机の上だけではなく、ベッドやソファの上など、おうちのさまざまな場所に持ち運べるノートパソコン。

ただ、知らず知らずのうちにたくさん汚れがついて、「どうやって掃除したらいいの…?」と困っている人も少なくありません。

そこで今回はノートパソコンを分解しないで簡単に掃除する方法と、掃除におすすめの道具などもあわせてご紹介します。

ノートパソコンにはどんな汚れがつくの?

ノートパソコンの掃除
パソコンの汚れはほとんどが「ホコリ」。静電気のせいでホコリを引き寄せ、キーボードやディスプレイに積もっていきます。排気口やUSBポートなどのすき間などに入り込むことも。

また、キーボードや液晶画面には「手垢」もたくさんつきます。お菓子を食べたときには「食べカス」なんかもしばしば。気づかないうちにどんどん汚れが目立ってきます。

これらの汚れはどれもガンコにこびりつくことはありませんが、精密機器なだけに掃除は慎重に行いたいですよね。そこで今回は簡単にできる基本的な掃除方法をご紹介します。

ノートパソコンの掃除に使う道具は?

ノートパソコンの掃除
用意するもの
必須
ウェットティッシュ
あると便利
エアダスター
綿棒

用意する道具はウェットティッシュだけあれば十分。ノートパソコンにつく手垢やホコリといった汚れは、拭き掃除ですぐにピカピカにできます。手垢をエサに雑菌が多く繁殖するので、除菌効果のあるものを使うのがおすすめです。

大掃除などで念入りに掃除したいときは、こまかな場所の掃除用に「綿棒」があると便利。また、内部に入り込んだホコリを取り除くには市販のエアダスターという空気を噴射するスプレーを用意しておくと便利です。

ノートパソコンの掃除
ウェットティッシュがなければ、『パストリーゼ』などのアルコール除菌スプレーとクロスでも代用できます。アルコールスプレーは掃除に何かと便利なので1本用意しておくといいですよ。

ノートパソコンを簡単に掃除する方法は?

今までためこんだホコリや手垢、食べカスなどを次の手順で一掃していきましょう。順番に拭き取るだけなので、すぐにキレイににできますよ。

今回はウェットティッシュを使って実際に掃除してみました。

電源を切る

ノートパソコンの掃除
掃除の途中で誤作動を起こすかもしれないので、掃除するときは必ず電源を切りましょう。

ディスプレイをやさしく拭く

ノートパソコンの掃除
ウェットティッシュでディスプレイを拭いていきます。コツは、力をかけずに優しくこすること。指紋などの汚れは何度か繰り返しこすればどんどんと薄くなっていきます。ひと拭きで落とそうとせず、ゆっくりこすりましょう。

ウェットティッシュがない場合は、クロスにアルコールスプレーをひと吹きして湿らせたものを使ってください。うっすら湿ってるくらいで十分です。

キーボードの拭き掃除

ノートパソコンの掃除
ディスプレイがキレイになったら、次はキーボード。手垢や油汚れなどがべったりとついているので、しっかりと落としていきましょう。

このときも、強くこするのは禁物。電源を切ってあればボタンは押してしまってもかまわないので、やさしく細かくこすりましょう。ボタンを押しながら掃除することで、ボタンの間にたまった汚れもキレイになります。

手垢がいっぱいたまっているとヌルヌルした感触ですが、拭き掃除を終えるとつるつるとした気持ちいい肌ざわりになりますよ。

画面を閉じて全体を拭く

ノートパソコンの掃除
最後はノートパソコンを閉じて外側を拭けば完了。ノートパソコンの側面にある通風口やUSBポートなどにホコリなどが詰まっていないか点検しておくと次に使うときも安心です。

アルコールスプレーを使うときは、直接吹き付けるのは禁物。内部に水分が入り込むと故障の原因になるので注意してくださいね。

ワンポイント

エコなわざあり

ノートパソコンのキーボードは「歯間ブラシ」で掃除!

ノートパソコンのキーボード
ノートパソコンの掃除で一番面倒なのが、キーボードのすき間に入り込んだホコリです。掃除機でも吸い出しにくいときがありますよね。

そんなときにおすすめなのが歯磨きに使う「歯間ブラシ」。

先が尖ったゴム性の歯間ブラシなら、キーボードのすき間に差し込んでやさしくこするとホコリをかき出せます。かき出したホコリは掃除機で吸い取ればとってもキレイになります。

ノートパソコンのファンはどう掃除する?

ノートパソコン内部のファン
ノートパソコンを使っていると「急に動作が重くなった…」「たまに本体が熱くなる」ということがあります。

これは本体内部のファンにホコリがたまって、パソコンの熱を外にうまく放出できていないことが原因です。つまったホコリを取り除く必要があります。

しかし、内部のファンからホコリを取り除くには分解してキーボードなどを取り外さなければなりません。間違うとパソコンの寿命を縮めることにもなるのでとてもデリケートな作業です。

專門の業者にお願いすれば3000〜5000円ほどで内部までキレイに掃除してくれます。不安な人は1年に1回点検もかねて依頼するといいですよ。

ノートパソコンの掃除に便利なアイテムは?

ここではノートパソコンの掃除に便利なアイテムをいくつかご紹介します。必要があれば購入を検討してみてくださいね。

『エアダスター ECO』(エレコム)

ホコリを落とすのに定番の商品『エアダスター』は、名前の通り空気のちからでホコリを飛ばす商品です。キーボードのすき間など、細かい部分もスッキリきれいになりますよ。

『ウェットティッシュ 液晶用』(エレコム)

メッシュ状に縦と横の繊維が細かく入り組んだ液晶用のウェットティッシュ。超極細繊維で指紋やホコリが拭きとれますよ。含まれている水分もそれほど多くないので、パソコンを傷めずにすみます。

ノートパソコンの内部にホコリが入り込まない工夫を

ノートパソコンのプラグ
ノートパソコンを掃除していないとホコリがどんどんたまり、最終的には内部まで入り込んで故障の原因になることがあります。分解して掃除をしたり、業者に修理を依頼する必要がある場合もあるので、きちんと対策しておきましょう。

USBポートや通風口などからホコリが入り込むのが原因なので、使わないときには市販のキャップをつけておくのがおすすめです。

『パソコン デジタル家電用 各種コネクタ防塵・保護カバーキャップ』(monofive)

また、通風口からホコリが入り込まないようにするには、ノートパソコンを保管している場所にホコリをためないようにするのも重要。パソコンだけではなく周辺もキレイにしておくと故障を防げますよ。

ノートパソコンがキレイなら自然と気持ちも上向く

ノートパソコン
ノートパソコンは持ち運んで使うので、いろいろな汚れがついてしまいがち。だからこそ、普段からこまめに掃除をしておきたいものです。

画面を開いたときにホコリや手垢のないキレイなパソコンだと、自然と気持ちも上向いてきます。よく使うものだからこそキレイに保ってあげたいですね。