漂白剤 フキン 洗濯

漂白剤とは?種類や効果は?どんなときに使うもの?

「漂白剤」と耳にするとどんなイメージを思い浮かべますか?「混ぜるな危険」など、扱いがむずかしそうな洗剤と思うかもしれません。ただ、どんなものか理解して日常に取り入れられると、とっても便利なアイテムなんですよ。

今回は漂白剤とは何か、どんな種類があってどんなときに使うかなどを、わかりやすくまとめました。

漂白剤とは?どんな効果がある?

漂白剤 洗濯 桶 タオル

漂白剤とは、色を取り除いてさまざまなものを白くする薬剤の総称を指します。英語では「ブリーチ」といい、医療品の用途として美容院でも髪の毛の色素を抜く溶剤として使われていますね。

洗濯では「衣料用」などと記載されて販売されており、洋服についた落ちにくいシミ汚れ、黄ばみを落とすのによく使われています。白いモノをより白くキレイに仕上げてくれますよ。そのほかにも「除菌」「汚れの予防」「ニオイの除去」などの効果があります。

その半面、洗濯で扱うそのほかの洗剤に比べると効き目が商品でもあり、柄物の柄が白くなってしまうなどの側面もあります。どう付き合っていくと便利に使えるのかこれからご紹介します。

漂白剤でシミや汚れが落ちるのはなんで?

洗濯物 土汚れ シャツ

洗剤でも汚れが取れるというのに、それで落とせない汚れやシミをどうして漂白剤で落とせるのでしょうか?

漂白剤のメカニズムはとてもシンプル。たとえばコーヒーやカレーなどをシャツにこぼして拭き取ったときに残ったシミには黒色や黄色の「色素」が含まれています。漂白剤はこの色素を化学反応で分解し、キレイに流せる成分に変えるのです。

洗剤が汚れを浮かせて取り除くのに対して、漂白剤は分解までするため、キレイになりやすいというわけです。

漂白剤の成分や種類にはどんなものがある?

粉末洗剤 液体洗剤 洗濯

漂白剤には大きくわけて「塩素系漂白剤」「酸素系漂白剤」「還元漂白剤」の3種類があります。どれも一般的に手に入り、一番扱いやすいのは「酸素系漂白剤」です。それぞれどんな特徴があるのか詳しく見てみましょう。

塩素系漂白剤とは…

花王の『ハイター』に代表される、漂白剤のなかでももっとも漂白力の強い洗剤です。そのため、色落ちしてしまう可能性があるので、水洗いできるシャツなどの白い洋服にしか使えません。素材によって使えないものがあり、ナイロンやアセテートなどの化学繊維はNGです。

アルカリ性の性質をもつので、反対の性質である酸性と混ぜると体に害のあるガスが発生するので扱いには注意が必要です。

酸素系漂白剤とは…

酸素系漂白剤は『ワイドハイター』などでよく目にする比較的手軽に使える漂白剤です。塩素系よりも漂白力が弱いので、洗濯機にまぜて柄物の洗濯にも使えますが、ウールやシルクなど一部の素材で使えません。

「粉末タイプ」と「液体タイプ」があり、粉末の方が漂白力が高く、液体の方が扱いやすい特徴があります。

還元系漂白剤とは…

還元系漂白剤は、上記の2つとシミの分解方法が異なる漂白剤のことで、花王の『ハイドロハイター』などが代表的です。赤茶けた鉄分汚れの漂白が得意で、素材にかかわらず水洗いできるものであればどの白物の洋服にも使えます。

漂白剤はどうやって使う?

ステップ プロセス

ここでは漂白剤の使い方を、取り扱いのかんたんな「液体タイプの酸素系漂白剤」にしぼってご紹介します。参考までにどう使うのか確認してみてください。

まず洋服の洗濯表示を確認する

水洗い、洗濯機洗いができる洋服か確認し、漂白のしかたも確認する。

色落ちテストをする

水洗い、漂白がOKな服なら、目立たない部分に原液を染み込ませてテストする。5分ほど放置して色が抜けなければ問題なく使える。

洗濯物を洗濯機にいれ、洗濯洗剤といっしょに漂白剤を入れる

分量を守って、洗濯洗剤と合わせて入れる。

洗い終わったら通常通り干せば完了

あとは脱水後に、通常通り干して乾かせば完了。

漂白剤の注意点は?

注意

漂白剤を使うときの注意点はあらかじめ確認しておきましょう。

使える服と使えない服がある

素材によって使える服と使えない服があることを知っておきましょう。洗濯機に混ぜて使えるからといって、いろいろな洋服を詰め込んで漂白剤を入れるのはNGですよ。

換気が必要な場合がある

塩素系の漂白剤は特にニオイがきついので、換気をしながら使う必要があります。窓の近くで漂白作業をするといいですよ。

ほかの薬剤と混ぜると危ない

塩素系漂白剤は酸性の性質をもつものと混ぜると体に害のあるガスを発生させます。効き目が強い溶剤なだけに、「基本は単品で使う」と覚えておくと安心ですよ。

漂白剤を使いこなして白物の洋服をキレイにしよう

ポロシャツ たたみ方 たたむ

「漂白剤は扱いが難しそう…」と思うかもしれませんが、注意点をいくつか日々の生活を向上させてくれる便利なグッズです。洗濯のシミ抜きには重宝しますよ。

大切な服を長く着られるように、ぜひ使い方も覚えてくださいね。

おすすめ記事

洗濯物のたたみ方は?基本のやり方とキレイにたたむコツは?

シャツ たたむ 洗濯 服

洗濯物の干し方!基本の方法は?裏返した方が乾きがいい?

洗濯物 洗濯バサミ 干す

洗濯機のつけおきコースの活用法!キレイに汚れを落とすには?

洗濯物 つけおき洗い

洗濯機の排水口は掃除したほうがいい?つまる原因になる?

洗濯機

人気記事ランキング