあとは、引き出しに収納していきます。このときのポイントは「立ててしまうこと」です。

100均の収納ボックスや仕切り板、ブックエンドなどを使って形やカラーごとに分類してしまうと、引き出しをあけたときにどこに何があるかひと目でわかりますよ。

長期間しまうときのスカートのたたみ方は?

タオル 綿

衣替えなどでスカートを長期間収納するときには、普段よりも気をつける必要があります。

プリーツスカートのようにタオルを挟んでたたんだり、重みをかけないようにできるだけスカートを重ねない工夫でシワがつきにくくなります。「ゆとり」をもってしまうのがコツです。

防虫剤も忘れずに添えて、来季もお気に入りの洋服を楽しみましょう。

覚えておきたい

エコなわざあり

スカートをたたまずにしまうときのコツ

スカート ハンガー

スカートの収納は、ハンガーに吊るす方法が有名だと思います。クローゼットのスペースは取りますが、ハンガーに引っかけてつるすだけと管理がしやすく、スカートも傷みにくい方法です。

クローゼットのスペースは限られているので、シワのつきやすいプリーツスカートは「吊るす収納」、シワになりにくいものは「引き出しに並べる収納」と収納の仕方も使い分けるとスペースを有効活用できます。

専用のハンガーも売られているのでぜひ取り入れてみてくださいね。

スカートのたたみ方を変えて傷みを防ぐ

お出かけ スカート デニム 靴

スカートをたたむときのポイントは「長方形に整えること」です。引き出しにしまったときに見栄えがキレイになりますよ。たたむときはシワがつかないように「ていねい」を忘れずに。

キレイにたためば、取り出すのもかんたんでコーディネートがはかどります。たたみ方の工夫から日々のおしゃれを楽しんでみてくださいね。