クローゼットの限られたスペースを最大限に活かしたい――。そう思っても何をどうしたらいいのかわかりませんよね。

そこで見直したいのがクローゼット内の収納棚の使い方。収納棚を上手に使えば収納量を増やすことができますよ。簡単な道具でクローゼットの収納棚をDIYする方法もご紹介します。

クローゼット内を整理して収納棚の使い方を見直す

捨てる
「クローゼット内がモノであふれている」と感じたら、収納量を増やす方法の前に、まず収納するモノを見直してください。

かなりの確率で使っていないモノが収納されているからです。収納するモノが整理できれば、収納量を頑張って増やす必要もなくなります。

できればなかに入っているモノをすべて外に出して、要不要の検討を。1年で一度も着なかった服や、シミの付いたモノ、デザインが古くなったモノなどを処分しましょう。

クローゼット内の収納棚の使い方は?

ウォークインクローゼットの使い方
クローゼット内はハンガーラックを使った吊るす収納をメインにします。シャツやアウターのほか、よく使う服や小物類などもすべて吊るす収納にすると使い勝手がいいですよ。

ただ、下着類や生地が伸びやすいニットなどはたたんでしまう必要があり、そのときに収納棚が活躍します。

たたんで棚の上に重ねておけば取り出すのも簡単です。何段かにわかれた棚を置いて、種類別にまとめて入れると使いやすくなります。

備え付けの棚がハンガーラックの上にしかないときは、頻繁には使わないものだけを置くスペースにするといいですよ。

クローゼットに収納棚をDIYできる?

DIY
クローゼット内に備え付けの棚がなければ、それほど手間をかけずにDIYできます。服をかけたハンガーラックの下にあいたスペースに棚を設置するといいですよ。

収納棚を簡単にDIYするには、100均でも買える「すのこ」と「つっぱり棒」があれば大丈夫。

クローゼットの空いているスペースにつっぱり棒を2本渡し、そこにすのこを置くだけです。これだけで収納スペースが一段増やせます。すのこの代わりにワイヤーネットをおいてもいいですね。

ニット類を数枚重ねて置くくらいなら問題はありませんよ。

クローゼットで簡単に作れる収納棚のアイデア事例紹介

すのこでつくる
すのこやつっぱり棒だけを使った単純な棚以外にも、さまざまな方法で収納棚がつくれます。それぞれ参考にチャレンジしてみてください。

すのこだけで収納棚をつくる

すのこを縦横で箱のように組み合わせても棚になります。釘やハンマーを使わず、接着剤でくっつけてヒモで結んでおけば軽いものならしっかりと支えてくれます。

すのこの棚板でオシャレにまとめる

棚用の「カウンターブランケット」をビスで留めて、そこに板を置いて棚にする方法もあります。少し手間はかかりますが強度は抜群です。

書類ケースを重ねて収納棚に

100均で買える書類ケースを使う方法もあります。積み重ねられる書類ケースなら、1つに1枚ずつ服を置いてどんどん重ねていけば棚のように使えます。

覚えておきたい

エコなわざあり

クローゼットの収納棚にはカゴで一時置きスペースをつくると便利

カゴ
クローゼット内をすべてきっちり収納しようと思うと大変です。そこでおすすめなのが、収納棚に大きめのカゴを置いて、一時的な服入れにすること。

洗濯するまでに何度か袖を通す服なら、そのカゴにパッと入れるだけで「どこに置いておこうか」と悩む必要がありません。毎日着るパジャマ置き場としても使えますね。

カゴが一杯になったら改めて整理整頓するだけなので簡単です。

{:width=>300, :height=>250}}" data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true"> {:width=>300, :height=>250}}" data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true">

クローゼットの収納棚を上手に使おう

クローゼットの収納
クローゼット内は、備え付けられたものだけを使おうとすると収容力も限られてしまいますが、ちょっと工夫するとよりたくさんのモノを使いやすく収納できます。

特に収納棚を用意しておくと、一時的なもの置き場としても使えますし、使い方は人それぞれで楽しめます。

クローゼットの収納棚を上手に活用して、モノがぐちゃぐちゃになってしまうストレスをなくしていきましょう。