お風呂の浴槽は掃除できていても、なかなかドアまで掃除しないものですよね。でも、汚れていないように見えて、実はカビやゴミが付着して不衛生になっているんですよ。

今回は見落としがちなお風呂のドアを掃除する方法をご紹介します。かんたんにスッキリきれいになるので実践してみてくださいね。

お風呂のドアは掃除したほうがいいの?

シャンプーボトル


お風呂のドアは、身体を洗っているうちに飛び散った洗剤や皮脂汚れ、水垢が原因で、知らず知らずのうちに汚れています。

入浴時の湿気で元気になった雑菌が、これらの汚れをエサに繁殖し、放っておくとカビができ上がってしまうんです。

「ドアのパッキンが少し黒ずんでる…」と思ったらそれは黒カビ。

定期的に掃除するとキレイをキープできるので、このタイミングで掃除の仕方も見直してみましょう。

お風呂のドアの掃除に使う道具は何?

バスマジックリン お風呂の洗剤


用意するもの
必須
『バスマジックリン』などの中性洗剤
スポンジ
歯ブラシ
あると便利
保護メガネ
マスク

まずは基本の掃除方法から紹介します。用意するものはふだん使っている洗剤でOK。細かい部分は歯ブラシがあると便利です。

お風呂のドアを掃除する基本の方法は?

歯ブラシでお風呂のドア掃除


お風呂のドアは次の手順で掃除します。

スポンジに洗剤をつけてこする

ドアをシャワーで軽く濡らし、まずは軽い汚れからこすり落とす。

細かな汚れをかき出す

歯ブラシを使って蝶番やゴムパッキン、スリットのすき間に詰まった汚れをかき出す。

流す

シャワーですすいで完了。

週1〜月1回くらいのペースで掃除するのが理想です。「念入り掃除の日」をもうけて、壁や床といっしょにキレイにしてあげましょう。

お風呂のドアに黒カビができたら「塩素系漂白剤」で掃除する

カビキラーでパッキン掃除


サっと掃除しても落ちないガンコな汚れもあると思います。

とくに黒カビには要注意。ムリにこすり落とそうとするとドアに傷が残り、雑菌が入り込む原因にもなるので、漂白剤による掃除に切り替えます。

黒ずみ部分に漂白剤をかける

蝶番やゴムパッキンなど、汚れの残りやすい場所を中心にかける。

つけ置きする

数分間つけ置きし、十分な水ですすいだら完了。

高い場所にスプレーするときは降りかかってくる危険性があります。必要があればマスクや保護メガネもあると安心です。

お風呂のドアのくもりガラスがくすんでいるときはどうする?

お風呂のドアのすりガラス


ドアのくもりガラスの部分が白っぽくくすんでいるのは「水垢」が原因。

シャワーなどの水に含まれるミネラル分が固まってこびりついた汚れなので、不衛生なものではありませんが、見栄えが悪いのでできるだけ掃除でキレイにしましょう。

用意するもの
必須
クエン酸
キッチンペーパー

水垢にはクエン酸が効きます。100均などで簡単に手に入るので用意しましょう。

おおまかに汚れを落とす

まずは水垢以外の汚れをいつも通りスポンジなどでこすり落とす。

クエン酸水をつくる

洗面器などにクエン酸小さじ1と水200mlの比率を目安に入れ、よく混ぜる。

キッチンペーパーにふくませ汚れに貼る

キッチンペーパーにクエン酸水を含ませ、水垢が気になる部分に貼り付ける。

放置する

1〜2時間ほど放置して、水垢にクエン酸をなじませる。

こする

貼り付けたキッチンペーパーを剥がし、スポンジなどで汚れをこすり落とす。

洗い流す

シャワーで洗い流して完了。水垢がキレイに落ちたか確認。

クエン酸は『カビキラー』などの塩素系漂白剤と混ざると、有害なガスを発生させます。なので、カビと水垢の掃除は必ず別々におこうなうよう注意しましょう。

お風呂のドアを掃除する手間を省くには?

お風呂のドアをタオルで拭く


お風呂のドアにできる汚れは皮脂や洗剤の残りカスが原因。こまめに汚れを取り除くことが汚れやカビの予防につながります

ドアの汚れを簡単に落とすには、お風呂上がりに身体を拭いたタオルで軽く水気を拭き取るだけでも効果があります。

また、水気を拭き取る前に、ギリギリ触れるくらいの熱いお湯を5秒ほどかけておけば、カビ菌が死滅して黒カビの発生を避けられますよ。

手軽にできることからはじめて、キレイを保てるといいですね。

お風呂のドアは毎日のひと手間で掃除いらず!

お風呂の浴槽


お風呂は毎日掃除していても、ドアの汚れまでこまめに掃除するのはなかなかむずかしいし面倒ですよね。

手間を掛けて掃除したくない場所は、ふだんの使い終わりのひと手間で汚れを残さないのが一番の予防につながります。

毎日入るお風呂がキレイにキープできていると、もっと気持ちよく入浴できますよ。