毎日使う枕は、肌が直接触れているので汚れやすいもの。そこで気になるのが洗濯方法です。

でも「羽毛の枕だとデリケートそうで、洗えないのでは…?」と、どうしていいのか困ってしまいますね。

そこで今回は、羽毛枕の洗濯方法をご紹介します。汗によるシミ汚れなどを、簡単にキレイにできますよ。

羽毛の枕は洗濯していいの?

洗濯表示 水洗い不可


羽毛の枕と一口にいってもいろんな種類があります。まずは手持ちの枕がおうちで洗えるかどうか、洗濯表示で確認しましょう。

多くの枕には「水洗い不可」のマークがついているはずです。つまり、おうちでの洗濯はできません。

羽毛はデリケートな素材で、水に浸けすぎると本来の弾力が失われます。おまけに洗濯しようと思っても軽くて水に沈まず、強引に沈めて濡らしても乾くまでにかなり時間がかかって水洗いには向いていないのです。

ただし、部分的に汚れを落とす「部分洗い」ならおうちでも簡単にできます。全体を水に浸すわけではないので、汚れをキレイに落とせて、短時間でカラッと乾きますよ。

羽毛枕を「部分洗い」で洗濯する方法は?

エマール おしゃれ着 中性洗剤


用意するもの
必須
タオル 2枚
『エマール』などの中性洗剤
洗面器

枕につく汚れは、寝ているあいだの汗や皮脂、よだれなどで、時間がたつと輪状のシミになってあらわれます。ただ、それほどガンコな汚れではないのでおしゃれ着用洗剤で十分落とせます。

あとはタオルも用意して、次の手順でキレイにしていきましょう。

洗浄液をつくる

洗面器にぬるま湯を張り、水量にあわせた洗剤を加える。

タオルで叩く

①でつくった洗浄液にタオルを浸し固く絞って、枕の表面を叩くように拭く。

水拭き

流水でタオルをすすぎ、再度固く絞って洗剤を拭き取るように枕を水拭き。

乾拭き

もう1枚の乾いたタオルで乾拭きし、大まかな水分を取り除く。

干す

風通しのいい場所で1日干し、しっかり乾かしたら完了。

羽毛の枕はなかの羽根が飛び出ないよう、表面が厚めの生地でおおわれています。そのため、内側まで汚れが入りにくくなっているので、表面の汚れを軽く落とすだけでOKですよ。

丈夫な生地なので、しっとり濡れてしまっても風通しのよい場所で乾かせば問題ありません。しっかり汚れを落として真っ白な枕に戻してくださいね。

洗濯できる羽毛枕はどう洗えばいい?

ドラム式洗濯機を動かす


最近の羽毛枕には洗濯機で丸洗いできるものもあります

その場合もできれば部分洗いするのがおすすめですが、汚れをしっかり洗い流したいなら洗濯機でもキレイにできますよ。

「洗濯ネット」と「おしゃれ着洗剤」を用意し、晴れの続く日を選んで、次の順番で洗いましょう。

ネットに入れる

枕をネットに入れ、洗濯機にいれる。ほかに衣類を入れずに単独で洗うのがおすすめ。

弱水流モードで洗う

「ソフトコース」「ドライコース」など弱い水流のモードを選び、洗濯する。

干す

洗濯が終わったら、風通しのいい場所に2〜3日干して湿気を取り除く。

枕をネットに入れるのは洗濯槽にぶつかって傷むのを防ぐためですが、万一破けてしまっても羽毛を散乱させずにすむ効果もあります。

トラブルを防ぐために必ず洗濯ネットは使いましょう。

羽毛枕を洗濯する手間を省くには?

枕カバー


枕本体を洗うのは少し大変ですが、ふだんから次の方法で汚れがつくのを防いでおけば、洗濯の手間はぐっと少なくすみますよ。

分厚いカバーをかける

厚めのカバーをかければ、汗をかいても枕本体まで汚れるのを防げます。大きめのタオルを巻くだけでも効果があるので試してみてください。

こまめにカバーを洗う

枕カバーは肌に直接触れて汚れを受け止めているので、週に1回ほど洗うのがおすすめ。カバーを外すと本体の汚れを確認できるので、シミ汚れにもいち早く気づけます。ついてすぐならお湯で絞ったタオルでこするだけでもキレイになりますよ。

こまめに干す

枕は使っているうちに湿気を吸って重くなったり、ヘタったりしてきます。晴れた日はこまめに干しましょう。日光に当てると汗の臭い成分がとれて、消臭効果もありますよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

羽毛枕の洗濯がおうちでむずかしそうならプロの手を借りよう!

クリーニング アイロン

羽毛枕の洗濯は部分洗いで対処できます。ただ、なかの汚れまでしっかり落としたいときや高価な枕で洗濯するのが不安なときは、クリーニングに出すのもひとつの手

クリーニングでは「特殊な溶剤(油)」を使って洗濯するため、おうちでの「水」を使った洗濯とはまったく別の洗い方をしています。皮脂汚れをスッキリと落としながら、羽毛にかかる負担はとても少なく、メリットが多いんです。

新品のようにキレイで弾力のある状態に戻って返ってきますよ。

羽毛枕を洗濯して気持ちよい睡眠を

枕 ベッド


羽毛の枕には内側まで入り込むほどのシミ汚れがつくのはあまりないので、基本的には部分洗いでキレイにできます。水に浸しにくいものでも、少し工夫をすればおうちで汚れを落とせます。

ふだんからのケアと組みあわせて、清潔な枕で快眠を得てくださいね。