学校などで子供が毎日履いてまわった上履きは、夏休みや冬休みに持って帰ってくるころには真っ黒に汚れていますよね。

その上履きを洗濯機で洗ってキレイにできたら、とってもラクだと思いませんか?実は上履きは洗濯機で丸洗いができるんですよ。

今回はコジカジ編集部が、洗濯機で上履きの汚れをスッキリ落とすための方法やコツを解説します。

上履きは洗濯機で洗ってもいい?

靴 洗濯機

ほとんどの上履きは「ゴム」と「布」だけのシンプルなつくり。かなり丈夫なので、洗濯機でも傷むことなく汚れを落とせるんです。

ただし、上履きについている汚れは、手洗いしてもゴシゴシこする必要があるくらいかなりガンコ。そのまま洗濯機で洗ったところで汚れは落ちきりません

ひと工夫加えて汚れを流れやすくする必要があります。

むずかしい作業ではないので、ぜひ試してみてくださいね。

上履きを洗濯機で洗うのに必要なものは?

洗濯用品 洗濯洗剤
用意するもの
必須
『アタック』などの液体洗剤
『ワイドハイター』などの酸素系漂白剤
靴用の洗濯ネット
あると便利
上履きが入る洗面器

上履きについている汚れは汗や皮脂、土ボコリなどがメイン。衣類の汚れと性質は同じなので洗濯洗剤で落とせますが、さらに漂白剤をくわえるとキレイになります。

上履きを洗濯機で洗うと、洗濯槽のなかでゴロゴロと転がって、上履きも洗濯機も傷んでしまいます。負担を軽くするために靴用の洗濯ネットを用意してください。

上履きを洗濯機で洗う方法は?

上履きは、ただそのまま洗濯機にいれても汚れを落としきれません。「つけおきで汚れをふやかしてから洗濯機で洗う」のがコツなんです。

基本の流れは「つけおき→洗濯」だけ。ゴシゴシこすらなくても、洗濯機洗いで十分キレイにできますよ。

つけおき液をつくる

つけおき

洗面器やシンクに上履きが沈むくらいのぬるま湯を張り、洗濯に使う半量ほどの洗剤と漂白剤を溶かします。

つけおきする

靴のつけおき

できた液に上履きをいれて、1〜2時間ほどつけおきします。

洗濯機の負担を小さくするためにも、泥などがついていたら先に払い落としておきましょう。

軽くすすぐ

オキシクリーンで靴洗い

汚れが溶け出したつけおき液は流し、靴も軽くすすぎましょう。

ガンコな汚れはすすぎの前に軽くブラシで汚れをかき出しておくと効果的です。

洗濯する

ドラム式洗濯機を動かす

上履きを洗濯ネットに入れて「標準コース」で洗濯します。

干す

洗った上履きを干す

洗い上がったら1日ほど風通しのいい場所に干せば完了です。

ゴシゴシ洗う作業を洗濯機に任せることで、ほとんど手をかけることなく上履き洗いができますね。

上履きを洗濯機で洗うときはネットが必須

上履きを洗濯機で洗うときのネットはふだん使っているものでも問題ありません。ただ、今後また洗うことも見越して専用のものを用意しておくと、洋服のネットとわけてつかえるので衛生的です。

『シューズ洗濯ネット』(ファイン)

ボックスタイプの靴用洗濯ネットです。それぞれの面には棒状のクッションがついていて、洗濯機のなかでゴロゴロ転がっても安心。

小さな上履きであれば2足まで入れられ、一気にキレイにできますよ。

『シューズ 洗濯 ネット』(EQLEF)

円形のクッションが特徴的な靴用洗濯ネットです。洗濯が終わったらネットごとピンチハンガーに吊るしておけるので干すのも楽ちん。

スリッパなどの洗濯にも活用できるので、さまざまな場面で活躍しますよ。

『上履き洗ってネット』(小久保工業所)

洗濯中の偏りが出にくい、片足ごとに分かれたネットです。厚手のメッシュはクッション効果もあって、洗濯機にぶつかる衝撃を和らげてくれます。

洗濯が終わったらそのまま物干し竿に干せるループ付きなのもうれしいポイントです。

覚えておきたい

エコなわざあり

上履きの洗濯はコインランドリーも便利!

コインランドリー

「上履きを洗うのは楽したいけど、洗濯機に入れるのはちょっと…」とためらっている人は、コインランドリーに置かれている靴専用の洗濯機や乾燥機を活用してみましょう。

靴専用の洗濯機はなかにブラシがついていて効果的に汚れを落としてくれます。つけおきしなくてもスッキリ汚れを落としてくれますよ。乾燥機も使えばカラッと乾かせるので1〜2時間ほどでキレイになった上履きを持ち帰れます

試しに近くのコインランドリーを行ってみて、靴を洗える機種があるかどうかチェックしてみてくださいね。

上履きは洗濯機でキレイになる!

上履きの洗濯

長期休みになると、あちこち走り回って汚れた上履きを子供が持ち帰ってきて、「キレイにできるかな…」と困っているママも多いですよね。手でゴシゴシするのは大変ですが、つけおきして洗濯機で洗えばこれまでの苦労が嘘のように簡単にキレイになりますよ。

このやり方は手を動かすことはほとんどないので、子供でも簡単にできます。やり方を教えて、次からは自分で洗ってもらうようにするとママの負担も少しずつ減りますね。