仕事やお出かけなどで、歩きやすいパンプスは重宝しますね。でも、頻繁に履くからこそ、靴を脱ぐとイヤな臭いがするようになっていませんか?

今回は、パンプスの臭いに悩んでいる方のために、家にあるものを使った臭いの消し方や対策の仕方をくわしく解説します。

どうしてパンプスが臭くなるの?

パンプスとバッグ

パンプスが臭くなるのは、「足裏からでる汗」と「繁殖した雑菌」が原因です。

足裏は汗をたくさんかく場所で、毎日コップ1杯分の汗をかいているといわれます。裸足やストッキングだけでパンプスを履くと、汗がすべてパンプス内に染み込んで蒸れる原因になります。

靴の中の湿気が高くなると雑菌が繁殖しやすくなり、足裏の古い角質や皮脂をエサにどんどん増えていきます。その雑菌が悪臭を出すようになってしまうのです。

では、このパンプスの臭いに対処するには、どうすればいいのでしょうか?

次からは①「重曹」を使う方法②「10円玉」を使う方法をそれぞれ説明します。

① 重曹を使ったパンプスの臭いの落とし方

重曹

用意するもの
必須
重曹
使い古しのストッキング(薄手の靴下でも可)

重曹は臭いを中和することで消臭してくれるだけでなく、雑菌の繁殖をおさえる働きをしてくれます。重曹を使えばたいていの臭いはスッキリ落とせますよ。

臭いの消し方

重曹 クエン酸

重曹を使った消臭方法は簡単で、重曹をストッキングに入れてパンプスの中で1晩寝かすだけですよ。

使い古しのストッキングに重曹を入れる

ストッキングに重曹大さじ2杯入れる。

ストッキングの口を閉じる

重曹がこぼれないようにストッキングの口をくくって閉じる。これを両足分作る。

パンプスの先端に入れる

パンプス両足の先端に重曹の入ったストッキングを入れる。

一晩おけば消臭完了

重曹が湿気や臭いを吸い取ってくれる。

重曹はドラッグストアや100均で買えるので、すぐにでも試してみてくださいね。

② 10円玉を使ったパンプスの臭いの落とし方

硬貨 コイン 10円玉

10円玉に含まれる銅からは「銅イオン」が放出されており、これが殺菌作用をもちます。そのため、靴の中に10円玉を入れておくだけで、臭いの原因である雑菌を退治してくれるのです。

10円玉の使い方は簡単で、靴全体に5〜10枚ほどの10円玉をまんべんなくしきつめましょう。10円玉を置いたら一晩待つだけです。

ちなみに、新しくてキレイな10円玉の方が消臭効果は強いですよ。

パンプスの臭いに効く消臭グッズはある?

この方法を試しても、なかなか臭いがなくならない場合は、靴の消臭グッズを試してみましょう。ドラッグストアなどで多く販売されているのでお買い求めやすいですよ。

ここでは2点のおすすめ商品を紹介します。

『消臭・抗菌 靴スプレー 無香料』(ドクターショール)

スプレータイプの消臭剤なので、脱いだあとにサッと消臭して、雑菌の再繁殖を防止してくれます。カバンに入れておけば、外出先でも使えて便利です

革のパンプスにも使えておすすめですよ。

『炭草花』(IOTC)

自然素材のものを使いたいという人におすすめの消臭剤です。木炭が湿気を取り除いて消臭してくれます。

使い方は脱いだあとのパンプスに入れるだけ。革のパンプスにも使えて、オシャレなデザインでいいですね。

パンプスの臭いを予防するには?

パンプス

パンプスの臭いの落とし方を紹介してきましたが、パンプスは履く頻度が高いこともあり、湿気がこもりがちです。普段から湿気がぬけるようにすれば臭いがつきにくくなりますよ。

普段の習慣を変えることで、外出先でも臭いが気にならなくなる予防法をご紹介します。

ローテーションで履き替える

同じパンプスを毎日履いていると、湿気を取り除く時間もなく、雑菌が増えていく悪循環に陥ります。

仕事で履くことも多いので、何足か用意してローテーションで履くようにしましょう。同じ靴を履く頻度も減って長持ちにもつながりますよ。

インソールを使う

パンプスを履くときに「中敷き」を履くことで、足裏からの汗が直接パンプスに染み込むことを防いでくれます。

最近では消臭機能のついたインソールも100均などで販売しているので、取り替えもしやすくて便利ですよ。

下駄箱に除湿剤を入れる

下駄箱のなかは湿気がこもりやすいので、履いたパンプスを毎回収納していると雑菌が広がって臭いの原因になります。除湿剤を入れてあげることで臭いやカビなどの汚れの予防にもなります。

100均などで買って置くだけで効果があるので、試してみましょう。

覚えておきたい

エコなわざあり

臭いの気になるパンプスを洗うには?

パンプス 黒

臭いだけでなく、パンプスについた汚れもたまには落としてキレイな状態で履いてみましょう。

表面がツルツルとした革のパンプスであれば、プラッシングと水拭きでキレイにできますよ

ブラッシングする

パンプスの表面の泥などをブラッシングして落とす。

内側→外側に水拭き

よく絞った布で内側を拭き、そのまま外側の土汚れを落とす。

乾拭きして干す

表面の水気を取り、1日ほど乾燥させる。

水につけて洗うと生地が傷んでしまうこともあります。リボンなどのデリケートな装飾には強い力を加えないように気をつけてくださいね。

パンプスの臭いを気にせず、オシャレを楽しもう

パンプス

臭いが気になっていると、お気に入りのパンプスが履けないこともありますよね。

でも、重曹を使って湿気を取り除いたり、10円玉を使って雑菌が増えるのを予防するとパンプスの臭いもスッキリなくなりますよ。

臭いを気にせず、かわいいパンプスを履いてオシャレを楽しみましょう。