広々とした収納で誰もがあこがれる「ウォークインクローゼット」。でも、いざ使うとなると収納したもののこれでいいのかな?もっといい使い方はないの?と思っている人も多いはず。

そこで今回はウォークインクローゼットとはどういうもので、どんな使い方をするのか、棚などはどう利用すればいいのかなどをご説明します。

ウォークインクローゼットとは?

ウォークインクローゼット
ウォークインクローゼットとは、歩いて入れるほどの広さがある収納部屋です。一般的に、3畳前後の広さがあります。

部屋が丸々収納場所なので容量が大きく、たくさんの服をひとまとめにスッキリと収納できるのが特徴です。上手に使えば、衣類の収納箇所がバラバラになる、タンスなどの収納家具が増えて困るようなこともありません。

ちなみに、ウォークインクローゼット内を通り抜けられるように2方向に出入り口がついている場合は「ウォークスルークローゼット」とも呼ばれます。

ウォークインクローゼットの使い方は?

ウォークインクローゼットの使い方
ウォークインクローゼットを効率的に使うためには、何をどう入れるかがけっこう大事です。

通常のクローゼットとは違い、人が通るためのスペースを確保しなければならないので、容量があるからとやみくもにモノを入れるとかえって使い勝手が悪くなりかねません。

次にご紹介する使い方を参考に、自分らしい形を見つけてくださいね。

I型かⅡ型にハンガーラックを設置する

ハンガーに掛けたときの洋服の幅がだいたい60cmで、人が余裕をもって歩ける幅も60cmほど。ウォークインクローゼット内の横幅が180cm以上なら両側の壁をハンガーラックにし、それ以下なら片側だけにするのがおすすめです。

片側だけをハンガーラックにする場合も、歩けるスペースを確保できるなら、片側には奥行きの浅い引き出しなどを置いても構いません。

ハンガーラック下に引き出しを置く

ハンガーラックに衣服を並べると、下にスペースが空きます。ここにはたたんだ服を収納するための引き出しや棚を設置するのがおすすめです。

ハンガーに掛ける衣類の長さをそろえておくと、下のスペースの高さもそろうので棚を設置しやすくなります。家族それぞれの棚を用意すると、整理もしやすくなりますよ。

備え付けの棚は高さで使い分ける

ウォークインクローゼット内に備え付けの棚がある場合は、高さにあわせて置くものを考えましょう。

ハンガーラックの上にある店は取り出しが大変なので、使用頻度が低い季節物のアイテムなどをおくといいですね。目線の高さにある棚なら取り出しやすいので、たたんだ洋服を並べたり、引き出し収納を置いて小物類をまとめたりしてみては?

姿見を置いてコーディネートできる場に

突き当りの壁は引き出しなどを置くとハンガースペースをうまく使えなくなるので、邪魔にならない姿鏡を置くのがおすすめです。

クローゼット内で洋服をあわせたり、毎日のコーディネートをチェックしやすくなります。

ウォークインクローゼットの使い方をひと工夫しよう

クローゼットの収納法
ウォークインクローゼットに収納していくときは、次のポイントを心がけるとより便利に使えますよ。

① 基本は吊るす収納

衣類はハンガーにつるして収納するほうがたたむ手間もかからず、シワがつくこともないので便利です。ウォークインクローゼットはハンガーのスペースを確保できるので吊るすのがおすすめ。

吊るさないものとしては、「下着や靴下などの小物類」「厚手のニットなど生地が伸びやすいもの」「ジーンズなどたたんでもシワにならないもの」なので、それらはハンガーラック下の引き出し収納に入れ、それ以外は吊るしましょう。

② 入口側から服をかける

ハンガーにかける服を選んだら、どんどんかけていきます。頻繁に着る服ほど入り口側にかけると動線がスムーズになります。

そして着た服は入り口のほうにかけるようにすると、あまり着ない服は奥のほうに移動します。定期的に奥の方の服を見直すと、処分するのも簡単になります。

③ ハンガーを洗濯干しとそろえる

洗濯物干しに使うハンガーと収納するときのハンガーを同じものにすれば、洗濯物が乾いたらそのままクローゼットに収納できるので時短になりますよ。

こだわりがなければハンガーを統一するだけで、日々の暮らしが効率的になります。

覚えておきたい

エコなわざあり

ウォークインクローゼットは「とりあえず」の使い方もできる

収納のツール
部屋着やパジャマのように、何度か着てから洗うものは、置き場所に困っている人も多いのでは?朝着替えたときにソファーに置きっぱなしなんてこともあると思います。

そんなときに、ウォークインクローゼット内に一時的な置き場所を決めておくと、脱ぎっぱなしでだらしなくみえることがなくなりますよ。

ウォークインクローゼットは扉も閉められるので、急な来客にも慌てずにすみますね。

ハンガーラック下の引き出し収納の上などにカゴを置いて一時保管場所にすると投げ入れても気にならないのでおすすめです。

ウォークインクローゼットの使い方を工夫して毎日に余裕を

クローゼットの収納
ウォークインクローゼットは収納量がたっぷりありますが、なかがぐちゃぐちゃになっているとかえって使い勝手が悪くなります。

きちんと収納場所と収納のルールを決めると、散らかってしまうのを防げますよ。使い方次第では、あまり使わない服などもわかりやすくなるので、衣類を上手に整理できない人にもおすすめです。

ウォークインクローゼット内が管理できていれば、忙しい朝でもコーディネートに時間を取られず余裕を持って準備ができますよ。