どこのおうちでも掃除アイテムとして重宝する『コロコロ』。カーペットやソファなど、わざわざ掃除機を出して掃除するのが面倒なときでも、手軽に使えてとっても便利ですよね。

ただ、同じように見えるコロコロにもさまざまな種類があるので、どれでも効果は同じなのかな?と考えてしまうかもしれません。

そこで今回は、コロコロの種類やおすすめの商品を紹介します。

コロコロって?正式な名前は?

? ? 疑問

カーペットやフローリングの上を転がして使う掃除道具を、ほとんどの人が『コロコロ』と呼んでいると思いますが、正しくは、「株式会社ニトムズ」から販売されている商品名だけを指すものです。

『コロコロ』と同じように、強い粘着力を持ったテープを筒状に巻いた掃除道具は「粘着クリーナー」などと呼ぶのが一般的です。

コロコロは使う場所によって選ぶべし!

コロコロ

『コロコロ』などの粘着クリーナーはさまざまなメーカーから発売されていますが、いくつかの種類に分かれています。以下を参考に掃除したい場所にあわせてチョイスしましょう。

カーペット用

コロコロ カーペット用

一般的に使われるのがカーペット専用です。カーペットなどについた、食べカスや髪の毛、ホコリなどを粘着テープがキャッチします。使い終えたシートをはがしやすいよう工夫がこらされていますよ。

衣類用

コロコロ 洋服用

コロコロはカーペット用だけでなく、洋服用もあります。ペットの抜け毛や外から帰ってきたときの花粉対策、冬物の毛玉など一年中使えます。

フローリング用

コロコロ フローリング用

フローリング用の粘着クリーナーもあります。カーペット用に比べて少し粘着度は落ちますが、フローリングに張り付くことなく汚れだけを取ってくれます。

コロコロの種類は?

コロコロ カーペット

コロコロは、使いたい場所によって選ぶことが大切ですが、サイズや形状も重要なポイントです。

ショートタイプ

最も一般的なサイズで、ハンディタイプともよばれます。部屋の隅などに置いて収納場所に困らないサイズです。

ロングタイプ

持ち手の長いタイプで、掃除機のように立ったまま掃除ができます。腰を曲げる必要がなく、普段の掃除にも取り入れやすいですね。

コンパクトタイプ

衣類やペットに使ったり、携帯にも便利なコンパクトサイズ。クローゼットや玄関にちょい置きしたり、ポーチに入れたりと、使いたい場所で使えますよ。

掃除におすすめの『コロコロ』5選

掃除したい場所が決まれば、あとは値段や使い勝手、デザインなど気に入ったものを選びましょう。気に入ったものを選べると掃除するのもワクワクしますね。

1.『コロコロハイグレードSC S』(ニトムズ)

コロコロハイグレードSC S出典:楽天

テープの粘着力は強く、小さなゴミをしっかりキャッチ。粘着テープにはオレンジのラインが入っていて、汚れたあとにめくりやすい工夫がされているので、とても便利です。

税込価格
980円

2.『コロコロ フロアクリン 伸縮タイプ』(ニトムズ)

コロコロ フロアクリン 伸縮タイプ出典:楽天

カーペットだけでなく、フローリングや畳などでも使えるマルチタイプのコロコロです。柄が長いので、掃除機のように立ったまま使えるのがうれしいですね。

税込価格
1,059円

3.『ニトムズ コロコロ コロフル モバイル』

ニトムズ コロコロ コロフル モバイル出典:楽天

直径2.6cm、長さ11.6cmと手のひらサイズの携帯用コロコロ。外出先で洋服についたホコリにサッと対応できて便利ですよ。男女問わず使える5色のカラーバリエーションにも注目です。

税込価格
1,008円

4.『マーナ fitia コロコロクリーナー』

マーナ fitia コロコロクリーナー出典:楽天

インテリアの一部にしてもスタイリッシュなデザインの粘着クリーナー。本体の出し入れと連動して、収納ケースのフタが開閉し、思い立ったらすぐに使えるのも魅力です。

税込価格
1,879円

5.『sarasa design b2c カーペットクリーナー』

デザイン性に長けたローラータイプの粘着クリーナーです。そのデザイン性は国際的なデザイン賞を受賞したほど。インテリアとして視界に入る場所に置いても気になりませんよ。

税込価格
1,855円〜

コロコロを使ってササッと掃除を楽しもう!

リビングのテレビ

こまめに掃除しているつもりでもすぐにおうちは汚れてきてしまうもの。忙しい人も、掃除が苦手な人も、ぜひ「コロコロ」を取り入れてみてください。

コロコロは思い立ったときに使いやすく、テレビを見ながら、電話しながらなど「ながら掃除」でも使えるのが魅力のひとつです。コロコロを使ったながら掃除を取り入れれば、日々の掃除の手間が減らせますよ。