日々の生活にかかせない家電となりつつある洗濯機。現在、主流の洗濯機は「縦型」と「ドラム式」の2種類に分けられますが、それぞれにどんな違いがあり、どう選べばよいのでしょうか。

そこで今回は、縦型とドラム式の違い、その選び方やおすすめ商品などをご紹介します。

洗濯機の縦型とドラム式の違いは?

クエスチョン ? はてな

洗濯機の縦型とドラム式は、見た目以外にどんな違いがあるのでしょうか。まずはそれぞれのメリットやデメリットを確認しておきましょう。

縦型洗濯機の特徴

洗濯機

縦型の洗濯機は、洗濯槽の底にある羽根でうずまき状の水流を発生させて、衣類を「もみ洗い」するため、抜群の洗浄力を発揮します。たくさんの水を使ってしっかり泡立てられるので、ガンコな汚れもスッキリ落としてくれますよ。

【◯メリット】
・洗浄力が高い
・価格が安いので手に入れやすい
・比較的コンパクトで省スペースで置ける

【△デメリット】
・乾燥機能はドラム式にくらべてシワになりがち
・大きな洗濯物を入れると出し入れしにくい

ドラム式洗濯機の特徴

ドラム式洗濯機 洗剤

ドラム式洗濯機は、ドラム(洗濯槽)を回転させ、洗濯物をドラムの上から下へ落とす「たたき洗い」で衣類を洗濯します。衣類が空気に触れやすい回転方式なので、乾燥機能を効率よく使用できるのが特徴です。

【◯メリット】
・衣類をしっかり乾燥できる
・少量の水でお洗濯できるので、節水できる
・衣類の出し入れがしやすい

【△デメリット】
・縦型タイプにくらべて衣類が傷みやすい
・サイズが大きいタイプが多く、場所を取る

洗濯機の縦型とドラム式はどっちがおすすめ?

クエスチョン ?

洗濯機の縦型とドラム式には、それぞれいい点と留意点があり、どちらがいいかははっきり言い切れません。

選ぶときは、予算や生活スタイルにあった機能があるかに注目しましょう。

縦型洗濯機はこんな人に◎!

●泥汚れをしっかり落としたい
ユニフォーム 泥汚れ

洗濯機は、汚れ落ちのよさが気になりますよね。洗浄力は、一般的にドラム式より縦型のほうが強く、ガンコな泥汚れにも効果的。泥まみれのユニフォームを洗うのにぴったりです。

●とにかく安く買いたい
お金 金額 予算

洗濯機は高価なアイテムですが、安いのは縦型。機能がシンプルで使いやすいジェネリック家電を選ぶと、さらに安く購入できますよ。

●夜間にも使いたい
静か サイレント

縦型洗濯機は、洗濯槽が横回転で振動が少ないので、比較的静かに使用できます。マンションやアパートで音が気になる人にもぴったりです。

●ラクにお手入れしたい
洗濯機 掃除

洗濯機は、定期的なお手入れが必要な家電で、縦型とドラム式でお掃除の仕方がちがいます。ドラム式はこまかいケアがいるので、ラクにしたいなら縦型のほうがおすすめです。

ドラム式はこんな人に◎!

●一台で洗濯も乾燥も終わらせたい
洗濯機 乾燥機 

乾燥機能というとドラム式洗濯機のイメージが強いですが、縦型洗濯機にも乾燥機能付きのものがあります。しかし補助的な乾燥機能なので、しっかりと完全に洗濯機で乾かしたいならドラム式がいいですよ。

●ワイシャツの皮脂汚れを落としたい
シャツ 襟 シミ汚れ 洗濯

洗浄力自体は縦型には劣りますが、少ない水に洗剤を溶かして洗うドラム式は、皮脂汚れに強いんです。ワイシャツの襟などが気になるなら、ドラム式がおすすめです。

●ランニングコストを安くしたい
お金 金額 予算

ドラム式は節水できるので、ランニングコストが安くなります。年間18,000円くらいちがうので、耐用年数によっては、安い縦型洗濯機よりもドラム式のほうがおトクになることも。

●重たい洗濯物をラクに入れたい
洗濯物 バスケット 洗濯バサミ

ドラム式の洗濯機は、出し入れする口が横向きについているので、たくさんの洗濯物が入ったカゴを持ち上げる必要がなく、ラクに衣類を入れられます。また背が低い人にも使いやすく、洗濯槽の奥にあるものでも取り出しやすいです。

洗濯機選びで共通して気をつけるポイント

ポイント 電球 チェック

どちらのタイプの洗濯機がいいか決まったら、詳細な仕様を確認しましょう。下記ポイントを参考に選んでみてくださいね。

洗濯槽の容量

洗濯する頻度や家族構成によってもさまざまですが、1人あたりの1日の洗濯量は平均して1.5kgほどといわれています。世帯人数と洗濯機の容量は、以下を目安に選ぶとよいでしょう。

●1人世帯 … 5kg
●2〜3人世帯 … 5〜7kg
●4〜5人世帯 … 7〜9kg
●5人以上の世帯 … 9kg〜

フタ・ドアの開く方向やスペース

縦型の洗濯機にはフタが、ドラム式の洗濯機にはドアがついていて、開く方向や必要なスペースにあわせて選ぶ必要があります。

冷蔵庫と同じ要領で洗濯機も置く場所を考えながら、どれくらいのスペースが必要かを確認しておきましょう。

知ってると◎!

エコなわざあり

洗濯機はメーカーごとの機能もチェック

チェック ポイント 選び方

洗濯機はたくさんのメーカーから出ていますが、それぞれ特化している機能があります。おうちにぴったりのアイテムを見つけるには、チェックしておくのがおすすめですよ。

今回は4メーカーのおすすめ機能を紹介するので、ぜひ参考にしてお気に入りの洗濯機を見つけてくださいね。

●日立製

日立製の洗濯機は『ナイアガラ(ナイアガラビート)洗浄』が人気。洗剤液を衣類にしっかり浸透させ大流量で洗う機能のことで、油汚れや皮脂汚れもスッキリ落とし、際立つ白さに洗い上げます。

●東芝製

東芝製は、『ウルトラファインバブル』機能が特徴的です。繊維のすき間よりも小さな泡を発生させて、衣類の奥の汚れを落としやすくします。皮脂汚れなどもスッキリ落とせるので、衣類の白さが長持ちします。

●パナソニック製

パナソニック製は、『泡洗浄』が特徴。洗剤のなかに含まれた汚れを落とす成分の界面活性剤は、泡にたくさん集まる性質があります。そこで、きめ細かな泡を発生させることで、繊維の間にもしっかり浸透し、ガンコ汚れをスッキリ洗い上げるんです。

●シャープ製

シャープといえば、空気清浄機などで知られている『プラズマクラスター』が人気ですが、洗濯機にもその機能は活かされています。洗濯槽内にプラズマクラスターイオンを放出し、カビの繁殖を抑えられるので、お手入れがラクです。

縦型洗濯機のおすすめ商品

1.『全自動洗濯機 ビートウォッシュ』(日立)

日立 ビートウォッシュ BW-V80E 

出典:楽天

たっぷりの水流でガンコな汚れもスッキリ洗う「ナイアガラビート洗浄」が特徴の縦型洗濯機。洗剤をすばやく衣類に浸透させて、たたき洗い・押し洗い・もみ洗いでまんべんなく衣類を洗えます。投入口の幅が広く、洗濯物の出し入れがラクなのもうれしいポイント。

税込価格
79,800円
容量
8kg
型番
BW-V80E

2.『全自動洗濯機 ZABOON』(東芝)

ZABOON 東芝

出典:楽天

洗いモードだけでなくすすぎモードのときも『ウルトラファインバブル』でしっかり洗浄する洗濯機。繊維の奥に残った汚れもスッキリ落ち、白さを長くキープできます。また洗剤をキレイに洗い流すので、柔軟剤の効果もアップしますよ。

税込価格
98,600円
容量
10kg
型番
AW-10SD8

3.『全自動洗濯機 エコナビ』(パナソニック)

全自動洗濯機 エコナビ

出典:楽天

エコナビ搭載で、センサーを駆使してエコ運転。ムダを省き自動で節電・節水できるスマートな洗濯機です。ポンプで洗剤液を循環させ、泡立てながら衣類にふりかけるので、汚れをしっかり落とします。凹凸の少ないフラットな開口部で、洗濯物の出し入れもお手入れもラクにできますよ。

税込価格
97,000円
容量
8kg
型番
NA-FA80H8

4.『タテ型洗濯乾燥機』(シャープ)

シャープ タテ型洗濯乾燥機

出典:楽天

洗濯槽に穴がなく、奥にカビや汚れがつかない洗濯機。洗濯槽と外槽のすき間に水がたまらないので、節水にもつながります。ハンガーにかけたものをプラズマクラスターで除菌する機能もあり、めったに洗えない制服などのお手入れにも便利です。

税込価格
129,800円
容量
10kg
型番
ESPT10D-T

ドラム式洗濯機のおすすめ商品

5.『パナソニック ドラム式洗濯乾燥機』(パナソニック)

パナソニック ドラム式洗濯乾燥機

出典:楽天

パナソニックの人気のドラム式洗濯乾燥機です。温水とたっぷりの泡でイヤな臭いから黄ばみまでしっかり洗浄し、ふんわりやさしく乾燥します。豊富な洗濯コースで使い勝手抜群。タオルソムリエの技を実現した「タオル専用」コースもありますよ。

税込価格
229,800円
容量
11kg
型番
NA-VX700AL-W

6.『全自動洗濯機 Hot Water Washing』(アクア)

全自動洗濯機 Hot Water Washing

出典:楽天

四角くてフラットなヨーロピアンデザインがおしゃれな洗濯機。お湯洗いコースを洗濯でき、洗剤に入った酵素の力を活性化させて、汚れをしっかり落とします。操作画面が大きくて見やすいのもうれしいですね。

税込価格
82,600円
容量
8kg
型番
AQW-FV800E

洗濯機は縦型とドラム式を上手に選んで

洗面台と洗濯機

洗濯機の縦型とドラム式は、見た目以上にさまざまな違いがあります。

最新機種をチェックするのはもちろんですが、おうちにあった洗濯機をしっかり見極めて選ぶことが大切ですね。

縦型とドラム式のどちらの洗濯機を使おうか迷ったら、ぜひ参考にしてみてくださいね。