収納スペースがいっぱいあるはずのウォークインクローゼットでも服が全然入り切らない!とお悩みではありませんか?もしかしたらアイデアひとつで解決できるかもしれませんよ。

今回はウォークインクローゼットの収納術について、すぐに使えるアイデアやおしゃれに見せるコツをご紹介します。

ウォークインクローゼットの収納法は?

ウォークインクローゼット
ウォークインクローゼットは歩いて入れるほどの広さがある収納部屋のこと。十分な広さがあるので使い方はシンプルにするのが一番です。

壁の両側か片側をハンガーラックにして、その下には引き出し収納などを設置。引き出しには下着やニットなどたたんで収納する衣類を入れ、それ以外は吊るす収納にします。

つめすぎると使い勝手が悪くなるので、適度にすき間をもたせるといいですよ。

ウォークインクローゼットの収納をおしゃれにするアイデアは?

クローゼットで箱の活用
基本の収納をおさえつつ、収納するモノによってひと工夫加えると、ウォークインクローゼットの収納力はアップします。

さまざまなアイデアをご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

つっぱり棒で天井からカバンを吊るす

コーディネートを考えるときに重要なカバンですが、どこに収納するか悩むもの。天井付近につっぱり棒を張り、そこにS字フックでカバンを吊り下げると、カバンが一覧できて型崩れも防げます。

高い位置の棚は収納ボックスや衣装ケースを置く

ハンガーラック上の天井に近い棚があれば、収納ボックスや衣装ケースを置いて季節モノや客人用の毛布などをしまうのもおすすめです。

ハンガーには洋服以外も吊るす

ベルト用のハンガーや帽子用のハンガーなど、便利グッズを駆使すれば洋服以外を吊るすこともできます。

ハンガーラックを2段にする

ハンガーラックの下に、市販のハンガーラックを置いて2段にする方法もあります。吊るす洋服が多い人におすすめです。洋服をたたむ必要がなくなるので収納がラクになりますね。

カラーボックスでみえる収納に

引き出し収納ではなかのモノがわかりにくという人は、カラーボックスなどを置き、そこにたたんで入れればOK。取り出しにくいときはワイヤー製のカゴを使うといいですよ。

ワイヤーネットで帽子を収納

片側の壁にフックを付けてワイヤーネットをかければ、帽子を収納することができます。壁面収納でウォークインクローゼット内を有効活用できます。

ウォークインクローゼットの収納を便利にするアイテムは?

収納のツール
ウォークインクローゼットの収納をおしゃれに見せてくれるグッズをご紹介します。アイデアとあわせて取り入れると、使い勝手もよくなって一石二鳥です。

『バンカーズボックス』(fellows)

しばらく使わない服の収納に便利なのがFellowsバンカーズボックス。もとは書類ケースですが、つくりがしっかりしているので収納にも使えます。同じものを並べると統一感がでておしゃれに見えます。

『プロフィックス 衣類・小物整理ラック』(天馬)

ハンガーラックに掛けられる収納棚です。衣類を入れても小物を入れても使えて便利ですよ。

『ドアハンガーライト』(山崎実業)

意外と盲点なのが、ドア裏の収納。ウォークインクローゼットの扉につけられれば、コーディネートで迷ったときや頻繁に着る服の置き場になりますね。

『ジョイントバッグハンガー』(山崎実業)

チェーン式のハンガー掛けなのでいろんな場所に吊るせます。バッグ類を縦に並べて掛けられるので場所も取りません。

ウォークインクローゼットの収納を工夫して毎日の身支度を楽しく

クローゼットの収納法
忙しい毎日の中で、どうしても荒れてしまいがちなウォークインクローゼットのなか。一度荒れてしまうと見つからない服も多くなってしまいますよね。忙しいのに服が見つからないと毎朝焦って支度することに。

ウォークインクローゼットはアイデア次第で収納しやすくなり、使い勝手がよくなるので、ここで紹介した内容を参考にしながら、使い方を見直してみてくださいね。