ワイシャツは、シワができやすいデリケートな服だけに、たたむのも神経を使いますよね。

そこで今回は、シワにならないワイシャツの正しいたたみ方を実践解説します。

簡単な初級編とあわせて、見た目をよくする上級向けのたたみ方も紹介するので参考にしてくださいね。

ワイシャツはたたんでもいいの?

アイロン シャツ 洗濯 乾燥
シワシワになると見た目が悪いワイシャツ。何かと扱いには慎重になってしまいますね。

なので、理想はアイロンをかけたあとに、たたまずにハンガーに吊るして収納できるのが一番です。

たたむのは、ハンガーのスペースが足りなくて吊るすのがむずかしときの奥の手と考えましょう。そのときに正しいたたみ方を覚えておくと、たたんでもシワがつきにくくなりますよ。

それほどむずかしいものではないので、ワイシャツの正しいたたみ方をマスターしましょう。

【初級】ワイシャツの簡単なたたみ方

簡単にできるワイシャツのたたみ方は以下のとおりです。順番に沿って試してみてください。

- 【初級】ワイシャツのたたみ方手順 -

① ボタンを留めて背中側を上にして広げる

ワイシャツのたたみ方 初級1
ボタンはいくつか留めるだけでOK。背中側を上にしてシワができないように広い場所で広げる。

② 肩幅の真ん中から折り、袖も中心軸と平行に折る

ワイシャツのたたみ方 初級2
中心軸と平行になるように折るのがキレイに見せるポイント。

③ 反対側も同様に折る

ワイシャツのたたみ方 初級3
収納する場所の幅に合わせて身頃を折って長方形に整える。両サイドが中心軸と平行になっているかが大事。

④ 裾と両袖口を少し折り返す

ワイシャツのたたみ方 初級4
ワイシャツのたたみ方 初級5
裾部分を両袖口を折り返しておく。あとで両肩部分に差し込むために。

⑤ 裾から二つ折りにする

ワイシャツのたたみ方 初級6
半分に折ってできあがり。④で折り返した部分を両肩部分に差し込むと崩れにくくなる。

出張などでワイシャツを持ち運びするときも、基本は同じたたみ方で大丈夫です。

【上級】見栄えよくするワイシャツのたたみ方

ワイシャツはたたみ方を工夫すると「長袖か半袖か」を見分けやすくなります。基本を覚えたら次のたたみ方にも挑戦してみてくださいね。

- 【上級】ワイシャツのたたみ方手順 -

① ボタンを留め、後ろ向きに広げる

ワイシャツのたたみ方 初級1
ボタンはいくつか留めるだけでOK。シワができないように広い場所で広げる。

② 片方の袖だけを内側に折る

ワイシャツのたたみ方 上級2
袖部分だけを内側に折る。肩部分を折らないのがポイント。

③ 袖口を上に向ける

ワイシャツのたたみ方 上級3
内側に折った袖の中央部分から折り、袖口を上に向ける。

④ 肩幅の中央部分から折る

ワイシャツのたたみ方 上級4
ワイシャツの中心と平行になるように、肩の真ん中辺りから内側に折る。

⑤ 同じ幅で反対の肩幅部分から折る

ワイシャツのたたみ方 上級5
④と同じく、ワイシャツの中心と平行になるように折る。

⑥ 袖口が出るように袖を折る

ワイシャツのたたみ方 上級6
袖を真ん中あたりから折り、袖口を右サイドから出す。

⑦ はみ出したひじ部分を内側に折る

ワイシャツのたたみ方 上級7
はみ出しているひじの部分が見えなくなるように折る。

⑧ 裾部分を10cmほど折る

ワイシャツのたたみ方 上級8
裾を折っておく。あとで両肩部分に入れると崩れにくくなる。

⑨ 真ん中で半分に折る

ワイシャツのたたみ方 上級9
裾側から真ん中で半分に折る。

⑩ 表側に袖口を出せばできあがり

ワイシャツのたたみ方 上級10
袖口が表側に見えていればOKです。

この方法で袖が見えるものが長袖、袖が見えないものが半袖と見分けられるようになります。

ワイシャツの簡単なたたみ方はないの?

ワイシャツは専用のグッズがあると簡単に、大きさを統一しながらたためます。少しでも手間を省きたいならおすすめですよ。

『クイックプレス』(大作商事)

洋服をたたむのをかんたんにしてくれる便利グッズです。これに服を広げ、右腕、左腕、裾とパタパタ折り込んでいくだけでお店のようにキレイに仕上がります。

ワイシャツをたたんだあとはどうしまう?

ワイシャツ 
ワイシャツがキレイにたためたら、あとは引き出しや棚に収納していくだけです。

おすすめはお店のように平積みににした収納。色別に段にして積むとわかりやすいです。

ただし、何枚も重ねていくと襟がかさばるので、上下を互い違いに重ねると厚みが出ずキレイにしまえます。

引き出しを開ければすぐに取り出せますよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

ワイシャツをたたまずにハンガーにかけるときのポイントは?

服 シャツ パイプハンガー クローゼット
ワイシャツをたたむのが面倒なら、ハンガー収納を活用しましょう。スペースがなければ専用のハンガーラックを購入して、部屋のなかやクローゼット、押し入れに置けばOKです。

このとき使うハンガーはワイシャツの肩幅とあうものを選んでください。

ワイシャツなら直線的な三角形のハンガーを使うと、型崩れを防げるのでおすすめです。

ワイシャツのたたみ方を覚えて毎朝の支度をラクに

クローゼットの収納法
ワイシャツは吊るす収納をメインに、収まりきらないものはたたんで収納できるとスペースを有効活用できますよ。

たたみ方を工夫しておくだけで「今日は長袖を着ようか…半袖を着ようか…」と平積みのワイシャツを崩すこともなくなり、朝の準備がスムーズになりますね。