洗剤のラベルに記された「蛍光増白剤」の文字。いったいどんな役割があるのでしょうか?

蛍光増白剤の役割を知って洗剤を使い分けることで、洗濯上手に近づけますよ。

今回は、蛍光増白剤とはどんなものなのか、その役割や効果について説明します。

蛍光増白剤とは?どんな効果がある?

ワイシャツ


蛍光増白剤は洗剤に加えられる添加物の1つで、単体で使われることはなく、洗剤に配合されて使われるのがほとんどです。

増白剤の効果は、名前の通り「白をより白くする」こと。新品の白い服にも使われていることがあり、洗濯することでだんだん落ちてくすんでくるため、洗剤に混ぜて白さが保たれるようにするわけです。

身体にも環境にも害はなく安全な成分なので、知らずに使っていても心配はありません。

蛍光増白剤入りの洗剤を使うかどうかは何で判断するといい?

クエスチョン ?


蛍光増白剤は身体や環境に害があるものではありませんが、不要なのであればできるだけ添加物を避けたいという人もいると思います。

基本的には好みで選んで問題ありませんが、目安となる考え方があるので参考にしてみてくださいね。

白い服がどのくらいあるか

ワイシャツなどの白い服は蛍光増白剤が効きやすいので、配合されている洗剤を使うのがおすすめ。より一層白くなって、汗ジミなども目立たなくなるので清潔感が際立ちますよ。

濃い色の服がどのくらいあるか

濃い色の服には蛍光増白剤の効果が出にくいので、使ってもあまり意味がありません。色味が変わってしまうなどのデメリットはありませんが、効果がないのであればわざわざ使わなくてもよさそうですね。

小さな子供がいるか

蛍光増白剤は身体に害があるものではありませんが、肌の敏感な小さな子供がいる場合は避けておくと安心です。赤ちゃんの服には必要のない成分なので、無配合のものを選ぶといいですよ。

蛍光増白剤が向かない洋服もある?

注意 禁止 バツ


蛍光増白剤は白さを強調する添加物なので、淡い色のものに使うと色味が変わって白っぽく見えてしまうことがあります。

きなりやパステルカラーなどの淡い色の服が多い場合は、蛍光増白剤を使わない方がキレイに仕上がります

蛍光増白剤が配合されている・配合されていない洗剤はどんなものがある?

蛍光増白剤が配合されているかどうかは、パッケージ裏面、成分表示の末尾の方に「蛍光増白剤」と書かれているかどうかですぐにわかりますよ。参考までにどんな洗剤があるか見てみましょう。

蛍光増白剤入りの洗剤

『部屋干しトップ』(ライオン)

部屋干し用の洗剤でおなじみの『トップ』は蛍光増白剤が入っているので、より白さ際立って仕上がります。部屋で干しても臭いなどがが出にくいうえ、洗いあがりもキレイになりますよ。

『ウタマロ石鹸』(東邦)

ガンコな泥汚れなどもスッキリ落とすと評判のウタマロ石鹸にも、蛍光増白剤が配合されています。上履きなどのガンコな汚れを落としながら白さも強調するので、簡単にキレイな仕上がりになりますよ。

蛍光増白剤が入っていない洗剤

『フレグランスニュービーズ』(花王)

粉末洗剤でおなじみのニュービーズは、蛍光増白剤不使用。淡い色の服が多かったり、小さな子供のいるおうちにおすすめ。粉末洗剤は洗浄力が高いので、蛍光増白剤がなくても汚れを真っ白に洗い流してくれますよ。

『アタックNeo』(花王)

コンパクトで使いやすいと人気の『アタックNeo』は蛍光増白剤不使用でつくられています。ただ、アタックなどは同じシリーズの洗剤でも蛍光増白剤が使われているものもあります。選ぶときは注意してくださいね。

コレ使ってみる?

エコなわざあり

蛍光増白剤だけでも購入できる!

シート 

蛍光増白剤は一長一短。持っている洋服の色にあわせて蛍光増白剤をくわえたり、くわえなかったり使い分けられたらいいのに…と考えることもあるかもしれません。

添加物なので基本的には売られていることはほとんどありませんが、イギリス生まれの『ドクターベックマン』というブランドから、『グローホワイト』という漂白剤入りの蛍光増白剤が販売されています。

グローホワイトの使い方はシンプルで、ほかの洗剤と同じように洗濯機にいれて洗濯するだけ。これだけでくすんだ服も輝くような白さになりますよ。

定期的なお手入れに、蛍光増白剤だけを用意しておくのもいいかもしれませんね。

蛍光増白剤の使い分けで洗濯上手に

洗濯物


「蛍光増白剤」は馴染みのないものなだけに、どんな成分なのか不安になってしまうこともあると思います。

その正体は、くすんできたワイシャツの白さを取り戻したり、泥で汚れた子供の服を白くしたりするのが簡単にできるすぐれた成分。

使い方をしっかりおさえてれば、洗濯の質をぐっと高められますよ。