キッチンの換気扇は油汚れでギトギト。そんな油汚れの掃除には「セスキ炭酸ソーダ」がとっても便利です。

今回は、セスキ炭酸ソーダを使って換気扇をキレイにする方法についてご紹介します。

そもそもセスキ炭酸ソーダって何?

セスキ炭酸ソーダ

セスキ炭酸ソーダとは、水に混ぜるとアルカリ性の性質をもつ自然由来の物質です。重曹よりもアルカリ性が強く、水に溶けやすいので、掃除アイテムとして重宝されています。

反対の「酸性」の物質を中和する効果があり、油や皮脂などの酸性汚れを落とすのに効果を発揮するので、キッチンの油汚れを落とすためによく使われています。

ナチュラルクリーニングの掃除アイテムとして注目され、最近では「クエン酸」「重曹」「セスキ」と並べられてよく使われています。

セスキで換気扇をキレイにするときに必要なものは?

泡 スポンジ 洗う

用意するもの
必須
セスキ炭酸ソーダ
ゴム手袋
換気扇の外側を掃除する場合
スプレーボトル
布巾
換気扇の内側を掃除する場合
スポンジ

換気扇の外側を掃除するのか、内側を掃除するのかで用意するものもことなってきます。

準備を整えて掃除をはじめましょう。

換気扇の外側をセスキでキレイにするには?

レンジフードの掃除 換気扇 洗剤

まずはレンジフードの外側を中心にキレイにする方法をご紹介します。

セスキスプレーを作る

水500mlとセスキ炭酸ソーダ小さじ1杯を混ぜた液体をスプレーを作る。

スプレーを吹きかける

外側にセスキスプレーをまんべんなく吹きかける。

布巾で拭く。

5〜10分ほど放置したあとに、布巾で拭く。

カバーはフィルターほど汚れていないので、スプレーを吹きかけてさっと拭けばキレイになります。

セスキで換気扇の内側につくガンコな汚れを落とす方法

レンジフードのカバーを外す 換気扇

油汚れがひどい場合には、セスキスプレーで拭き掃除しても汚れがうまく落ちません。

そこで、よりセスキをしっかり浸透させるために次の方法にチャレンジしてみましょう。

換気扇のファンを外す

換気扇の内側についているカバーやフィルター、ファンを外す。

シンクに栓をする

シンクに栓をし、40℃ほどのお湯をためる。その水量にあったセスキ炭酸ソーダを入れる。

外したパーツをセスキ水に浸す

カバーやフィルターなど、外したパーツをシンクに入れ、30分ほど浸す。

スポンジで汚れをこすり落とす

時間がたったら栓を抜き、汚れをスポンジでこすり落とす。最後にすすげば完了。

こうすることで、しつこい油汚れが落ちやすくなりますよ。

ワンポイント!
外したパーツがシンクに入りきらない場合は、大きめのダンボールを用意し、そこに2〜3重にビニール袋をかぶせてセスキ水をため、つけおきするといいですよ。

換気扇にセスキを使うときの注意点はある?

肌 手 ゴム手袋

セスキはナチュラルクリーニングのアイテムで体に害がない物質です。

ただ、肌がもともと弱い人はアルカリ性の物質が肌につくと、手荒れの原因になります。とくに、長時間掃除する場合は要注意。

不安がある人は、セスキを使うときに必ずゴム手袋を着用して作業しましょう。

換気扇をセスキでキレイに掃除しよう

キッチンの換気扇のファンを洗う

換気扇周りの油汚れは、重曹よりも掃除向きのセスキを使うことでキレイにできます。

しつこい油汚れも時間をうまく味方につければキレイに落とせます。

セスキを使って換気扇を掃除するとスルスル汚れが落ちて、見た目もさっぱりするのでキッチンが清潔で過ごしやすくなりますよ。